ホーム > アルバム > 8.573901 レスピーギ:古風な協奏曲/リュートのための古風な舞曲とアリア組曲第1番 - 第3番(アローニャ/ニューヨーク室内管/ディ・ヴィットリオ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573901
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
オットリーノ・レスピーギ Ottorino Respighi
アーティスト
ダヴィデ・アローニャ Davide Alogna , サルヴァトーレ・ディ・ヴィットリオ Salvatore Di Vittorio , ニューヨーク室内管弦楽団 Chamber Orchestra of New York

レスピーギ:古風な協奏曲/リュートのための古風な舞曲とアリア組曲第1番 - 第3番(アローニャ/ニューヨーク室内管/ディ・ヴィットリオ)

RESPIGHI, O.: Concerto all'antica / Ancient Airs and Dances, Suites Nos. 1-3 (Alogna, Chamber Orchestra of New York, Di Vittorio)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573901

全トラック選択/解除

オットリーノ・レスピーギ - Ottorino Respighi (1879-1936)

**:**
古風な協奏曲 P. 75

Concerto all'antica, P. 75

録音: 24-28 June 2019, Concert Hall, Adelphi University Performing Arts Center, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8084957
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio non troppo
2.

-

**:**
»  III. Vivace - Tempo di minuetto - Tempo I
3.

-

 
**:**
リュートのための古風な舞曲とアリア 第1組曲 P. 109

Antiche danze ed arie per liuto (Ancient Airs and Dances), Suite No. 1, P. 109

録音: 24-28 June 2019, Concert Hall, Adelphi University Performing Arts Center, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8408657
**:**
»  第1曲 「オルランド伯爵」による小舞踏曲
4.

-

I. Balletto detto Il Conte Orlando

**:**
»  第2曲 ガリアルダ
5.

-

II. Gagliarda

**:**
»  第3曲 ヴィラネッラ
6.

-

III. Villanella

**:**
»  第4曲 酔った歩みと仮面舞踏会
7.

-

IV. Passo mezzo e Mascherada

 
**:**
リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲 P. 172

Antiche danze ed arie per liuto (Ancient Airs and Dances), Suite No. 3, P. 172

録音: 24-28 June 2019, Concert Hall, Adelphi University Performing Arts Center, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8408658
**:**
»  第1曲 イタリアーナ
8.

-

I. Italiana

**:**
»  第2曲 宮廷のアリア
9.

-

II. Arie di Corte

**:**
»  第3曲 シチリアーナ
10.

-

III. Siciliana

**:**
»  第4曲 パッサカリア
11.

-

IV. Passacaglia

 
**:**
リュートのための古風な舞曲とアリア 第2組曲 P. 138

Antiche danze ed arie per liuto (Ancient Airs and Dances), Suite No. 2, P. 138

録音: 24-28 June 2019, Concert Hall, Adelphi University Performing Arts Center, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8408659
**:**
»  第1曲 優雅なラウラ - ガリアルダ風小舞踏曲、サルタレッロとカナリオ
12.

-

I. Laura soave - Balletto con Gagliarda, Saltarello e Canario

**:**
»  第2曲 田園舞曲
13.

-

II. Danza Rustica

**:**
»  第3曲 パリの鐘 - アリア
14.

-

III. Campanae Parisienses - Aria

**:**
»  第4曲 ベルカマスカ
15.

-

IV. Bergamasca

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/02/01
『ローマ三部作』で知られる近代イタリア音楽における器楽曲の先駆者の一人、レスピーギ。この『リュートのための古風な舞曲とアリア』は、彼がサンタ・チェチーリア音楽院教授を務めていた頃に研究していた16-17世紀の古いリュート作品をオーケストラ用に編曲したもの。4曲で構成された3つの組曲で、シンプルなリュート曲が、レスピーギの手により表現力豊かな響きを持つ音楽に生まれ変わっています。なかでも典雅な旋律を持つ「シチリアーノ」を含む第3組曲は演奏機会が多いことで知られます。1908年に作曲された「古風な協奏曲」もバロック期における"合奏協奏曲"のスタイルを持っていますが、初期の作品に批判的だったレスピーギは、この曲を発表する際「匿名の作曲家の作品を私が改訂した」とし、のちに「実は自分で作曲した」と告白しています。ヴァイオリンが歌う技巧的な旋律が魅力的な作品です。この演奏では指揮者サルヴァトーレ・ディ・ヴィットーリオ自身の比較校訂版が用いられています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。