ホーム > アルバム > 8.574245 カスタルスキー:斃れし盟友たちへのレクイエム(デニス/ビューテル/カテドラル・コラール・ソサエティ/クラリオン合唱団/セントルークス管/スラットキン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574245
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
アレクサンドル・カスタルスキー Alexander Kastalsky
作詞家
ジョン・エラートン John Ellerton , 旧約聖書 Bible - Old Testament , 新約聖書 Bible - New Testament , オーガスタス・モンタギュー・トップレディ Augustus Montague Toplady , アレクセイ・トルストイ Alexei Tolstoy , フレデリック・ウィリアム・フェイバー Frederick William Faber , 不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
カテドラル・コラール・ソサエティ Cathedral Choral Society , カンザス・シティ・コラール Kansas City Chorale , クラリオン合唱団 Clarion Choir, The , レナード・スラットキン Leonard Slatkin , 聖ティホン修道院室内合唱団 Saint Tikhon Choir , セントルークス管弦楽団 Orchestra of St. Luke's , アンナ・デニス Anna Dennis , ジョゼフ・チャールズ・ビューテル Joseph Charles Beutel

カスタルスキー:斃れし盟友たちへのレクイエム(デニス/ビューテル/カテドラル・コラール・ソサエティ/クラリオン合唱団/セントルークス管/スラットキン)

KASTALSKY, A.: Requiem for Fallen Brothers (Dennis, Beutel, Cathedral Choral Society, The Clarion Choir, Orchestra of St. Luke's, Slatkin)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574245

全トラック選択/解除

アレクサンドル・カスタルスキー - Alexander Kastalsky (1856-1926)

**:**
斃れし盟友たちへのレクイエム

Requiem for Fallen Brothers

録音: 21 October 2018, Washington National Cathedral, Washington, D.C., United States
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7872288
**:**
»  主よ、永遠の安息を
1.

-

Requiem aeternam

**:**
»  主よ、あわれみたまえ
2.

-

Kyrie eleison

**:**
»  恐るべき御稜威の王
3.

-

Rex tremendae

**:**
»  私は罪人のように 今私は有罪のうめき声をあげる
4.

-

Ingemisco: Guilty, Now I Pour my Moaning

**:**
»  呪われたもの くすぶっている骨の山の中で
5.

-

Confutatis: Among the Piles of Smouldering Bones

**:**
»  涙の日(ラクリモーサ)
6.

-

Lacrymosa

**:**
»  主イエス・キリスト - 労働者の任務はもう終わった
7.

-

Domine Jesu - Now the Laborer's Task is O'er

**:**
»  死に逝く人は幸いである
8.

-

Beati mortui

**:**
»  賛美の生け贄と祈り
9.

-

Hostias

**:**
»  間奏曲
10.

-

Interludium

**:**
»  聖なるかな、聖なる、聖なる、聖なる…祝福された彼(サンクトゥス)
11.

-

Sanctus: Holy, Holy, Holy… Blessed is He

**:**
»  神の子羊(アニュス・デイ)
12.

-

Agnus Dei

**:**
»  何と甘やかな世界
13.

-

What Sweetness in This World is Not Mixed with Grief?

**:**
»  幾多の時代の岩
14.

-

Rock of Ages

**:**
»  主よ、あわれみたまえ - 赦したまえ、主よ、慈悲を
15.

-

Kyrie eleison - Absolve, Domine

**:**
»  間奏曲 - インドラへの讃歌
16.

-

Interludium: Hymn to Indra

**:**
»  主よ、永遠の安息を
17.

-

Requiem aeternam - Memory Eternal

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/06/01
モスクワ音楽院で学び、合唱作品作曲家として活躍したアレクサンドル・カスタルスキー(1856-1926)。1891年には長い歴史を持つ「モスクワ聖務会院合唱団」の指導者となり、ラフマニノフやグレチャニノフらに強い影響を与えています。この「レクイエム~斃(たお)れし盟友たちのために」は第一次世界大戦によってもたらされた命の損失と、世界の荒廃を憂えた作曲家による大規模な合唱を伴うオーケストラ作品。1915年に12楽章のヴァージョンとして書き上げられたものの、初演後にカスタルスキーが楽章を追加し17楽章からなる壮大な作品として完成を見ました。レクイエムの定型をとりながらも、さまざまな要素がモザイクのように配置されており、いくつかの異なる国の言葉とグレゴリオ聖歌が入り混じる中、息子を亡くした母親や夫を亡くした未亡人のすすり泣きが織り込まれ、遠くからは第一次世界大戦に巻き込まれた日本やインドを表すモチーフも聞こえてきます。スラットキンは作品に漲る「戦争への怒りと悲しみ」を丁寧にすくい上げ、迫真の音楽として聴かせます。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/08/01
モスクワ音楽院で学び、合唱作品作曲家として活躍したアレクサンドル・カスタルスキー(1856-1926)。1891年には長い歴史を持つ「モスクワ聖務会院合唱団」の指導者となり、ラフマニノフやグレチャニノフらに強い影響を与えています。この「レクイエム~斃(たお)れし盟友たちのために」は第一次世界大戦によってもたらされた命の損失と、世界の荒廃を憂えた作曲家による大規模な合唱を伴うオーケストラ作品。1915年に12楽章のヴァージョンとして書き上げられたものの、初演後にカスタルスキーが楽章を追加し17楽章からなる壮大な作品として完成を見ました。レクイエムの定型をとりながらも、さまざまな要素がモザイクのように配置されており、いくつかの異なる国の言葉とグレゴリオ聖歌が入り混じる中、息子を亡くした母親や夫を亡くした未亡人のすすり泣きが織り込まれ、遠くからは第一次世界大戦に巻き込まれた日本やインドを表すモチーフも聞こえてきます。スラットキンは作品に漲る「戦争への怒りと悲しみ」を丁寧にすくい上げ、迫真の音楽として聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。