ホーム > アルバム > 8.574091 ユオン:ヴァイオリン・ソナタ第1番 - 第3番(ウェザービー/コレヴァー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574091
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
パウル・ユオン Paul Juon
アーティスト
チャールズ・ウェザービー Charles Wetherbee , ディヴィッド・コレヴァー David Korevaar

ユオン:ヴァイオリン・ソナタ第1番 - 第3番(ウェザービー/コレヴァー)

JUON, P.: Violin Sonatas Nos. 1-3 (Wetherbee, Korevaar)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574091

全トラック選択/解除

パウル・ユオン - Paul Juon (1872-1940)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第2番 ヘ長調 Op. 69

Violin Sonata No. 2 in F Major, Op. 69

録音: 11 August 2015, Grusin Music Hall, University of Colorado Boulder, Colorado, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7320753
**:**
»  I. Allegro non troppo
1.

-

**:**
»  II. Largo - Allegretto
2.

-

**:**
»  III. Risoluto
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第3番 ロ短調Op. 86
4.

Violin Sonata No. 3 in B Minor, Op. 86

録音: 29 September 2016, Grusin Music Hall, University of Colorado Boulder, Colorado, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7320754
 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第1番 イ長調 Op. 7

Violin Sonata No. 1 in A Major, Op. 7

録音: 20 December 2014, Grusin Music Hall, University of Colorado Boulder, Colorado, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7320755
**:**
»  I. Andante quasi moderato - Allegro ma non troppo
5.

-

**:**
»  II. Thema mit Variationen
6.

-

**:**
»  III. Vivace
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/09/01
スイス系ロシア人作曲家、パウル・ユオン。モスクワ音楽院で作曲と音楽理論をアレンスキーとタネーエフに学んだ後、ベルリン高等音楽院に留学、クララ・シューマンの異父弟ヴォルデマール・バルギールのもとで研鑽を積み、ドイツ・ロマン派の様式を身につけました。彼の作品からは、最初のロシアの師たちの影響も感じられますが、全体を覆うのはドイツ的な雰囲気であるとともに、彼が研究したシベリウスの影響も少しだけ見られます。このアルバムに収録された3つのソナタは、初期から円熟期に渡って作曲されたもので、通して聴くことでユオンの作風の変遷が良くわかります。決してわかりやすいとは言えない音楽ですが、聴くほどに味わいが深くなっていくのがユオン作品の特徴です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。