ホーム > アルバム > 8.574274-75 マネン:ヴァイオリン協奏曲第3番「イベリコ」/交響曲第2番「イベリカ」(バルデラマ/バルセロナ響/ダレル・アン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574274-75
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ジュアン・マネン Joan Manén
アーティスト
ダレル・アン Darrell Ang , バルセロナ交響楽団&カタルーニャ管弦楽団 Barcelona Symphony and Catalonia National Orchestra , アナ・マリア・バルデラマ Ana María Valderrama

マネン:ヴァイオリン協奏曲第3番「イベリコ」/交響曲第2番「イベリカ」(バルデラマ/バルセロナ響/ダレル・アン)

MANÉN, J.: Violin Concerto No. 3, "Ibérico" / Symphony No. 2, "Ibérica" (Valderrama, Barcelona Symphony, Darrell Ang)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574274-75

全トラック選択/解除

Disc 1

ジュアン・マネン - Joan Manén (1883-1971)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第3番 「イベリコ」 Op. A-37

Violin Concerto No. 3, Op. A-37, "Ibérico (sin tono)"

録音: 25–27 June 2018, Pau Casals Hall, L’Auditori, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8095105
**:**
»  I. Allegro energico
1.

-

**:**
»  II. Enlace: Adagio pesante
2.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro con spirito
3.

-

Disc 2

ジュアン・マネン - Joan Manén (1883-1971)

**:**
交響曲第2番 「イベリカ」 Op. A-47

Symphony No. 2, Op. A-47, "Ibérica"

録音: 25–27 June 2018, Pau Casals Hall, L’Auditori, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8095117
**:**
»  I. Andante, quasi adagio
1.

-

**:**
»  II. Allegro scherzando
2.

-

**:**
»  III. Andante pesante
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro molto
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/09/01
知られざる作曲家マネンの作品をダレル・アンの指揮で!】バルセロナ出身の作曲家フアン・マネン(1883-1971)。近代スペインを代表する作曲家アルベニスやグラナドス、ファリャに続く、トゥリーナと同時代の作曲家です。他の作曲家たちがピアノ曲を重視したのに対し、彼は専らヴァイオリニストとして活動し、ドイツを中心に、ヨーロッパからアメリカで4000回以上のリサイタルを行って、同国人のサラサーテを凌駕する才能の持ち主として高く評価されました。一時期は世界的な人気を誇り、1959年、76歳まで演奏活動を続けたマネンですが、公式録音をほとんど残さなかったためか、現在ではほとんど顧みられることがありません。作曲家としては7作の歌劇を始め、数多くの管弦楽曲から歌曲までを残しており、このアルバムに収録された交響曲と協奏曲は、どちらもロマンティックな雰囲気を湛えたスペイン情緒豊かな作品です。2011年のサラサーテ国際コンクールに優勝したスペインの若き奏者バルデラマの伸びやかな音で奏でます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。