ホーム > アルバム > 8.574015 ボロン:子羊から聞こえるあなたの声/暗闇の4つのレッスン/ドグマティック・プレジャーズ(ペトリ/モーザー/ポッペン/ミルトン/ビニャミーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574015
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ファブリース・ボロン Fabrice Bollon
アーティスト
オーデンセ交響楽団 Odense Symphony Orchestra , ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団 German Radio Saarbrücken-Kaiserslautern Philharmonic Orchestra , ペア・サロ Per Salo , ジャデル・ビニャミーニ Jader Bignamini , ミケール・フカチョヴァー Michaela Fukačová , フライブルク・フィルハーモニー管弦楽団 Freiburg Philharmonic Orchestra , ミカラ・ペトリ Michala Petri , クリストフ・ポッペン Christoph Poppen , ニコラス・ミルトン Nicholas Milton , ヨハネス・モーザー Johannes Moser

ボロン:子羊から聞こえるあなたの声/暗闇の4つのレッスン/ドグマティック・プレジャーズ(ペトリ/モーザー/ポッペン/ミルトン/ビニャミーニ)

BOLLON, F.: Your Voice Out of the Lamb / Four Lessons of Darkness / Dogmatic Pleasures (Petri, Moser, Poppen, Milton, Bignamini)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574015

全トラック選択/解除

ファブリース・ボロン - Fabrice Bollon (1965-)

**:**
子羊から聞こえるあなたの声

Your Voice Out of the Lamb

録音: 18-22 May 2015, Carl Nielsen Hall, Odense, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7884572
**:**
»  I. Calm
1.

-

**:**
»  II. Allegro giusto
2.

-

**:**
»  III. Slow
3.

-

**:**
»  IV. Fast and brilliant
4.

-

 
**:**
暗闇の4つのレッスン

Four Lessons of Darkness

録音: 15 and 17 April 2011, Karlsruhe Konzerthaus (15/4) and Saarbrücken Congresshalle (17/4), Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8100803
**:**
»  第1曲 大地(Mäßig langsam, flexible)
5.

-

I. Earth: Mäßig langsam, flexible

**:**
»  第2曲 火(Rasend)
6.

-

II. Fire: Rasend

**:**
»  第3曲 水(Not too slow, calm)
7.

-

III. Water: Not too slow, calm

**:**
»  第4曲 空気(Temperamentvoll)
8.

-

IV. Air: Temperamentvoll

 
**:**
ドグマティック・プレジャーズ

Dogmatic Pleasures

録音: 26 February 2019, Rolf-Böhme-Saal, Konzerthaus Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8100802
**:**
»  第1曲 スケールとコード
9.

-

No. 1. Scales and Chords

**:**
»  第2曲 結婚 変ロ長調
10.

-

No. 2. Marriage in B-Flat Major

**:**
»  第3曲 飛行機を待っている
11.

-

No. 3. Waiting for My Plane

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/07/01
【リコーダーの女王ミカラ・ペトリとポッペンの競演!】国際的に活躍する指揮者ファブリース・ボロン。数多くのコンサートの傍ら、NAXOSをはじめ、cpoレーベルやCapriccioレーベルなどを中心に多彩な作品を録音しています。彼は作曲家としても、「珍しい音色に対する鋭い耳を持つ作曲家」として独特な音を用いた作品で注目を集めています。このアルバムには、彼の個性がよく表れた3つの作品を収録。「Your Voice Out of the Lamb 子羊から聞こえるあなたの声」は名リコーダー奏者ミカラ・ペトリの依頼により作曲されたもので、タイトルはジェネシスの「The Lamb Lies Down On Broadway」のもじりです。バッハやメンデルスゾーンなどさまざまな音楽を断片的に引用しながら、リコーダーを“正気を逸した声”を発する楽器として扱った上で、ポップミュージックの要素も感じさせるジャンルレスな作品です。エレクトリック・チェロを用いた「暗闇の4つのレッスン」、相反する言葉が並んだタイトルがユニークな「ドグマティック・プレジャーズ」と、どの作品もポップスやジャズを含む現代の音楽語法を用いた楽しいものばかり。ただし、ボロン自身は、自作を「クロスオーバー」と考えるべきではないと語っています。何と呼ぶのが最もふさわしいのかは、聴き手の判断に任されることでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。