ホーム > アルバム > 8.573932 モンテクレール:アリアーヌとバッカス/フルートと通奏低音のためのコンセール第1番/寛大なる苦悩(ショウ/ブライトハウプト/レ・オーディネーレ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573932
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 室内楽
作曲家
ミシェル・ピニョレ・ド・モンテクレール Michel Pignolet de Montéclair
作詞家
不詳 Anonymous
アーティスト
ジョリー・ヴィニクール Jory Vinikour , デイヴィッド・ウォーカー David Walker , カリー・ヘンネマン・ショウ Carrie Henneman Shaw , レーラ・ブライトハウプト Leela Breithaupt , エリカ・ルビス Erica Rubis , レ・オーディネーレ Ordinaires, Les

モンテクレール:アリアーヌとバッカス/フルートと通奏低音のためのコンセール第1番/寛大なる苦悩(ショウ/ブライトハウプト/レ・オーディネーレ)

MONTÉCLAIR, M.P. de: Beloved and Betrayed - Miniature dramas for Flute and Voice (C.H. Shaw, Breithaupt, Les Ordinaires)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573932

全トラック選択/解除

ミシェル・ピニョレ・ド・モンテクレール - Michel Pignolet de Montéclair (1667-1737)

**:**
厳粛なアリアと酒の歌 - 砂漠、私が人間の存在を避ける場所
1.

Recueil d'Airs sérieux et à boire: Déserts, où des humains j'évite la presence

録音: 13-15 May 2018, Boutell Memorial Concert Hall, Northern Illinois University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8024959
 
**:**
独唱カンタータ集 第3巻 - アリアーヌとバッカス

Cantates à voix seule et avec simfonie, Book 3: Ariane et Bachus

録音: 13-15 May 2018, Boutell Memorial Concert Hall, Northern Illinois University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8025064
**:**
»  Recitative: Ariane adoroit le volage Thesée
2.

-

Recitative: Ariane adoroit le volage Thesée

**:**
»  Air: Plus cruel que le Minotaure
3.

-

Air: Plus cruel que le Minotaure

**:**
»  Ah! dans mon desespoir
4.

-

Ah! dans mon desespoir

**:**
»  Simphonie - Mais, quel Dieu fait fremir les ondes - Sur ces bords écartés
5.

-

Simphonie - Mais, quel Dieu fait fremir les ondes - Sur ces bords écartés

**:**
»  Air: Regnez, adorable mortelle
6.

-

Air: Regnez, adorable mortelle

**:**
»  Recitative: L'Amour de la plus douce chaine
7.

-

Recitative: L'Amour de la plus douce chaine

**:**
»  Air gay: Si vos amans brisent leurs chaines
8.

-

Air gay: Si vos amans brisent leurs chaines

 
**:**
フルート協奏曲第1番 ホ短調

Concert No. 1 for Flute and Basso Continuo in E Minor

録音: 13-15 May 2018, Boutell Memorial Concert Hall, Northern Illinois University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8025065
**:**
»  I. ラ・フランセーズ
9.

-

I. La Françoise

**:**
»  II. レ・トゥートレイル
10.

-

II. Les Tourterelles

**:**
»  III. アルマンド - IV. アングレーズ(エール)
11.

-

III. L'Allemande - IV. L'Angloise: Air

**:**
»  V. ラ・マントゥアーヌ
12.

-

V. La Mantoüane

**:**
»  VI. ラ・ジェノワーズ(ジーグ楽章)
13.

-

VI. La Genoise: Mouvement de Gigue

**:**
»  VII. 夏の祭典の眠り
14.

-

VII. Sommeil des Festes de l'Été

**:**
»  VIII. ラ・ポワトヴァン(メヌエット)
15.

-

VIII. Le Poitevin: Menuet

**:**
»  IX. ル・ブレトン(パスピエ)
16.

-

IX. Le Breton: Passepied

**:**
»  X. ル・パリジャン(ブルネット風エール)
17.

-

X. Le Parisien: Air dans le goût des Brunettes

**:**
»  XI. オーヴェルニャト(Legerement Badine) - XII. ラ・フロレンティーヌ
18.

-

XI. L'Auvergnate: Legerement Badine - XII. La Florentine

**:**
»  XIII. エスパニョール(前奏曲)
19.

-

XIII. L'Espagnol: Prelude

**:**
»  XIV. ラ・ミラノワーズ
20.

-

XIV. La Milanoise

**:**
»  XV. ラ・ヴェニティエンヌ
21.

-

XV. La Venitiene: Rondeau

 
**:**
厳粛なアリアと酒の歌 - その愛には少し反対だ
22.

Recueil d'Airs sérieux et à boire: Qu'à l'amour on est peu contraire

録音: 13-15 May 2018, Boutell Memorial Concert Hall, Northern Illinois University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8025066
 
