ホーム > アルバム > 8.573973 二人でお茶を - ベル・エポックから狂乱の20年代の歌とシャンソン(デクチュール/ブロカール/フリヴォルアンサンブル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.573973
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ, オペラ, ミュージカル, 声楽曲
作曲家
レイナルド・アーン Reynaldo Hahn , モーリス・イヴァン Maurice Yvain , ヘイドン・ウッド Haydn Wood , ジュローム・カーン Jerome Kern , アイヴァン・カリル Ivan Caryll , ルイ・ベイツ Louis Beydts , アンドレ・メサジェ André Messager , ヴィンセント・ユーマンス Vincent Youmans , マルセル・ラッテス Marcel Lattès , Rodolphe Berger , Félix A. Fourdrain , Grace LeBoy , Hope Temple
作詞家
フレデリック・エドワード・ウェザリー Frederick Edward Weatherly , ガス・カーン Gus Kahn , アンリ・カイン Henri Cain , アーヴィング・シーザー Irving Caesar , ポール・ド・シューダンス Paul de Choudens , アルマン・シルヴェストル Armand Silvestre , オットー・ハーバック Otto Harbach , アルトゥール・ベルネード Arthur Bernède , Joë Bridge , Jules Chancel , Henri-Georges Clouzot , Pierre D'Amor , Maurice Donnay , Henri Duvernois , Pierre-Louis Flers , Elsie Janis , André Rivoire , Adrian Ross , Léon Guillot de Saix , Pierre Veber , Léon Xanrof
編曲者
ステファニー・ガッソ Stéphane Gassot , ヤン・シュトフェル Yann Stoffel , ダヴィド・ジョルダ=マノー David Jorda-Manaut , クロエ・デュクレ Chloé Ducray , フィリップ・ペラン Philippe Perrin , マテュー・ミシャール Matthieu Michard , ステファニー・メーヌ Stéphane Mène
アーティスト
クレマンティーヌ・デクチュール Clémentine Decouture , クロエ・デュクレ Chloé Ducray , フリヴォルアンサンブル Frivol'Ensemble , フィリップ・ブロカール Philippe Brocard

二人でお茶を - ベル・エポックから狂乱の20年代の歌とシャンソン(デクチュール/ブロカール/フリヴォルアンサンブル)

TEA FOR TWO - Songs and Chansons from the Belle-Époque to the Roaring 20s (Decouture, Brocard, Frivol'Ensemble)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573973

全トラック選択/解除

ヴィンセント・ユーマンス - Vincent Youmans (1898-1946)

**:**
ノー・ノー・ナネット - 二人でお茶を(M. ミシャールによる2声と室内アンサンブル編)
1.

No, No, Nanette, Act II: Tea for Two (arr. M. Michard for 2 voices and chamber ensemble)

録音: 25-27 October 2017, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6687239

Hope Temple (1859-1938)

**:**
マイ・レディ・バウアー(C. デュクレによる声楽とハープ編)
2.

My Lady's Bower (arr. C. Ducray for voice and harp)

録音: 20 January 2018, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793605

アンドレ・メサジェ - André Messager (1853-1929)

**:**
喜歌劇「ミレッテ」 - 第1幕 Ah! Nay, do not fly me! (Y. シュトフェルによる2声と室内アンサンブル編)
3.

Mirette, Act I: Ah! Nay, do not fly me! (arr. Y. Stoffel for 2 voices and chamber ensemble)

録音: 25-27 October 2017, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793606
 
**:**
喜歌劇「ムッシュ・ボーケール」 - 金と青と白(Y. シュトフェルによる声楽と室内アンサンブル編)
4.

Monsieur Beaucaire: Gold and Blue and White (arr. Y. Stoffel for voice and chamber ensemble)

録音: 25-27 October 2017, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793607
 
**:**
喜歌劇「ムッシュ・ボーケール」 - 軽く、軽く(S. ガッソによる2声と室内アンサンブル編)
5.

Monsieur Beaucaire, Act I: Lightly, Lightly (arr. S. Gassot for 2 voices and chamber ensemble)

録音: 25-27 October 2017, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793608

アイヴァン・カリル - Ivan Caryll (1861-1921)

**:**
喜歌劇「殿下」 - 第3幕 時の歌(C. デュクレによる声楽とハープ編)
6.

S.A.R. (Son Altesse Royale), Act III: Chanson des heures (arr. C. Ducray for voice and harp)

