ホーム > アルバム > 8.574222 グレグソン:ピアノ独奏曲全集 - わが友のためのアルバム/ピアノ・ソナタ/6つの小品(マレイ&ローズ・マクラクラン/グレグソン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574222
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
エドワード・グレグソン Edward Gregson
アーティスト
エドワード・グレグソン Edward Gregson , マレイ・マクラクラン Murray McLachlan , ローズ・マクラクラン Rose McLachlan

グレグソン:ピアノ独奏曲全集 - わが友のためのアルバム/ピアノ・ソナタ/6つの小品(マレイ&ローズ・マクラクラン/グレグソン)

GREGSON, E.: Piano Solo Music (Complete) - An Album for my Friends / Piano Sonata / 6 Little Pieces (M. and R. McLachlan, E. Gregson)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574222

全トラック選択/解除

エドワード・グレグソン - Edward Gregson (1945-)

**:**
わが友のためのアルバム

An Album for my Friends

録音: 5–6 January 2020, The Stoller Hall, Chetham’s School of Music, Manchester, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7983997
**:**
»  第1曲 ポールの前奏曲
1.

-

No. 1. Paul's Prelude

**:**
»  第2曲 アダムのアルマンド
2.

-

No. 2. Adam's Allemande

**:**
»  第3曲 クレアのクーラント
3.

-

No. 3. Clare's Courante

**:**
»  第4曲 ステファンのサラバンド
4.

-

No. 4. Stefan's Sarabande

**:**
»  第5曲 ゲイナーのガヴォト
5.

-

No. 5. Gaynor's Gavotte

**:**
»  第6曲 ブライアンのブーレー
6.

-

No. 6. Brian's Bourrée

**:**
»  第7曲 ベサンのブーレー
7.

-

No. 7. Bethan's Bourrée

**:**
»  第8曲 ブライアンのブーレー(リピート)
8.

-

No. 6. Brian's Bourrée (repeat)

**:**
»  第9曲 マギーのメヌエット
9.

-

No. 8. Maggie's Minuet

**:**
»  第10曲 ギャヴィンのジーグ
10.

-

No. 9. Gavin's Gigue

**:**
»  第11曲 フィルの後奏曲
11.

-

No. 10. Phil's Postlude

 
**:**
3つのピアノ練習曲

3 Piano Études

録音: 5–6 January 2020, The Stoller Hall, Chetham's School of Music, Manchester, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7983998
**:**
»  第1番 速く、リズミカルに
12.

-

No. 1. Fast and rhythmic

**:**
»  第2番 遅すぎず、穏やかに
13.

-

No. 2. Not too slow, gently

**:**
»  第3番 速く、力強く
14.

-

No. 3. Fast, with energy

 
**:**
子守歌
15.

Lullaby

録音: 5–6 January 2020, The Stoller Hall, Chetham's School of Music, Manchester, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7983999
 
**:**
スーのための歌
16.

A Song for Sue

録音: 5–6 January 2020, The Stoller Hall, Chetham's School of Music, Manchester, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7984000
 
**:**
ピアノ二重奏のための4枚の絵

4 Pictures for Piano Duet

録音: 5–6 January 2020, The Stoller Hall, Chetham's School of Music, Manchester, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7984001
**:**
»  第1曲 非常に速く、しかし荘厳に
17.

-

No. 1. Quite fast, but majestic

**:**
»  第2曲 非常に遅く、思いにふけって
18.

-

No. 2. Quite slow and thoughtful

**:**
»  第3曲 活発に
19.

-

No. 3. Lively

**:**
»  第4曲 非常に遅く、悲しげに
20.

-

No. 4. Quite slow and sad

 
**:**
6つのピアノ小品(1993年改訂版)

6 Little Piano Pieces (1993 revised version)

録音: 5–6 January 2020, The Stoller Hall, Chetham's School of Music, Manchester, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7984002
**:**
»  第1曲 非常に遅く、正確に
21.

-

No. 1. Quite slow and precisely (eighth note = 88)

**:**
»  第2曲 速く、おどけて
22.

-

No. 2. Fast and playful (dotted quarter note = 88)

**:**
»  第3曲 流れるように
23.

-

No. 3. Flowing (eighth note = 100)

**:**
»  第4曲 速すぎず
24.

-

No. 4. Not too fast (quarter note = 100)

**:**
»  第5曲 穏やかに、表情豊かに
25.

-

No. 5. Gently and with expression (quarter note = 112)

**:**
»  第6曲 力強く
26.

-

No. 6. With energy (quarter note = 112)

 
**:**
金曜日の午後
27.

Friday a.m.

録音: 5–6 January 2020, The Stoller Hall, Chetham's School of Music, Manchester, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7984003
 
**:**
一楽章のピアノ・ソナタ

Piano Sonata in one movement

録音: 5–6 January 2020, The Stoller Hall, Chetham's School of Music, Manchester, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7984004
**:**
»  テンポ 1 非常に遅く、思いにふけって - テンポ 2 甲高く - テンポ 3 ダンスのように、興奮して - テンポ 4 ゆっくりと物悲しげに
28.

-

Tempo 1: Very slow and thoughtful - Tempo 2: Strident - Tempo 3: Dance-like, with excitement - Tempo 4: Slow and sombre

**:**
»  テンポ 1-3 テンポ 5 ゆっくりと荘厳に - テンポ 6 活発に力強く
29.

-

Tempi 1-3 - Tempo 5: Slow and stately - Tempo 6: Lively and energetically

**:**
»  テンポ 1-5
30.

-

Tempi 1-5

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/08/01
エドワード・グレグソン(1945-)はイギリス出身の作曲家。王立音楽アカデミーで作曲とピアノを学び、管弦楽曲から吹奏楽、合唱曲など幅広いジャンルの作品を発表しています。彼のピアノ曲はとても印象的なものが多く、複雑なリズムやハーモニーに彩られながらも、変奏曲やフーガなど古典的な形式が用いられており、時には抒情的なメロディが現れるといった比較的親しみやすい作風に拠っています。このアルバムには初期の作品から最近の作品までが幅広く収録されており、グレグソンの作風の変遷をお楽しみいただけます。中級レベルの難易度で書かれた「わが友のためのアルバム」は自身の60回目の誕生日を祝して作曲されたもの。多彩な素材が散りばめられています。2020年の「3つの練習曲」は技巧的な作品。ラヴェルの旋律が引用されるなど工夫が凝らされています。初期の2作品はロマンティックな曲。実験的な「4つの絵」と「6つの小品」、マーラーのアダージェットから喚起された「金曜日の午前」、ティペットからインスパイアされた「ソナタ」。どれもがユニーク、かつ強い印象を残します。16曲目はグレグソン自身の演奏、他はグレグソンの良き理解者マクラクランの演奏で。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。