ホーム > アルバム > 8.574429 シューマン:交響曲第1番、第2番(グスタフ・マーラーによる編曲版)(ウィーン放送響/オルソップ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574429
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ロベルト・シューマン Robert Schumann
編曲者
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
アーティスト
ウィーン放送交響楽団 ORF Vienna Radio Symphony Orchestra , マリン・オルソップ Marin Alsop

シューマン:交響曲第1番、第2番(グスタフ・マーラーによる編曲版)(ウィーン放送響/オルソップ)

SCHUMANN, R.: Symphonies Nos. 1 and 2 (re-orchestrated by G. Mahler) (ORF Vienna Radio Symphony, Alsop)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574429

全トラック選択/解除

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
交響曲第1番 変ロ長調 「春」 Op. 38 (グスタフ・マーラーによる編曲版)

Symphony No. 1 in B-Flat Major, Op. 38, "Spring" (re-orchestrated by G. Mahler)

録音: 20-23 February 2020, Musikverein Wien and ORF Funkhaus Studio 6, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9663630
**:**
»  I. Andante un poco maestoso - Allegro molto vivace
1.

-

**:**
»  II. Larghetto
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Molto vivace
3.

-

**:**
»  IV. Allegro animato e grazioso
4.

-

 
**:**
交響曲第2番 ハ長調 Op. 61 (グスタフ・マーラーによる編曲版)

Symphony No. 2 in C Major, Op. 61 (re-orchestrated by G. Mahler)

録音: 20-23 February 2020, Musikverein Wien and ORF Funkhaus Studio 6, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9663631
**:**
»  I. Sostenuto assai - Allegro ma non troppo
5.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro vivace
6.

-

**:**
»  III. Adagio espressivo
7.

-

**:**
»  IV. Allegro molto vivace
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/10/01
【オルソップ&ウィーン放送響が挑む、マーラー版のシューマン: 交響曲全集、第1弾】ドイツ・ロマン派を代表する作曲家ロベルト・シューマンが完成させた交響曲は4曲ありますが、これらを近代以降のオーケストラで演奏すると、音が濁ったり、バランスが取れなかったりすることが多く、指揮者泣かせの曲と言われてきました。この難題に大胆な回答を出したのが、作曲家にして当代屈指の名指揮者でもあったマーラー。彼の時代のオーケストラで聴き映えがするよう、4曲の交響曲のスコアに数多くの改変やカットを加えました。それらの多くは打楽器や金管の増減などによってマーラーが重要と見なすモチーフを補強し、そうでないと考えた部分を抑えるというものでしたが、今ではシューマン自身の意図した響きではないと批判される傾向があります。オルソップはマーラーのオーケストレーションを再評価すべく、ウィーン放送響と全4曲を収録。第1弾となるこのアルバムには第1番と第2番が収録されています。シューマンがたった4日でスケッチを完成させたという第1番。曲に付された副題の「春」は、当時のシューマンが関心を抱いていたドイツの詩人アドルフ・ベルガーの詩から発想したもので、1841年にメンデルスゾーンの指揮するライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団で初演されました。その際、楽器の機能上の制約からファンファーレの音程を変更していますが、マーラーはこれをシューマンが当初考えた通りに戻しています。第2番は1846年に完成し、同じくメンデルスゾーンとライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が初演を行いました。マーラーは楽器編成を変更した他、終楽章のコーダに大幅なカットを施していますが、このオルソップの演奏ではカットは採用していません。※国内仕様盤には相場ひろ氏による日本語解説が付属します。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。