ホーム > アルバム > 8.574187 オンスロウ:弦楽五重奏曲集 4 - 第23番、第31番(エラン五重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574187
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ジョルジュ・オンスロウ George Onslow
アーティスト
エラン五重奏団 Elan Quintet

オンスロウ:弦楽五重奏曲集 4 - 第23番、第31番(エラン五重奏団)

ONSLOW, G.: String Quintets, Vol. 4 - Nos. 23 and 31 (Elan Quintet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574187

全トラック選択/解除

ジョルジュ・オンスロウ - George Onslow (1784-1853)

**:**
弦楽五重奏曲第31番 イ長調 Op. 75 (弦楽四重奏とコントラバス版)

String Quintet No. 31 in A Major, Op. 75 (version for string quartet and double bass)

録音: 11-13 March 2020, Auditorio de Rafelbuñol, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8121134
**:**
»  I. Allegro grazioso
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro
2.

-

**:**
»  III. Andante sostenuto
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegretto
4.

-

 
**:**
弦楽五重奏曲第23番 イ短調 Op. 58 (弦楽四重奏とコントラバス版)

String Quintet No. 23 in A Minor, Op. 58 (version for string quartet and double bass)

録音: 11-13 March 2020, Auditorio de Rafelbuñol, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8121135
**:**
»  I. Allegro non tanto vivo
5.

-

**:**
»  II. Adagio sostenuto
6.

-

**:**
»  III. Menuetto: Allegro impetuoso
7.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro non tanto vivace
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/04/01
フランス古典派の作曲家オンスロウ。ロンドンでクラーマーにピアノを学び、パリではレイハに作曲を学び、古典派からロマン派への橋渡し的な作品を数多く書きあげました。貴族のたしなみとして狩猟を好み、その際の事故で聴力を失うというアクシデントのためか「フランスのベートーヴェン」と呼ばれることもある彼ですが、生活に困窮していたわけではなく、作曲活動はあくまでも趣味としてのもの。とりわけ弦楽のための作品が優れており、弦楽四重奏曲も弦楽五重奏曲も各々30以上の作品が残されています。彼の弦楽五重奏曲は、少し前の時代に活躍したボッケリーニのようなチェロに重点が置かれているものではなく、コントラバスの低音を存分に生かした重厚な響きが特徴。これは、彼がコントラバスの名手ドラゴネッティと出会ったことで、アンサンブルにコントラバスを加えることを決意し、充実した低音を持つ五重奏が完成したのです。第4集には晩年の成熟した作風による第31番と、中期の第23番を収録。迫力ある響きが楽しめます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。