ホーム > アルバム > 8.574579 ブゾーニ:ピアノ作品集 12 - 前奏曲とフーガ ハ長調/ピアノ・ソナチネ第1番、第2番、第4番/クリスマスの夜/3つのアルバムの綴り(ハーデン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.574579
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フェルッチョ・ブゾーニ Ferruccio Busoni
アーティスト
ヴォルフ・ハーデン Wolf Harden

ブゾーニ:ピアノ作品集 12 - 前奏曲とフーガ ハ長調/ピアノ・ソナチネ第1番、第2番、第4番/クリスマスの夜/3つのアルバムの綴り(ハーデン)

BUSONI, F.: Piano Music, Vol. 12 - Piano Sonatinas Nos. 1, 2, 4 / Prelude and Fugue in C Major / Nuit de noël / 3 Albumblätter (Harden)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.574579

全トラック選択/解除

フェルッチョ・ブゾーニ - Ferruccio Busoni (1866-1924)

**:**
前奏曲とフーガ ハ長調 Op. 36

Prelude and Fugue in C Major, Op. 36

録音: 20 April 2023, Wyastone Concert Hall, Monmouth, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10286691
**:**
»  前奏曲
1.

-

Prelude

**:**
»  フーガ
2.

-

Fugue

 
**:**
ソナチネ第1番
3.

Piano Sonatina No. 1

録音: 20 April 2023, Wyastone Concert Hall, Monmouth, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10287677
 
**:**
ソナチネ第2番
4.

Piano Sonatina No. 2

録音: 20 April 2023, Wyastone Concert Hall, Monmouth, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10287678
 
**:**
シェーンベルク:3つのピアノ曲 Op. 11 - 第2曲 Mäßige
5.

Schoenberg - 3 Klavierstücke, Op. 11: No. 2. Mäßige

録音: 21 April 2023, Wyastone Concert Hall, Monmouth, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10287679
 
**:**
ソナチネ第4番「キリスト生誕1917年の日に」
6.

Piano Sonatina No. 4, "in diem nativitatis Christi MCMXVII"

録音: 21 April 2023, Wyastone Concert Hall, Monmouth, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10287680
 
**:**
クリスマスの夜
7.

Nuit de noël

録音: 20 April 2023, Wyastone Concert Hall, Monmouth, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10287681
 
**:**
3つのアルバムの綴り

3 Albumblätter

録音: 21 April 2023 , Wyastone Concert Hall, Monmouth, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/10287682
**:**
»  第1番 アンダンティーノ・ソステヌート
8.

-

No. 1. Andantino sostenuto

**:**
»  第2番 アンダンテ
9.

-

No. 2. Andante

**:**
»  第3番 ソステヌート・レリジョーソ「コラール前奏曲風に」
10.

-

No. 3. Sostenuto religioso, "In der Art eines Choralvorspiels"

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2024/06/01
フェルッチョ・ブゾーニはイタリア生まれですが、その生涯のほとんどをドイツで過ごし、晩年はベルリン芸術アカデミーで作曲の教鞭もとっていました。彼はリストを尊敬していたヴィルトゥオーソ・ピアニストで、そのピアノ作品は高水準の出来栄えを示しています。このピアノ作品集第12集は、3つのソナチネとその他の作品を収録しています。冒頭に置かれた「前奏曲とフーガ ハ長調」は初期の重要作「24の前奏曲」と同時期の作品。10代の作品でありながら、すでに成熟した仕上がりを見せています。1910年代に書かれた3つのソナチネは、どれも短いながらも技巧的で意欲的な作品。自作を上手く転用しつつ変奏曲形式で書かれた第1番、調号や拍子記号、さらにはほとんどの小節線までもが省かれた第2番(これは1902年にシェーンベルクから楽譜が送られ、ブゾーニ自身が演奏会ヴァージョンとしてさまざまな拡張を試みた「3つのピアノ曲」に触発され書かれたものです)。シチリアとドイツのキャロルが控え目に引用された比較的穏やかな第4番。ここには1908年に書かれた「クリスマスの夜」との共通性も見られます。最後に置かれた「アルバムの綴り」はブゾーニの最も厳格かつ深遠な作品の一つです。シリーズを通じてドイツのピアニスト、ヴォルフ・ハーデンが演奏を担当しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。