ホーム > アルバム > 8.573959 ブライアン:交響曲第7番、第16番(新ロシア国立響/ウォーカー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573959
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ハヴァーガル・ブライアン Havergal Brian
アーティスト
アレクサンダー・ウォーカー Alexander Walker , 新ロシア国立交響楽団 New Russia State Symphony Orchestra

ブライアン:交響曲第7番、第16番(新ロシア国立響/ウォーカー)

BRIAN, H.: Symphonies Nos. 7 and 16 (New Russia State Symphony, A. Walker)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573959

全トラック選択/解除

ハヴァーガル・ブライアン - Havergal Brian (1876-1972)

**:**
序曲「鋳掛け屋の結婚」
1.

The Tinker's Wedding: Overture

録音: 16-19 January 2018, Studio 5, Russian State TV & Radio Company KULTURA, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7009955
 
**:**
交響曲第7番 ハ長調

Symphony No. 7 in C Major

録音: 16-19 January 2018, Studio 5, Russian State TV & Radio Company KULTURA, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7079948
**:**
»  I. Allegro moderato
2.

-

**:**
»  II. Allegro moderato ma maestoso
3.

-

**:**
»  III. Adagio - Allegro moderato - Adagio
4.

-

**:**
»  IV. Epilogue: Once upon a time: Moderato
5.

-

 
**:**
交響曲第16番
6.

Symphony No. 16

録音: 16-19 January 2018, Studio 5, Russian State TV & Radio Company KULTURA, Moscow
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7079949
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/04/01
近代音楽史の中で異彩を放つ英国の作曲家ハヴァーガル・ブライアン。数多くのユニークな作品を残しながらも、その存在は無視されつづけ、ようやく晩年になっていくつかの作品が演奏されるようになりました。なかでも交響曲第1番「ゴシック」は前例のないほどの長大かつ大編成の作品であり、この作品の特異さで彼の名前が評価されるようになったとも言えるでしょう。交響曲は全部で32曲ありますが、このアルバムに収録された2曲は、常識的な長さの作品で、とりわけ古代ギリシャとペルシャの戦いを描いた第16番は単一楽章のみのコンパクトな曲です。古典的な形式で書かれた第7番は、ゲーテの自伝にインスパイアされた作品で、壮麗なファンファーレで幕を開け、ゆったりとした終楽章で幕を閉じます。「鋳掛け屋の婚礼」はJ.M.シングの戯曲を元にした作品。19世紀のイタリア喜劇序曲を思わせる楽しい曲です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。