録音: 20 January 2018, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793609

Rodolphe Berger (1864-1916)

**:**
喜歌劇「ル・シュヴァリエ・デオン」 - ローランギーのレチタティーヴォとカヴァティーナ(S. メーヌによる声楽と室内アンサンブル編)
7.

Le Chevalier d'Éon, Act III: Récit et Cavatine de Lauranguy: Pourquoi malgré neige et froidure (arr. S. Mène for voice and chamber ensemble)

録音: 25-27 October 2017, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793610

Félix A. Fourdrain (1880-1923)

**:**
喜歌劇「ペロー童話集」 - 第1幕 サンドリヨンの夢(声楽と室内アンサンブル編)
8.

Les contes de Perrault, Act I: Rêverie de Cendrillon (arr. for voice and chamber ensemble)

録音: 25-27 October 2017, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793611

ヘイドン・ウッド - Haydn Wood (1882-1959)

**:**
ピカルディのばら(M. ミシャール、C. デュクレによる声楽とハープ編)
9.

Roses of Picardy (Roses de Picardie) (arr. M. Michard and C. Ducray for voice and harp)

録音: 20 January 2018, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793612

Rodolphe Berger (1864-1916)

**:**
メッサリネット(M. ミシャールによる2声と室内アンサンブル編)
10.

Messalinette, fantaisie-sélection (arr. M. Michard for 2 voices and chamber ensemble)

録音: 25-27 October 2017, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793613

レイナルド・アーン - Reynaldo Hahn (1874-1947)

**:**
最後のワルツ(P. ペランによる声楽と室内アンサンブル編)
11.

Une Revue…: La Dernière Valse (arr. P. Perrin for voice and chamber ensemble)

録音: 25-27 October 2017, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793614

ルイ・ベイツ - Louis Beydts (1895-1953)

**:**
モワノ - レスカルポレット(D. ジョルダ=マノーによる声楽と室内アンサンブル編)
12.

Moineau, Act II: L'Escarpolette (arr. D. Jorda-Manaut for voice and chamber ensemble)

録音: 25-27 October 2017, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793615

マルセル・ラッテス - Marcel Lattès (1886-1943)

**:**
マギー、映画の女王(M. ミシャールによる声楽と室内アンサンブル編)
13.

Maggie, Act I: Maggie, the Movie Queen (arr. M. Michard for voice and chamber ensemble)

録音: 25-27 October 2017, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793616

ジュローム・カーン - Jerome Kern (1885-1945)

**:**
ミス・インフォーメーション - 誰かの誰か(M. ミシャールによる2声と室内アンサンブル編)
14.

Miss Information, Act III: Some Sort of Somebody (arr. M. Michard for 2 voices and chamber ensemble)

録音: 25-27 October 2017, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793617

モーリス・イヴァン - Maurice Yvain (1891-1965)

**:**
私は夜に歌う(M. ミシャールによる声楽と室内アンサンブル編)
15.

Je chante la nuit (arr. M. Michard for voice and chamber ensemble)

録音: 25-27 October 2017, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793618

Grace LeBoy (1890-1983)

**:**
私と一緒にみんなラグ(M. ミシャールによる2声と室内アンサンブル編)
16.

Everybody Rag with Me (On r'met ça!) (arr. M. Michard for 2 voices and chamber ensemble)

録音: 25-27 October 2017, Studio Acoustique de Passavant Music, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6793619
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
「騒乱の時代」と言われる1920年代。アメリカでは第一次世界大戦の特需で経済が発展、伝統が破壊され、生活には自動車やラジオが入り込み、人々は常に娯楽を求めました。またロンドンとパリでは他の国々を圧倒するほどの文化が栄え、多くの英国のアーティストがパリの舞台に登場、ロンドンでは歌手や指揮者だけでなくフランスの作曲家の作品が流行するなど、両国は絶え間ない文化交流が行われていました。そして、流行を始めたジャズを取り入れたダンスが普及し、これらのエレガントな音楽は多くの人々を魅了しました。このアルバムには、その当時のイギリスとフランスの交流から生まれた数々の作品が収録されています。作曲家の名前は、現代ではほとんど忘れられてしまいましたが、どれも聴けば瞬時に魅了されるほどの楽しい曲ばかり。20世紀初頭の酒場で歌われていたような男女の関係の機微を歌った曲もあったり、ミュージカル風の曲があったりと、思い切り楽しめる1枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。