ホーム > アルバム > 8.574288 ペンデレツキ:弦楽四重奏曲第1番 - 第4番/壊れた思考/弦楽三重奏曲(ティペット四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574288
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
クシシュトフ・ペンデレツキ Krzysztof Penderecki
アーティスト
ボジダル・ヴコティッチ Bozidar Vukotic , ティペット四重奏団 Tippett Quartet , ジョン・ミルズ John Mills , リディア・ラウンズ=ノースコット Lydia Lowndes-Northcott

ペンデレツキ:弦楽四重奏曲第1番 - 第4番/壊れた思考/弦楽三重奏曲(ティペット四重奏団)

PENDERECKI, K.: Music for String Quartet (Complete) / String Trio (Tippett Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574288

全トラック選択/解除

クシシュトフ・ペンデレツキ - Krzysztof Penderecki (1933-2020)

**:**
弦楽四重奏曲第1番
1.

String Quartet No. 1

録音: 18-19 July 2020, St John the Evangelist Church, Oxford, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8266947
 
**:**
弦楽四重奏曲第2番
2.

String Quartet No. 2

録音: 18-19 July 2020, St John the Evangelist Church, Oxford, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8266948
 
**:**
壊れた思考
3.

Der unterbrochene Gedanke

録音: 18-19 July 2020, St John the Evangelist Church, Oxford, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8266949
 
**:**
弦楽三重奏曲

String Trio

録音: 18-19 July 2020, St John the Evangelist Church, Oxford, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8266950
**:**
»  I. Allegro molto -
4.

-

**:**
»  II. Vivace
5.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第3番 「書かれなかった日記のページ」
6.

String Quartet No. 3, "Leaves from an Unwritten Diary"

録音: 18-19 July 2020, St John the Evangelist Church, Oxford, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8266951
 
**:**
弦楽四重奏曲第4番

String Quartet No. 4

録音: 18-19 July 2020, St John the Evangelist Church, Oxford, England, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8266952
**:**
»  I. Andante
7.

-

**:**
»  II. Vivo
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2021/06/01
20世紀を代表する作曲家ペンデレツキ。1960年代には「広島の犠牲者に捧げる哀歌」などトーンクラスターや微分音を用いた前衛的な作品を書いていましたが、次第に後期ロマン派の様式に傾倒し、21世紀の作品のほとんどは調性感のあるロマンティックな雰囲気を湛えています。作曲時期に50年以上の隔たりがある4曲の弦楽四重奏曲には、その作風の変遷がはっきりと表れており、前衛的な手法で書かれた第1番と、特殊奏法などは用いることなく、悲痛な弦の叫びで始まる第4番を聞き比べるだけでも、ペンデレツキの方向性の変化が感じられることでしょう。リゲティの影響が感じられる第2番、個人的な自伝ともいえる第3番も聴きごたえのある作品です。他には「壊れた思考」と名付けられた小品と、弦楽三重奏曲を収録。現代作品を得意とするティペット四重奏団による演奏です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。