ホーム > アルバム > 8.573930 ポッパー:チェロ協奏曲第1番 - 第4番(ルンメル/加藤麻理/チェコ室内管パルドビツェ/エヴァンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573930
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ダーヴィト・ポッパー David Popper
アーティスト
テクウィン・エヴァンズ Tecwyn Evans , 加藤麻理 Mari Kato , チェコ室内管弦楽団パルドビツェ Czech Chamber Philharmonic Orchestra, Pardubice , マルティン・ルンメル Martin Rummel

ポッパー:チェロ協奏曲第1番 - 第4番(ルンメル/加藤麻理/チェコ室内管パルドビツェ/エヴァンス)

POPPER, D.: Cello Concertos Nos. 1-4 (Rummel, Mari Kato, Czech Chamber Philharmonic, Pardubice, T. Evans)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573930

全トラック選択/解除

ダーヴィト・ポッパー - David Popper (1843-1913)

**:**
チェロ協奏曲第1番 ニ短調 Op. 8

Cello Concerto No. 1 in D Minor, Op. 8

録音: 21-22 November 2017, Philharmonie, Pardubice, Czech Republic
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6871923
**:**
»  I. Frisch und feurig
1.

-

**:**
»  II. Andante maestoso
2.

-

**:**
»  III. Lebhaft, quasi recitativo - Tempo di Polacca
3.

-

 
**:**
チェロ協奏曲第2番 ホ短調 Op. 24

Cello Concerto No. 2 in E Minor, Op. 24

録音: 21-22 November 2017, Philharmonie, Pardubice, Czech Republic
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7002650
**:**
»  I. Allegro moderato
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Allegro molto moderato
6.

-

 
**:**
チェロ協奏曲第3番 ト長調 Op. 59
7.

Cello Concerto No. 3 in G Major, Op. 59

録音: 21-22 November 2017, Philharmonie, Pardubice, Czech Republic
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7002651
 
**:**
チェロ協奏曲第4番 ロ短調 Op. 72 (チェロとピアノ版)

Cello Concerto No. 4 in B Minor, Op. 72 (version for cello and piano)

録音: 17 January 2018, Schloss Weinberg, Kefermarkt, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7002652
**:**
»  I. Allegro moderato
8.

-

**:**
»  II. Lento assai
9.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro ma non troppo
10.

-

**:**
»  IV. Allegro non troppo
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/03/01
「ハンガリー幻想曲」など超絶技巧を駆使したチェロ作品で知られるハンガリー出身のチェリスト、作曲家ダーヴィト・ポッパー。チェロ学習者のための「練習曲」を作曲し、多くの学生たちを育てあげたことでも知られています。このアルバムに収録された4曲のチェロ協奏曲は彼の創造の頂点をなすものであり、50年に渡る彼の作曲活動の全般に渡って作曲されています。しかし、現在人気を誇るのは彼のサロン風の作品ばかりであり、これらの協奏曲はほとんど演奏されることがありません。このアルバムではウィーンを拠点に活躍するチェリスト、マルティン・ルンメルが独奏を担当、遊び心溢れる第1番、ドラマティックな作風による第2番、単一楽章のみの第3番まではオーケストラが伴奏を担い、第4番はピアノ伴奏で演奏されています。ブラームスから影響を受けたとされる重厚でロマンティックな音楽をお楽しみください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。