ホーム > アルバム > 8.573956 ベートーヴェン:劇音楽「エグモント」/行進曲集(サルミネン/ランタ/トゥルク・フィル/セーゲルスタム)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573956
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
作詞家
ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ Johann Wolfgang von Goethe
編曲者
フランツ・バイヤー Franz Beyer
アーティスト
マッティ・サルミネン Matti Salminen , レイフ・セーゲルスタム Leif Segerstam , トゥルク・フィルハーモニー管弦楽団 Turku Philharmonic Orchestra , カイサ・ランタ Kaisa Ranta

ベートーヴェン:劇音楽「エグモント」/行進曲集(サルミネン/ランタ/トゥルク・フィル/セーゲルスタム)

BEETHOVEN, L. van: Egmont / Marches (Salminen, Ranta, Turku Philharmonic, Segerstam)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573956

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
劇音楽「エグモント」 Op. 84

Egmont, Op. 84

録音: 15-19 January 2018, Turku Concert Hall, Turku, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7342223
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Monologue: Besteigt denn, von den Tönen hold geleitet (Narrator)
2.

-

**:**
»  Lied: Die Trommel gerühret! (Klärchen)
3.

-

**:**
»  Zwischenakt I: Andante - Allegro con brio
4.

-

**:**
»  Monologue: Wo Egmont wandelt, hoch auf steilem Pfade (Narrator)
5.

-

**:**
»  Zwischenakt II: Larghetto
6.

-

**:**
»  Monologue: Die Geliebte harrt (Narrator)
7.

-

**:**
»  Lied: Freudvoll und leidvoll (Klärchen)
8.

-

**:**
»  Zwischenakt III: Allegro - Marcia vivace
9.

-

**:**
»  Monologue: Sorglos dem Wort des Königs trauend (Narrator)
10.

-

**:**
»  Zwischenakt IV: Poco sostenuto e risoluto - Larghetto - Andante agitato
11.

-

**:**
»  Monologue: Doch jenes Mädchen (Narrator)
12.

-

**:**
»  Klärchens Tod bezeichnend: Larghetto
13.

-

**:**
»  Melodrama: Süsser Schlaf! Du kommst wie ein reines Glück (Egmont) - Siegessinfonie: Allegro con brio
14.

-

 
**:**
歌劇「レオノーレ」 - 第2幕への序曲 WoO 2b, Hess 117 (1805年版)
15.

Leonore: Introduction to Act 2, WoO 2b, Hess 117 (1805 version)

録音: 15-19 January 2018, Turku Concert Hall, Turku, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7598072
 
**:**
6つのメヌエット WoO 10 (F. バイヤーによる復元版)

6 Minuets, WoO 10 (reconstructed by F. Beyer for orchestra)

録音: 15-19 January 2019, Turku Concert Hall, Turku, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7598073
**:**
»  No. 1 in C Major
16.

-

**:**
»  No. 2 in G Major
17.

-

**:**
»  No. 3 in D Major
18.

-

**:**
»  No. 4 in B-Flat Major
19.

-

**:**
»  No. 5 in E Flat Major
20.

-

**:**
»  No. 6 in C Major
21.

-

 
**:**
「タルペイア」のための凱旋行進曲 WoO 2a
22.

Triumphmarsch zum Trauerspiel Tarpeja von Kuffner (Triumphal March for the Tragedy Tarpeja by Kuffner), WoO 2a, Hess 117

録音: 15-19 January 2018, Turku Concert Hall, Turku, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7598074
 
**:**
付随音楽「レオノーレ・プロハスカ」 WoO 96
23.

Leonore Prohaska, WoO 96: Trauermarsch

録音: 15-19 January 2018, Turku Concert Hall, Turku, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7598075
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/08/01
1807年、ベートーヴェンは友人の法律家、詩人ハインリッヒ・ヨーゼフ・コリンの戯曲「コリオラン」を見て感激、劇に基づく序曲「コリオラン」を一気に仕上げました。これによりコリンはベートーヴェンにいくつかのオペラの作曲を提案しましたが残念ながら実現することはありませんでした。しかしベートーヴェンの劇に対する情熱は冷めることなく、1809年にヨーゼフ・ハルトルから依頼されたゲーテ作品への作曲を快く引き受け、ほぼ半年間を要して曲を書き上げ自らの指揮で初演しています。題材はフランドルの軍人エグモント(エフモント)の英雄的なエピソードであり、ベートーヴェンは彼自身の政治的関心も絡めた、力強く荘厳な音楽を付けました。現代では全曲が演奏されることはあまりありませんが、このアルバムでは名バス歌手サルミネンの朗読を含む劇音楽全曲を収録。完成度の高い演奏を楽しむことができます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。