ホーム > アルバム > 8.574003 カステルヌオーヴォ=テデスコ:ヴァイオリン協奏曲第3番/弦楽三重奏曲/ヴァイオリンとチェロのためのソナタ(アローニャ/パスカルッチ/トライニーニ/スタッシ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574003
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 協奏曲
作曲家
マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ Mario Castelnuovo-Tedesco
アーティスト
ダヴィデ・アローニャ Davide Alogna , フェデリコ・スタッシ Federico Stassi , ロベルト・トライニーニ Roberto Trainini , フロレンツォ・パスカルッチ Fiorenzo Pascalucci

カステルヌオーヴォ=テデスコ:ヴァイオリン協奏曲第3番/弦楽三重奏曲/ヴァイオリンとチェロのためのソナタ(アローニャ/パスカルッチ/トライニーニ/スタッシ)

CASTELNUOVO-TEDESCO, M.: Violin Concerto No. 3 / String Trio / Sonata for Violin and Cello (Alogna, Pascalucci, Trainini, Stassi)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574003

全トラック選択/解除

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ - Mario Castelnuovo-Tedesco (1895-1968)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第3番 Op. 102

Violin Concerto No. 3, Op. 102

録音: 19 April 2018, Galleria Alberoni, Piacenza, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6820236
**:**
»  I. Drammatico
1.

-

**:**
»  II. Lento - Grave e triste
2.

-

**:**
»  III. Molto moderato (quasi un'Introduzione)
3.

-

 
**:**
弦楽三重奏曲 Op. 147

String Trio, Op. 147

録音: 6 June 2018, Basilica S. Vincenzo, Cantù (Como), Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6820237
**:**
»  I. Allegretto grazioso
4.

-

**:**
»  II. Nenia: Molto moderato
5.

-

**:**
»  III. Vivace (Ritmico e balzante)
6.

-

 
**:**
ヴァイオリンとチェロのためのソナタ Op. 148

Sonata for Violin and Cello, Op. 148

録音: 7-9 June 2018, Basilica S. Vincenzo, Cantù (Como), Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6820238
**:**
»  I. Lento misterioso
7.

-

**:**
»  II. Cavatina: Andante
8.

-

**:**
»  III. Scherzo: Mosso, con spirito - Alla Serenata (in 1)
9.

-

**:**
»  IV. Rhapsody: Introduzione (Liberamente - quasi improvvisando)
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
イタリア系ユダヤ人作曲家カステルヌオーヴォ=テデスコ。一頃までの日本では「ギター作曲家」として認知されていましたが、近年はピアノ曲やオーケストラ曲などの作品が注目され始め、色彩豊かな曲を耳にする機会が多くなってきました。とはいえ、このアルバムに収録された3つの曲はどれも世界初録音。まだまだ知られざる作品が数多く眠っているようです。この3曲は彼がイタリアを離れ、アメリカに渡ってから書かれたもの。「ヴァイオリン協奏曲 第3番」は友人ハイフェッツに依頼された作品であり、オーケストラではなくピアノ伴奏を伴う珍しい編成です。しかし、ハイフェッツは第3楽章に満足しなかったといい、作曲家も何度かの改訂を試みましたが、結局は未発表に終わってしまいました。彼の人気を高めた映画音楽にも通じる甘いメロディと、爆発的なエネルギーが特徴です。その後に書かれた三重奏曲とソナタは親密な雰囲気と成熟した作風を持ち、演奏には高い技巧が要求される魅力的な作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。