ホーム > アルバム > 8.573868 ヴェルサイユの革命 - バロック管弦楽作品集(インディアナポリス・バロック管/クイケン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573868
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
マラン・マレ Marin Marais , ゲオルク・ムッファト Georg Muffat , ジャン=バティスト・リュリ Jean-Baptiste Lully
アーティスト
インディアナポリス・バロック管弦楽団 Indianapolis Baroque Orchestra , バルトルド・クイケン Barthold Kuijken

ヴェルサイユの革命 - バロック管弦楽作品集(インディアナポリス・バロック管/クイケン)

Orchestral Music (Baroque) - LULLY, J.-B. / MUFFAT, G. / MARAIS, M. (The Versailles Revolution) (Indianapolis Baroque Orchestra, Kuijken)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573868

全トラック選択/解除

ジャン=バティスト・リュリ - Jean-Baptiste Lully (1632-1687)

**:**
歌劇「ロラン」(抜粋)

Roland (excerpts)

録音: 11-14 October 2014, Ruth Lilly Performance Hall, Christel DeHaan Fine Arts Center, University of Indianapolis, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6728438
**:**
»  Prologue: Ouverture
1.

-

**:**
»  Prologue: Gigue
2.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Gavotte - Air - Gavotte (da capo)
3.

-

**:**
»  Act II Scene 5: 2nd Air
4.

-

**:**
»  Act IV Scene 3: Marche
5.

-

**:**
»  Act IV Scene 3: Menuet I-II-I (da capo)
6.

-

**:**
»  Act III Scene 6: Chaconne
7.

-

ゲオルク・ムッファト - Georg Muffat (1653-1704)

**:**
音楽の花束 - 高貴なフィオレンティーナ

Florilegium secundum: Fasciculus I, "Nobilis Juventus"

録音: 11-14 October 2014, Ruth Lilly Performance Hall, Christel DeHaan Fine Arts Center, University of Indianapolis, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6728439
**:**
»  I. Ouverture
8.

-

**:**
»  II. Entrée d'Espagnols
9.

-

**:**
»  III. Air pour des Hollandois
10.

-

**:**
»  IV. Gigue pour des Anglois
11.

-

**:**
»  V. Gavotte pour des Italiens
12.

-

**:**
»  VI. Menuet I pour des François - Menuet II - Menuet I (da capo)
13.

-

マラン・マレ - Marin Marais (1656-1728)

**:**
組曲「アリアーヌとバッキュス」

Ariane et Bacchus Suite

録音: 11-14 October 2014, Ruth Lilly Performance Hall, Christel DeHaan Fine Arts Center, University of Indianapolis, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6728440
**:**
»  Prologue: Ouverture
14.

-

**:**
»  Prologue: Premier air pour la suitte de la nymphe
15.

-

**:**
»  Prologue: Bourée pour les mesmes - Air - Bourée (da capo)
16.

-

**:**
»  Prologue: Gigue
17.

-

**:**
»  Prologue: Air
18.

-

**:**
»  Prologue: Rondeau pour les Plaisirs
19.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Marche pour la suitte de Bacchus
20.

-

**:**
»  Act III Scene 6: Simphonie du sommeil
21.

-

**:**
»  Act III Scene 6: Air pour les songes
22.

-

**:**
»  Act III Scene 6: Air pour les flûtes
23.

-

**:**
»  Act III Scene 8: Entracte
24.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Chaconne
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
もともとはイタリア人であったリュリですが、フランスでの活躍を機に、ジョヴァンニ・バッティスタから「ジャン=バティスト」とフランス風の名前に変え、1661年には国籍も取得。ルイ14世の宮廷楽長としてフランスの貴族社会を席捲しました。彼はダンサーとしても優れた才能があり、やはり踊り手であったルイ14世としばしば同じ舞台に立つために、数多くのバレエ=バレ音楽を作曲し聴衆を魅了、王と密接な関係を保つとともに自身の発言力も強めていったのです。王の寵愛を一身に受けたリュリは自らのオーケストラを結成し、ヴェルサイユ宮殿で行われる舞踏会での演奏を行うなど、17世紀の宮廷音楽に大革命を起こしました。代表作の一つである《ロラン》はリュリが確立した「抒情悲劇」の1曲であり、初演時から高い人気を獲得するとともに、周辺の作曲家たちに強い影響を与えた作品です。このアルバムで聴くことのできるムッファトとマレの組曲からも影響は感じられます。バルトルト・クイケンは各々の曲の特徴を捉え、華やかな解釈を施しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。