ホーム > アルバム > 8.573900 テレマン:協奏曲集 TWV 53:G1, TWV 54:D1/シンフォニア・メロディカ TWV 50:2 (カラフル・テレマン)(インディアナポリス・バロック管/B. クイケン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573900
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ゲオルク・フィリップ・テレマン Georg Philipp Telemann
アーティスト
インディアナポリス・バロック管弦楽団 Indianapolis Baroque Orchestra , ステファニー・ヴィアル Stephanie Vial , バルトルド・クイケン Barthold Kuijken , ステファニー・コーウィン Stephanie Corwin , アリソン・ニュークヴィスト Allison Nyquist , レーラ・ブライトハウプト Leela Breithaupt

テレマン:協奏曲集 TWV 53:G1, TWV 54:D1/シンフォニア・メロディカ TWV 50:2 (カラフル・テレマン)(インディアナポリス・バロック管/B. クイケン)

TELEMANN, G.P.: Concertos, TWV 53:G1, TWV 54:D1 / Sinfonia Melodica, TWV 50:2 (The Colorful Telemann) (Indianapolis Baroque Orchestra, B. Kuijken)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573900

全トラック選択/解除

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
序曲(組曲) ハ短調 TWV 55:c4
1.

Overture (Suite) in C Minor, TWV 55:c4

録音: 11-13 February 2019, Ruth Lilly Performance Hall, Christel DeHaan Fine Arts Center, University of Indianapolis, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7831657
 
**:**
2つのフルートのための協奏曲 ト長調 TWV 53:G1

Concerto for 2 Flutes in G Major, TWV 53:G1

録音: 11-13 February 2019, Ruth Lilly Performance Hall, Christel DeHaan Fine Arts Center, University of Indianapolis, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7843753
**:**
»  I. [Vivace]
2.

-

I. [Vivace]

**:**
»  II. Allegro
3.

-

II. Allegro

**:**
»  III. Largo
4.

-

III. Largo

**:**
»  IV. Presto
5.

-

IV. Presto

 
**:**
ソナタ ホ短調 TWV 50:4

Sonata in E Minor, TWV 50:4

録音: 11-13 February 2019, Ruth Lilly Performance Hall, Christel DeHaan Fine Arts Center, University of Indianapolis, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7843754
**:**
»  I. Gravement
6.

-

I. Gravement

**:**
»  II. Alla breve
7.

-

II. Alla breve

**:**
»  III. Air
8.

-

III. Air

**:**
»  IV. Tendrement
9.

-

IV. Tendrement

**:**
»  V. Gay
10.

-

V. Gay

 
**:**
2つのフルート、ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 ニ長調 TWV 54:D1

Concerto for 2 Flutes, Violin and Cello in D Major, TWV 54:D1

録音: 11-13 February 2019, Ruth Lilly Performance Hall, Christel DeHaan Fine Arts Center, University of Indianapolis, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7843755
**:**
»  I. Vivace
11.

-

I. Vivace

**:**
»  II. Siciliana
12.

-

II. Siciliana

**:**
»  III. Allegro
13.

-

III. Allegro

**:**
»  IV. Gavotte: Presto
14.

-

IV. Gavotte: Presto

 
**:**
シンフォニア・メロディカ ハ長調 TWV 50:2

Sinfonia Melodica in C Major, TWV 50:2

録音: 11-13 February 2019, Ruth Lilly Performance Hall, Christel DeHaan Fine Arts Center, University of Indianapolis, United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7843756
**:**
»  第1曲 ヴィヴァーチェ・アッサイ
15.

-

I. Vivace assai

**:**
»  第2曲 サラバンド
16.

-

II. Sarabande

**:**
»  第3曲 ブーレー
17.

-

III. Bourrée

**:**
»  第4曲 ロンドー形式のメヌエット
18.

-

IV. Menuet en Rondeau

**:**
»  第5曲 ルール
19.

-

V. Loure

**:**
»  第6曲 シャコネット
20.

-

VI. Chaconnette

**:**
»  第7曲 カナリー形式のジーグ
21.

-

VII. Gigue en Canarie

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/05/01
20世紀後半以来、古楽器演奏シーンを世界的にリードしてきたクイケン兄弟の末男で、近年は世界各地の古楽器オーケストラとの関係もますます深めつつあるベルギーの名匠バルトルド・クイケンは、近年アメリカ随一の古楽器集団インディアナポリス・バロック・オーケストラと手を組み、NAXOSからも着々と音盤をリリースしています。これまでリュリ、マレ、ラモー、ブラヴェ、ルクレール・・・とフランスの作品が多かったのですが、今回はテレマン・・・それも、ただこの作曲家の作品を雑多に集めるのではなく、その作風の広がりと半世紀以上にわたる活動の変遷がわかるよう、最初期から晩期にいたる多様な作品が集められています。長大かつ簡潔な協奏曲TWV54:D1など中期の充実度もさることながら、亡くなる直前に書かれた「シンフォニア・メロディカ」は作風の集大成と新たな展望が半ばする稀有な逸品。他の収録作の作曲様式もまちまちで、聴き深めるほどに演奏陣の本気度に気づかされることでしょう。インディアナポリス・バロック・オーケストラの引き締まった編成からくりだされる泰然自若の演奏表現にも、ソリストとしてのみならず指揮者としても深まりをみせるバルトルド・クイケンの才覚が感じられます。なお解説文も指揮者自身が手掛けています。                *輸入国内仕様盤には日本語解説付き。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。