**:**
ブルネット集 第1巻(1724) - 組曲第1番

Premier Recueil de Brunettes (1724): Suite No. 1

録音: 13-15 May 2018, Boutell Memorial Concert Hall, Northern Illinois University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8025067
**:**
»  I. Je suis charmé d'une Brune and Double
23.

-

I. Je suis charmé d'une Brune, et Double

**:**
»  II. Le beau Berger Tircis and Double
24.

-

II. Le beau Berger Tircis, et Double

**:**
»  III. La bergere Celimene and Double
25.

-

III. La bergere Celimene, et Double

**:**
»  IV. Iris aux bords de Seine
26.

-

IV. Iris aux bords de Seine

**:**
»  V. J'aime un brun depuis un jour
27.

-

V. J'aime un brun depuis un jour

**:**
»  VI. Lisette aime son berger
28.

-

VI. Lisette aime son berger

**:**
»  VII. Aimable solitude
29.

-

VII. Aimable solitude

**:**
»  VIII. Berger prens soin de mon Troupeau
30.

-

VIII. Berger prens soin de mon Troupeau

 
**:**
独唱カンタータ集 第1巻 - 寛大なる苦悩

Cantates à voix seule et avec simfonie, Book 1: Le Dépit généreux

録音: 13-15 May 2018, Boutell Memorial Concert Hall, Northern Illinois University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8025068
**:**
»  Dieux justes! Dieux vengeurs!
31.

-

Dieux justes! Dieux vengeurs!

**:**
»  Air: Arbres épais, sombre feüillage!
32.

-

Air: Arbres épais, sombre feüillage!

**:**
»  Recitative: Cherirai-je toujours une fatale flame?
33.

-

Recitative: Cherirai-je toujours une fatale flame?

**:**
»  Air tendre: Douce Tranquilité, paisible Indiference
34.

-

Air tendre: Douce Tranquilité, paisible Indifference

**:**
»  Recitative: Mais ciel quel changement!
35.

-

Recitative: Mais ciel quel changement!

**:**
»  Air: Je sens finir mes peines
36.

-

Air: Je sens finir mes peines

 
**:**
厳粛なアリアと酒の歌 - さようなら、無実の人の群れ
37.

Recueil d'Airs sérieux et à boire: Adieu, mes innocents troupeaux

録音: 13-15 May 2018, Boutell Memorial Concert Hall, Northern Illinois University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8025069
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/08/01
ミシェル・ピニョレ・ド・モンテクレール(1667-1737)はバロック期のパリで活躍した音楽家。貧しい家庭に育ったとされていますが、その生涯はほとんど知られておらず、肖像画も存在していません。9歳の時にラングル大聖堂の合唱団員となり、その後バス・ド・ヴィオロン(チェロとコントラバスの中間の楽器、チェロの前身)奏者として名を上げ、20歳の頃にはパリでバス・ド・ヴィオロン奏者として演奏活動を行っていました。その後イタリアに行き、フランソワ・クープランの2人の娘たちの教師を務め、イタリアの音楽様式を研究しながら、多くの作品を書き残しています。このアルバムには、モンテクレールの初期の現存する出版された作品の一部を収録。『厳粛なアリアと酒の歌』シリーズから3作品と、1720年頃に独奏楽器としての役割が増大したとされるフルートを用いた協奏曲など、18世紀初頭のフランス音楽を楽しむことができます。演奏はフランス・バロック期作品を得意とするアンサンブル「レ・オーディネーレ」。まろやかな響きが魅力的です。また、トラヴェルソを演奏するレーラ・ブライトハウプトはクイケンが指揮する「Colorful Telemann」(8.573900/国内盤NYCX-10154)でもソリストを務める実力派。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。