ホーム > アルバム > 8.574084 マニャール:序曲/葬送の歌/正義への讃歌/古風な様式による管弦楽組曲(フライブルク・フィル/ボロン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574084
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アルベリク・マニャール Albéric Magnard
アーティスト
フライブルク・フィルハーモニー管弦楽団 Freiburg Philharmonic Orchestra , ファブリース・ボロン Fabrice Bollon

マニャール:序曲/葬送の歌/正義への讃歌/古風な様式による管弦楽組曲(フライブルク・フィル/ボロン)

MAGNARD, A.: Orchestral Works - Ouverture / Chant funèbre / Hymne à la justice / Hymne à Vénus (Freiburg Philharmonic, Bollon)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574084

全トラック選択/解除

アルベリク・マニャール - Albéric Magnard (1865-1914)

**:**
序曲 Op. 10
1.

Ouverture, Op. 10

録音: 18 June 2018, Rolf Böhme Saal, Konzerthaus Freiburg, Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7619999
 
**:**
葬送の歌 Op. 9
2.

Chant funèbre, Op. 9

録音: 18-19 June 2018, Rolf Böhme Saal, Konzerthaus Freiburg, Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7635921
 
**:**
正義への賛歌 Op. 14
3.

Hymne à la justice, Op. 14

録音: 7 July 2018, Rolf Böhme Saal, Konzerthaus Freiburg, Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7635922
 
**:**
ヴィーナスへの賛歌 Op. 17
4.

Hymne à Vénus, Op. 17

録音: 2-3 October 2017, Rolf Böhme Saal, Konzerthaus Freiburg, Freiburg, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7635923
 
**:**
古風な様式による管弦楽組曲 Op. 2

Suite d'orchestre dans le style ancien, Op. 2

録音: 8 March 2019, SWR Studio, Baden-Baden, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7635924
**:**
»  第1曲 フランセーズ
5.

-

I. Française: Allegro giocoso

**:**
»  第2曲 サラバンド(Mesto)
6.

-

II. Sarabande: Mesto

**:**
»  第3曲 ガヴォット(Allegro)
7.

-

III. Gavotte: Allegro

**:**
»  第4曲 メヌエット(Tranquillo)
8.

-

IV. Menuet: Tranquillo

**:**
»  第5曲 ジーグ(Energico)
9.

-

V. Gigue: Energico

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
ベストセラー作家の父のもと、比較的裕福な家庭に育ったマニャール。20歳の時にワーグナーの《トリスタンとイゾルデ》に魅了された彼は、実家の経済的な援助を受けることなく、自らの力で音楽の道に進むことを決意します。パリ音楽院に入学しマスネに師事したものの、個人的に師事したダンディから受けた影響の方が大きく、マニャールは「交響曲作家」としての栄誉を求め、少なくとも9曲の交響曲を完成させることを目標に作曲家としての活動を始めました。しかし、その望みは、第一次世界大戦時のドイツ兵との壮絶な戦いによる彼の死によって打ち切られてしまい、4曲の交響曲を含む20曲ほどの作品だけが残されています。このアルバムには、マニャールが初めてオーケストレーションに挑んだ「古風な様式による管弦楽組曲」から、1904年の「ヴィーナスへの賛歌」まで5作品が収録されています。どれも、マニャールの心情が反映された美しく力強い作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。