ホーム > アルバム > 8.574310 ヴィラ=ロボス:ヴァイオリン・ソナタ全集(バルディーニ/ロッシ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574310
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
エイトール・ヴィラ=ロボス Heitor Villa-Lobos
アーティスト
エマヌエーレ・バルディーニ Emmanuele Baldini , パブロ・ロッシ Pablo Rossi

ヴィラ=ロボス:ヴァイオリン・ソナタ全集(バルディーニ/ロッシ)

VILLA-LOBOS, H.: Violin Sonatas (Complete) (E. Baldini, P. Rossi)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574310

全トラック選択/解除

エイトール・ヴィラ=ロボス - Heitor Villa-Lobos (1887-1959)

**:**
ソナタ・ファンタジア第1番 「絶望」
1.

Violin Sonata (Fantasia) No. 1, "Désespérance" (Despair)

録音: 7-8 January 2020, Westchester Studios, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8332602
 
**:**
ソナタ・ファンタジア第2番

Violin Sonata (Fantasia) No. 2

録音: 7-8 January 2020, Westchester Studios, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8521955
**:**
»  I. Allegro non troppo
2.

-

**:**
»  II. Largo - Moderato
3.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro final
4.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第3番

Violin Sonata No. 3

録音: 7-8 January 2020, Westchester Studios, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8521956
**:**
»  I. Adagio non troppo
5.

-

**:**
»  II. Allegro vivace scherzando
6.

-

**:**
»  III. Molto animato e final
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2021/07/01
ヴィラ=ロボスが残したヴァイオリン・ソナタはわずかに3曲。しかしこの3曲には、彼のパリ遊学以前の作風の変遷がきわめて鮮やかな形で刻まれている。第1番「絶望」と第2番は、ソナタ・ファンタジアと題された自由な構成のなかで独特のメランコリーを漂わせる傑作。フォーレやドビュッシーなどフランス音楽の影を色濃く宿しながらも、随所にブラジル的な要素が盛り込まれている。白眉は第3番。ヴィラ=ロボスのその後の作品を予感させるような音楽言語が炸裂!その過激さゆえか第3番はコンサートで取り上げられることは稀であるが、このCDを機に実演の機会が増えることを強く願う。それにしても、なんとアヴァンギャルドなヴァイオリン・ソナタ!日本ヴィラ=ロボス協会会長/指揮者木許 裕介

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。