ホーム > アルバム > 8.574404 ブラジル皇帝ペドロ1世:テ・デウム/クレド(Coro Sinfônico Concentus Musicum de Belo Horizonte/ミナスジェライス・フィル/メケッティ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574404
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ブラジル皇帝ペドロ1世 Pedro I of Brazil,
作詞家
不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text
編曲者
アントニオ・デ・アシス・レプブリカーノ Antônio de Assis Republicano
アーティスト
Coro Sinfônico Concentus Musicum de Belo Horizonte Coro Sinfônico Concentus Musicum de Belo Horizonte , カルラ・コッティーニ Carla Cottini , ルイサ・フランチェスコーニ Luisa Francesconi , リチオ・ブルーノ Licio Bruno , クレイトン・プルジ Cleyton Pulzi , ミナスジェライス・フィルハーモニー管弦楽団 Minas Gerais Philharmonic Orchestra , ファビオ・メケッティ Fabio Mechetti

ブラジル皇帝ペドロ1世:テ・デウム/クレド(Coro Sinfônico Concentus Musicum de Belo Horizonte/ミナスジェライス・フィル/メケッティ)

PEDRO I of BRAZIL: Te Deum / Credo (Concentus Musicum de Belo Horizonte, Minas Gerais Philharmonic, Mechetti)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574404

全トラック選択/解除

ブラジル皇帝ペドロ1世 - Pedro I of Brazil, (1798-1834)

**:**
クレド
1.

Credo

録音: 23-27 May 2022, Sala Minas Gerais, Belo Horizonte, Brazil
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9566704
 
**:**
クレド

Credo

録音: 23-27 May 2022, Sala Minas Gerais, Belo Horizonte, Brazil
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9566704
**:**
»  Et incarnatus
2.

-

**:**
»  Crucifixus
3.

-

**:**
»  Et resurrexit
4.

-

**:**
»  Sanctus - Benedictus
5.

-

**:**
»  Agnus Dei
6.

-

 
**:**
序曲
7.

Abertura (Ouverture)

録音: 23-27 May 2022, Sala Minas Gerais, Belo Horizonte, Brazil
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9592856
 
**:**
テ・デウム(1820)

Te Deum (1820)

録音: 23-27 May 2022, Sala Minas Gerais, Belo Horizonte, Brazil
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9592857
**:**
»  Te Deum
8.

-

**:**
»  Tu Rex gloriae
9.

-

**:**
»  Tu ad liberandum
10.

-

**:**
»  Aperuisti
11.

-

**:**
»  Judex crederis
12.

-

**:**
»  Te ergo
13.

-

**:**
»  Aeterna fac
14.

-

**:**
»  Fiat misericordia
15.

-

 
**:**
ブラジル独立讃歌(A. デ・アシス・レプブリカーノによる合唱と管弦楽編)
16.

Hino da Independência do Brasil (Hymn to the Independence of Brazil) (arr. A. de A. Republicano for choir and orchestra)

録音: 23-27 May 2022, Sala Minas Gerais, Belo Horizonte, Brazil
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9592858
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/09/01
ナポレオン戦争に巻き込まれたポルトガルの政治体制が混乱する中で、ポルトガル王家の王太子ペドロを初代皇帝ペドロ1世としてブラジルが独立したのが1822年9月7日。彼の言葉「独立か死か」はブラジル帝国のスローガンの一つとなりましたが、ペドロ1世は音楽の才能も優れ、「本格的な作曲家」として語ることが出来る歴史上稀な王侯貴族の一人です。当盤収録の「序曲」が1832年にパリで演奏された際は、この曲はロッシーニのものだと信じた聴衆が続出したといいます。長男の洗礼を祝って書かれた「テ・デウム」はオペラを思わせるドラマティックな曲想を持ちます。「クレド」は歓喜に溢れ、ペドロ1世の作品の中でも演奏機会が多い曲の一つ。そして「ブラジル独立讃歌」は1822年から1831年頃までブラジル帝国の国歌として用いられた愛国歌であり、現在でもなおブラジルで愛唱されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。