ホーム > アルバム > 8.574076 ベートーヴェン:劇音楽「アテネの廃墟」(アボエンシス大聖堂聖歌隊/トゥルク・フィル/セーゲルスタム)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574076
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
作詞家
アウグスト・フリードリヒ・フェルディナンド・フォン・コッツェブー August Friedrich Ferdinand von Kotzebue , 不詳 Anonymous , カール・マイスル Carl Meisl
アーティスト
ローラント・アストール Roland Astor , アボエンシス大聖堂聖歌隊 Chorus Cathedralis Aboensis , アンゲラ・エバーライン Angela Eberlein , エルンスト・オーダー Ernst Oder , クラウス・オバルスキ Claus Obalski , ユハ・コティライネン Juha Kotilainen , レア・シンカ Leah Sinka , レイフ・セーゲルスタム Leif Segerstam , トゥルク・フィルハーモニー管弦楽団 Turku Philharmonic Orchestra , レーッタ・ハーヴィスト Reetta Haavisto

ベートーヴェン:劇音楽「アテネの廃墟」(アボエンシス大聖堂聖歌隊/トゥルク・フィル/セーゲルスタム)

BEETHOVEN, L. van: Ruinen von Athen (Die) (The Ruins of Athens) (Chorus Cathedralis Aboensis, Turku Philharmonic, Segerstam)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574076

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
付随音楽「献堂式」 Op.124 - 序曲
1.

Die Weihe des Hauses Overture (The Consecration of the House), Op. 124

録音: 15-19 October 2018, Turku Concert Hall, Turku, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7589615
 
**:**
付随音楽「献堂式」Hess 118 - 導入部合唱
2.

Musik zu Carl Meisls Gelegenheitsfestspiel, Hess 118 (Die Weihe des Hauses): Invisible Chorus: Folge dem mächtigen Ruf der Ehre!

録音: 15-19 October 2018, Turku Concert Hall, Turku, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7595135
 
**:**
マイズルの祝典劇「献堂式」への合唱曲「若々しく脈うつところ」 WoO 98
3.

Die Weihe des Hauses (The Consecration of the House): Wo sich die Pulse, WoO 98

録音: 15-19 October 2018, Turku Concert Hall, Turku, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7595136
 
**:**
「アテネの廃墟」のための行進曲と合唱曲 Op.114
4.

Die Ruinen von Athen (The Ruins of Athens): March with Chorus: Schmückt die Altäre, Op. 114

録音: 15-19 October 2018, Turku Concert Hall, Turku, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7595137
 
**:**
劇音楽「アテネの廃墟」 Op. 113

Die Ruinen von Athen (The Ruins of Athens), Op. 113

録音: 15-19 October 2018, Turku Concert Hall, Turku, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7595138
**:**
»  Overture
5.

-

**:**
»  Chorus: Tochter des mächtigen Zeus!
6.

-

**:**
»  Dialogue: Versöhnt? (Minerva, Merkur)
7.

-

**:**
»  Duet: Ohne Verschulden Knechtschaft dulden (Greek Man, Greek Woman)
8.

-

**:**
»  Dialogue: Wo sind wir? (Minerva, Merkur, Greek Man, Maiden)
9.

-

**:**
»  Chorus: Du hast in deines Ärmels Falten (Dervishes)
10.

-

**:**
»  Dialogue: Ha! Welchen Unsinn hat mein Ohr vernommen! (Minerva, Maiden)
11.

-

**:**
»  Marcia alla turca - Dialogue: He! Achmet! (First Turk, Second Turk, Minerva, Merkur)
12.

-

**:**
»  Harmonie auf dem Theater: Melodrama: Es wandelt schon das Volk im Feierkleide und fullt die weiten Strassen und frohlockt! (Old Man)
13.

-

**:**
»  Dialogue: Wo sind wir nun? (Minerva, Merkur, Old Man)
14.

-

**:**
»  March: Dialogue: Schau dieser Kinder fröhliches Gewühl (Merkur, Minerva) - Chorus: Schmückt die Altäre! (Priests, Virgins)
15.

-

**:**
»  Recitative: Mit reger Freude (Chief Priest)
16.

-

**:**
»  Chorus: Wir tragen empfängliche Herzen im Busen
17.

-

**:**
»  Aria and Chorus: Will unser Genius noch einen Wunsch gewähren (Chief Priest, Minerva, Chorus)
18.

-

**:**
»  Monologue: Nicht in des Königs furchtgebietendem Glanze (Minerva)
19.

-

**:**
»  Chorus: Heil unserm König!
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
“ベートーヴェンの「トルコ行進曲」”が含まれていることで知られる劇音楽「アテネの廃墟」。ハンガリーのペスト市(現ブダペスト)に新設されたドイツ劇場のこけら落としのために1811年秋から1812年にかけて作曲され、1812年2月9日に劇音楽「シュテファン王」とともに初演されました。物語は、ギリシャ神話に登場する知恵の女神ミネルヴァが、長い眠りから目覚めた時に目にしたのはトルコに侵攻され、荒廃したアテネ。彼女は他の神々が逃れたペストに赴き、この地を“新たなアテネ”にするという、まさに劇場のこけら落としにふさわしい内容を持ち、魅力的なアリアやデュエット、コーラスで満たされています。ナレーション付きの劇仕立てでお楽しみください。同時収録の「献堂式」の音楽は、ヨーゼフシュタット劇場のこけら落としのために書かれた劇音楽の一部です。大部分が「アテネの廃墟」からの転用ですが、序曲はオリジナルです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。