ホーム > アルバム > 8.574108 ザドール:シンフォニア・テクニカ/クラリネットと弦楽のための音楽/トロンボーン協奏曲(ソルヨミ/フェイェール/MAVブダペスト響/スモリー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574108
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ユージン・ザドール Eugene Zádor
アーティスト
マリウシュ・スモリー Mariusz Smolij , パル・ソルヨミ Pál Sólyomi , アンドラーシュ・フェイェール András Fejér , MAVブダペスト交響楽団 Budapest Symphony Orchestra MÁV

ザドール:シンフォニア・テクニカ/クラリネットと弦楽のための音楽/トロンボーン協奏曲(ソルヨミ/フェイェール/MAVブダペスト響/スモリー)

ZÁDOR, E.: Sinfonia Technica / Music for Clarinet and Strings / Trombone Concerto (Sólyomi, Fejér, Budapest Symphony Orchestra MÁV, Smolij)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574108

全トラック選択/解除

ユージン・ザドール - Eugene Zádor (1894-1977)

**:**
タランテッラ - スケルツォ
1.

Tarantella - Scherzo

録音: 19-22 September 2018, Hungaroton Studios, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7618878
 
**:**
クラリネットと弦楽のための音楽

Music for Clarinet and Strings

録音: 19-22 September 2018, Hungaroton Studios, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7671318
**:**
»  I. Andantino - Allegro
2.

-

**:**
»  II. Molto moderato - Allegretto scherzando
3.

-

**:**
»  III. Alla zingaresca
4.

-

 
**:**
トロンボーン協奏曲

Trombone Concerto

録音: 19-22 September 2018, Hungaroton Studios, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7671319
**:**
»  I. Moderato
5.

-

**:**
»  II. Allegretto
6.

-

**:**
»  III. Dance
7.

-

 
**:**
思い出に
8.

In Memoriam

録音: 19-22 September 2018, Hungaroton Studios, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7671320
 
**:**
シンフォニア・テクニカ

Sinfonia Technica

録音: 19-22 September 2018, Hungaroton Studios, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7671321
**:**
»  I. The Bridge
9.

-

**:**
»  II. The Telegraph Pole
10.

-

**:**
»  III. Water Works: Scherzo
11.

-

**:**
»  IV. Factory
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/01/01
ハンガリーのバータセクで生まれ、1940年代のアメリカで映画音楽の発展に著しく寄与したユージン・ザドール。このNAXOSレーベルにおける6枚目となるアルバムにも、彼の特徴である豊かな表現力と色彩豊かな響きを駆使した作品が収録されています。冒頭に置かれた「タランテッラ-スケルツォ」は彼がロサンゼルスに定住して間もない1941年から1942年頃の作品。大編成のオーケストラが奏でる活発な旋律は、溢れんばかりのエネルギーに満ちています。1970年代の「クラリネットと弦楽合奏のための音楽」はセントルイス交響楽団の委嘱作。トロンボーン協奏曲は、若いころこの楽器を学んだザドールならではの技巧的な作品です。アルバムのメインである「シンフォニア・テクニカ=先進技術の交響曲の意」は彼が新古典派の様式に沿って作曲した唯一の作品。機能的でありながら、レスピーギ風の響きも感じられるザドール独自のユニークな音楽です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。