ホーム > アルバム > 8.574255 ヴラニツキー:管弦楽作品集 2 (チェコ室内管パルドビツェ/シュティレツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574255
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
パウル・ヴラニツキー Paul Wranitzky
アーティスト
マレク・シュティレツ Marek Štilec , チェコ室内管弦楽団パルドビツェ Czech Chamber Philharmonic Orchestra, Pardubice

ヴラニツキー:管弦楽作品集 2 (チェコ室内管パルドビツェ/シュティレツ)

WRANITZKY, P.: Orchestral Works, Vol. 2 (Czech Chamber Philharmonic, Pardubice, Štilec)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574255

全トラック選択/解除

パウル・ヴラニツキー - Paul Wranitzky (1756-1808)

**:**
歌劇「シュライナー」 - 序曲
1.

Der Schreiner: Overture

録音: 25-29 November 2019, The Dukla House Pardubice, Czech Republic
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8382756
 
**:**
交響曲 ニ短調 「嵐」

Symphony in D Minor, "La Tempesta"

録音: 25-29 November 2019, The Dukla House Pardubice, Czech Republic
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8742633
**:**
»  I. Vivace
2.

-

**:**
»  II. Adagio
3.

-

**:**
»  III. Finale, "La Tempesta": Allegro con fuoco
4.

-

 
**:**
交響曲 イ長調 Op. 16, No. 2

Symphony in A Major, Op. 16, No. 2

録音: 25-29 November 2019, The Dukla House Pardubice, Czech Republic
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8742634
**:**
»  I. Allegro molto
5.

-

**:**
»  II. Adagio
6.

-

**:**
»  III. Menuetto: Allegro - Trio
7.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro molto
8.

-

 
**:**
交響曲 ヘ長調 Op. 33, No. 3

Symphony in F Major, Op. 33, No. 3

録音: 25-29 November 2019, The Dukla House Pardubice, Czech Republic
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8742635
**:**
»  I. Andante - Allegro vivace
9.

-

**:**
»  II. Allegretto
10.

-

**:**
»  III. Menuetto: Allegretto - Trio
11.

-

**:**
»  IV. Allegro assai
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2021/07/01
モラヴィア出身の作曲家パウル(パヴェル)・ヴラニツキーの管弦楽作品集第2集。活躍の機会を求めウィーンに定住、オーケストラの指揮者、作曲家として高く評価されました。同い年生まれのモーツァルトとも交友を深め、モーツァルトの死後は未亡人コンスタンツェが亡き夫の作品を出版するための手助けをしたことでも知られています。現在こそ、彼の作品はハイドンやベートーヴェンの影に隠れてしまっていますが、1790年代後半のウィーンで最も重要な交響曲作家とみなされていたヴラニツキー。このアルバムにはオーケストラの豊かな響きを駆使した歌劇《シュライナー》の序曲と、それぞれに対照的な性格を持つ交響曲を3曲収録。交響曲「嵐」はベートーヴェンの「田園」よりも10年以上前に書かれた作品ですが、ティンパニが活躍する嵐の場面には息を呑むほどの迫力があります。コンパクトなサイズの「交響曲イ長調」は初期の作風を代表するもので、「交響曲ヘ長調」は耳なじみのよい主題と巧みなオーケストレーションが映える力作です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。