ホーム > アルバム > 8.574191 マラツ/サインス・デ・ラ・マーサ/トゥリーナ/ルイス=ピポ/カステルヌオーヴォ=テデスコ:ギター作品集(悪魔のカプリース)(ミラン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574191
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ Mario Castelnuovo-Tedesco , エドゥアルド・サインス・デ・ラ・マーサ Eduardo Sáinz de la Maza , フェルナンド・ソル Fernando Sor , ホアキン・トゥリーナ Joaquín Turina , レオ・ブローウェル Leo Brouwer , マヌエル・マリア・ポンセ Manuel María Ponce , ホアキン・マラツ Joaquín Malats , ヨハン・カスパール・メルツ Johann Kaspar Mertz , アントニオ・ルイス=ピポ Antonio Ruiz-Pipó
編曲者
フランシスコ・タレガ Francisco Tárrega , マヌエル・ロペス・ラモス Manuel López Ramos
アーティスト
マベル・ミラン Mabel Millán

マラツ/サインス・デ・ラ・マーサ/トゥリーナ/ルイス=ピポ/カステルヌオーヴォ=テデスコ:ギター作品集(悪魔のカプリース)(ミラン)

Guitar Recital: Millán, Mabel - BROUWER, L. / CASTELNUOVO-TEDESCO, M. / MALATS, J. / MERTZ, J.K. (The Devil's Caprice - Guitar Favourites)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574191

全トラック選択/解除

ホアキン・マラツ - Joaquín Malats (1872-1912)

**:**
スペインの印象 - 第2曲 スペインのセレナード(F. タレガによるギター編)
1.

Impresiones de España: II. Serenata española (arr. F. Tárrega for guitar)

録音: 20-22 July 2019, FJR Studios, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8387212

エドゥアルド・サインス・デ・ラ・マーサ - Eduardo Sáinz de la Maza (1903-1982)

**:**
夜明けの鐘
2.

Campanas del alba

録音: 20-22 July 2019, FJR Studios, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8598228

ホアキン・トゥリーナ - Joaquín Turina (1882-1949)

**:**
ギター・ソナタ Op. 61

Guitar Sonata, Op. 61

録音: 20-22 July 2019, FJR Studios, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8598229
**:**
»  I. Allegro
3.

-

**:**
»  II. Andante
4.

-

**:**
»  III. Allegro vivo
5.

-

アントニオ・ルイス=ピポ - Antonio Ruiz-Pipó (1934-1997)

**:**
歌と踊り第1番
6.

Canción y danza No. 1

録音: 20-22 July 2019, FJR Studios, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8598230

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ - Mario Castelnuovo-Tedesco (1895-1968)

**:**
悪魔的奇想曲 「パガニーニへのオマージュ」 Op. 85
7.

Capriccio diabolico, Op. 85, "Omaggio a Paganini"

録音: 20-22 July 2019, FJR Studios, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8598231

マヌエル・マリア・ポンセ - Manuel María Ponce (1882-1948)

**:**
スケルツィーノ・メヒカーノ(M.L. ラモスによるギター編)
8.

Scherzino mexicano (arr. M.L. Ramos for guitar)

録音: 20-22 July 2019, FJR Studios, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8598232

レオ・ブローウェル - Leo Brouwer (1939-)

**:**
ラテン・アメリカの3つの小品 - 第1曲 高原の踊り
9.

3 Pièces latino-américaines (3 Latin American Pieces): No. 1. Danza del Altiplano

録音: 20-22 July 2019, FJR Studios, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8598233

フェルナンド・ソル - Fernando Sor (1778-1839)

**:**
ギター・ソナタ第1番 ニ長調 「グラン・ソロ」 Op. 14
10.

Guitar Sonata No. 1 in D Major, Op. 14, "Gran solo"

録音: 20-22 July 2019, FJR Studios, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8598234

ヨハン・カスパール・メルツ - Johann Kaspar Mertz (1806-1856)

**:**
3つの小品 Op. 65 - 第1曲 ハンガリー幻想曲
11.

3 Morceaux, Op. 65: No. 1. Fantaisie hongroise

録音: 20-22 July 2019, FJR Studios, Granada, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8598235
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/05/01
1993年生まれの若きギタリスト、マベル・ミランのリサイタル・アルバム。スペインで生まれ、バレアレス諸島の高等音楽院でペドロ・マテオに師事するほか、数多くの名教師たちからギターを学びました。同時にマドリード・コンプルテンセ大学で法学を学び、2017年には修士号も取得したという才媛です。コンサート・アーティストとしては15歳でデビュー。ピアニストである姉セリアとともに、スペイン全土で30回を超えるコンサート・ツアーを開催し人気を博したことでも知られます。また、ブローウェルのソナタ(ADLiB Music)で2017年のラテン・グラミー賞も獲得しました。このアルバムは、彼女が得意とするさまざまな作品を集めた1枚。アンダルシアのリズムが横溢するマラツやトゥリーナの曲から、ロマンティックなポンセとメルツの曲などギターの名作中の名作が並びます。とりわけ、タイトルにもなったカステルヌォーヴォ=テデスコの「悪魔のカプリース」はミランの卓越したテクニックと音楽性が存分に発揮された見事な演奏。目まぐるしく変化する楽想を巧みに描き出し、聴き手の耳を惹きつけてやみません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。