ホーム > アルバム > 8.574366 エルガー:オルガン作品全集(ウィンペニー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574366
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
エドワード・エルガー Edward Elgar
編曲者
アイヴォー・アトキンズ Ivor Atkins , ジョージ・ロバートソン・シンクレア George Robertson Sinclair , ウィリアム・ヘンリー・ハリス William Henry Harris , ジョージ・C・マーティン George Clement Martin
アーティスト
トム・ウィンペニー Tom Winpenny

エルガー:オルガン作品全集(ウィンペニー)

ELGAR, E.: Organ Works (Complete) (Winpenny)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574366

全トラック選択/解除

エドワード・エルガー - Edward Elgar (1857-1934)

**:**
オルガン・ソナタ第1番 Op. 28

Organ Sonata No. 1 in G Major, Op. 28

録音: 14-15 July 2021, Hereford Cathedral, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9330468
**:**
»  I. Allegro maestoso
1.

-

**:**
»  II. Allegretto
2.

-

**:**
»  III. Andante espressivo
3.

-

**:**
»  IV. Presto (comodo)
4.

-

 
**:**
カンティーク Op. 3, No. 1 (オルガン版)
5.

Cantique, Op. 3 (version for organ)

録音: 14-15 July 2021, Hereford Cathedral, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9544593
 
**:**
黒騎士 Op. 25 - 第4場 豪勢な宴会へ(荘厳行進曲、オルガン版)
6.

The Black Knight, Op. 25, Scene 4: To the sumptuous banquet (version for organ as Solemn March)

録音: 14-15 July 2021, Hereford Cathedral, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9544594
 
**:**
晩課のヴォランタリー Op. 14

Vesper Voluntaries, Op. 14

録音: 14-15 July 2021, Hereford Cathedral, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9544595
**:**
»  序奏
7.

-

Introduction

**:**
»  第1曲 アンダンテ
8.

-

No. 1. Andante

**:**
»  第2曲 アレグロ
9.

-

No. 2. Allegro

**:**
»  第3曲 アンダンティーノ
10.

-

No. 3. Andantino

**:**
»  第4曲 アレグレット・ピアチェヴォーレ
11.

-

No. 4. Allegretto piacevole

**:**
»  間奏曲
12.

-

Intermezzo

**:**
»  第5曲 ポーコ・レント
13.

-

No. 5. Poco lento

**:**
»  第6曲 モデラート
14.

-

No. 6. Moderato

**:**
»  第7曲 アレグレット・ペンソーソ
15.

-

No. 7. Allegretto pensoso

**:**
»  第8曲 ポーコ・アレグロ - コーダ
16.

-

No. 8. Poco allegro - Coda

 
**:**
ラフバラー・メモリアル・チャイム(オルガン版)
17.

Loughborough Memorial Chime (version for organ)

録音: 14-15 July 2021, Hereford Cathedral, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9544596
 
**:**
オルガン・ソナタ第2番 Op. 87a (I. アトキンズによる「セヴァーン組曲 Op. 87」からの編曲)

Organ Sonata No. 2, Op. 87a (arr. I. Atkins from Severn Suite, Op. 87)

録音: 14-15 July 2021, Hereford Cathedral, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9544597
**:**
»  I. Introduction
18.

-

**:**
»  II. Toccata -
19.

-

**:**
»  III. Fugue - Cadenza -
20.

-

**:**
»  III. Coda
21.

-

 
**:**
帝国行進曲 Op. 32 (G.C. マーティンによるオルガン編)
22.

Imperial March, Op. 32 (arr. G.C. Martin for organ)

録音: 14-15 July 2021, Hereford Cathedral, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9544600
 
**:**
エニグマ変奏曲 Op. 36 - 第9変奏 ニムロッド(A.J. イェーガー)(W.H. ハリスによるオルガン編)
23.

Variations on an Original Theme, Op. 36, "Enigma": Variation 9: Nimrod (A.J. Jaeger) (arr. W.H. Harris for organ)

録音: 14-15 July 2021, Hereford Cathedral, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9544598
 
**:**
行進曲「威風堂々」 Op. 39 - 第4番 ト長調(G.R. シンクレアによるオルガン編)
24.

5 Military Marches, Op. 39, "Pomp and Circumstance": No. 4 in G Major (arr. G.R. Sinclair for organ)

録音: 14-15 July 2021, Hereford Cathedral, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9544599
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/09/01
「愛の挨拶」などで知られるイギリスの作曲家エドワード・エルガーは、若い頃にヴァイオリン奏者として活動しましたが、故郷のウスターにあるセント・ジョージ・カトリック教会のオルガニストを務めていた時期もあり、彼にとってオルガンは音楽的素養の形成に欠かせない楽器のひとつでもありました。このアルバムでは1895年作曲の「オルガン・ソナタ第1番」を中心に、エルガーのオルガンのためのオリジナル作品すべてと、エルガー自身による編曲、および現代の著名なオルガニスト4人による編曲を聴くことができます。オルガン・ソナタ第1番はアメリカの教会音楽家たちがウスターを訪れた際、エルガーの親友であったオルガニスト、ヒュー・ブレアから依頼を受け書き上げたもの。多彩な音色を駆使した交響的な作品で、一部の主題はエルガーがブレアに献呈したカンタータ『黒騎士』のテーマに似ているといわれています。エルガーの友人であるアイヴァー・アトキンスは「セヴァーン組曲」をオルガン用に編曲することをエルガーに勧めましたが、彼はアレンジすることなく、アトキンスが着手。各々の楽章にタイトルが付いた「オルガン・ソナタ第2番」として仕上げています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。