ホーム > アルバム > 8.573971 ルイス=ピポ:ギターを伴う作品集 1 (ヴァイゲル/ゾンダーマン/ミシェル/イブラヒミ/マドリード・アルカナ弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573971
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
アントニオ・ルイス=ピポ Antonio Ruiz-Pipó
アーティスト
ドリロン・イブラヒミ Drilon Ibrahimi , ヴォルフガング・ヴァイゲル Wolfgang Weigel , アンゲラ・ゾンダーマン Angela Sondermann , ディミトリンカ・トゥトゥリロヴァ Dimitrinka Tuturilova , アイーダ・ブルンデル・ガルシア Aida Blundell García , マドリード・アルカナ弦楽四重奏団 Arcana String Quartet, Madrid , マリオン・ミシェル Marion Michel

ルイス=ピポ:ギターを伴う作品集 1 (ヴァイゲル/ゾンダーマン/ミシェル/イブラヒミ/マドリード・アルカナ弦楽四重奏団)

RUIZ-PIPÓ, A.: Works with Guitar, Vol. 1 (W. Weigel, Sondermann, M. Michel, Ibrahimi, Arcana String Quartet, Madrid)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573971

全トラック選択/解除

アントニオ・ルイス=ピポ - Antonio Ruiz-Pipó (1934-1997)

**:**
ハルシアス

Jarcias

録音: 9-10 December 2017, AFM Studio Münster, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6799071
**:**
»  No. 1. —
1.

-

**:**
»  No. 2. —
2.

-

**:**
»  No. 3. —
3.

-

 
**:**
3つのエスタンシア

Estancias

録音: 27 January 2018, Sineland Studio Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6933794
**:**
»  No. 1. A Karl Scheit
4.

-

**:**
»  No. 2. A Alberto Ponce
5.

-

**:**
»  No. 3. A Angelo Gilardino
6.

-

 
**:**
3つの小品

Trio en miniatures

録音: 9-10 December 2017, AFM Studio Münster, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6933795
**:**
»  I. Soliloquio y diálogo
7.

-

**:**
»  II. Bajo mediterráneo
8.

-

**:**
»  III. Jeux de dartes
9.

-

 
**:**
哀歌
10.

Nenia

録音: 27 January 2018, Sineland Studio Berlin, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6933796
 
**:**
遊戯

Juegos

録音: 21-22 October 2017, AFM Studio Münster, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6933797
**:**
»  I. Entrada
11.

-

**:**
»  II. Moto perpetuo
12.

-

**:**
»  III. Interludio
13.

-

**:**
»  IV. Final
14.

-

 
**:**
3つの列(ギターと弦楽四重奏版)

Tres en raya (version for guitar and string quartet)

録音: 3 and 6-7 September 1999, Radio Nacional de España, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6933798
**:**
»  I. Enérgico
15.

-

**:**
»  II. Cantabile
16.

-

**:**
»  III. Rítmico
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/09/01
スペイン、グラナダで生まれた作曲家でピアニスト、ルイス=ピポ。地元の音楽院でアリシア・デ・ラローチャに学んだ後、ピアニストとしてデビューを果たし、パリではコルトーの晩年の弟子となったことで知られています。しかし作曲家としての彼はギター曲に魅力を感じていたようで、多くのギターのための作品を書き、その何曲かはナルシソ・イエペスに献呈され、演奏されたことでルイス=ピポの名は世に知られることとなりました。彼の作品は技術的に難しく、常にエキサイティングで演奏家泣かせではありますが、巧みに演奏すると素晴らしい演奏効果をもたらすことができます。このアルバムには1970年代から1997年までの作品が収録されており、どの曲にも彼が愛したアンダルシアの風景が織り込まれています。このアルバムで主役を務めるヴォルフガング・ヴァイケルは1954年ザールブリュッケンに生まれ、リューベックで研鑽を積んだギタリスト。南米のレパートリーを好み、知られざる作品の普及に努めています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。