ホーム > アルバム > 8.578186 ヴィヴィッド・ヴィオラ

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.578186
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ウィリアム・ウォルトン William Walton , アンリ・ヴュータン Henry Vieuxtemps , ジョルジェ・エネスク George Enescu , レベッカ・クラーク Rebecca Clarke , ゾルターン・コダーイ Zoltán Kodály , ロベルト・シューマン Robert Schumann , カール・シュターミッツ Carl Stamitz , ゲオルク・フィリップ・テレマン Georg Philipp Telemann , ベーラ・バルトーク Béla Bartók , パウル・ヒンデミット Paul Hindemith , ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms , セルゲイ・プロコフィエフ Sergey Prokofiev , ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven , エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
編曲者
ワジム・ボリソフスキー Vadim Borisovsky
アーティスト
乾まどか Madoka Inui , リヒャルト・エトリンガー Richard Edlinger , カペラ・イストロポリターナ Capella Istropolitana , ヘレン・カルス Helen Callus , スティーヴン・ガンゼンハウザー Stephen Gunzenhauser , ラディスラフ・キセラーク Ladislav Kyselák , マリア・クリーゲル Maria Kliegel , ローベルト・ケーニヒ Robert Koenig , ヤーノシュ・コヴァーチュ Janos Kovacs , リヴカ・ゴラーニ Rivka Golani , ハンンリヒ・コル Heinrich Koll , マーカンド・ザーカー Markand Thakar , サンディエゴ交響楽団 San Diego Symphony Orchestra , シャオ・ホンメイ Hong-Mei Xiao , マシュー・ジョーンズ Matthew Jones , ドミートリー・シンコフスキー Dmitry Sinkovsky , マルコ・デシオ・タッデイ Marc Decio Taddei , ヨアフ・タルミ Yoav Talmi , ロジャー・チェイス Roger Chase , ヴィクトリア・チャン Victoria Chiang , タベア・ツィンマーマン Tabea Zimmermann , ロベルト・ディアス Roberto Díaz , ジェレミー・デンク Jeremy Denk , 西崎崇子 Takako Nishizaki , ニュージーランド交響楽団 New Zealand Symphony Orchestra , アーポ・ハッキネン Aapo Häkkinen , マイケル・ハンプソン Michael Hampton , アンソニー・ヒューイット Anthony Hewitt , ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団 Budapest Philharmonic Orchestra , サラ=ジェーン・ブラッドリー Sarah-Jane Bradley , ボルティモア室内管弦楽団 Baltimore Chamber Orchestra

ヴィヴィッド・ヴィオラ

VIVID VIOLA - Best Loved Classical Viola Music

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.578186

全トラック選択/解除

ゲオルク・フィリップ・テレマン - Georg Philipp Telemann (1681-1767)

**:**
ヴィオラ協奏曲 ト長調 TWV 51:G9

Viola Concerto in G Major, TWV 51:G9

録音: 2-3 June 1988, Moyzes Hall, Bratislava, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7269603
**:**
»  Viola Concerto in G Major, TWV 51:G9: II. Allegro
1.

-

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
ヴィオラ協奏曲 BB 128 (ティボール・シェルイによる補完版 1949)
2.

Viola Concerto, Sz. 120: II. Adagio religioso (completed by Tibor Serly, 1949)

録音: 6-13 April 1997, Concert Hall of the Szt. Istvan Conservatorium, Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271592

ゾルターン・コダーイ - Zoltán Kodály (1882-1967)

**:**
ファンタジア・クロマティカ(J.S. バッハの半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV 903による)
3.

Fantasia cromatica (after J.S. Bach's Chromatic Fantasia and Fugue in D Minor, BWV 903)

録音: 4-5 January, 3-4 June 2007, Potton Hall, Westleton, Suffolk, England, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271593

アンリ・ヴュータン - Henry Vieuxtemps (1820-1881)

**:**
ヴィオラ・ソナタ 変ロ長調 Op. 36 - 第2楽章 舟歌(アンダンテ・コン・モート)
4.

Viola Sonata in B-Flat Major, Op. 36: II. Barcarolla: Andante con moto

録音: 16th to 19th February, 2001, The Toronto Centre for the Arts, Toronto, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271594

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
イタリアのハロルド Op. 16 - 第3楽章 アブルッチの山人が、その愛人によせるセレナード(アレグロ・アッサイ)
5.

Harold in Italy, Op. 16: III. Serenade d'un montagnard des Abruzzes a sa maitresse: Allegro assai

録音: 13-14 May 1995, Copley Symphony Hall, San Diego, California
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271595

パウル・ヒンデミット - Paul Hindemith (1895-1963)

**:**
ヴィオラ・ソナタ Op. 11, No. 4 - 第1楽章 幻想曲(Ruhig)
6.

Viola Sonata Op. 11, No. 4: I. Fantasie: Ruhig

録音: 19 - 22 May 2004, ORF-Funkhaus, Studio 2, Argentinierstrasse 30a, A-1040 Vienna
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271596

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
ヴィオラとチェロのための二重奏曲 変イ長調 「2つのオブリガート眼鏡付き」 WoO 32 - 第2楽章 メヌエット
7.

Duo in E-Flat Major for Viola and Cello, WoO 32, "Mit 2 obligaten Augengläsern" (With 2 Obbligato Eyeglasses): II. Minuetto

録音: 24-26 February 2003 and 29 March 2004, Clara-Wieck-Auditorium, Sandhausen, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271597

ロベルト・シューマン - Robert Schumann (1810-1856)

**:**
おとぎの絵本 Op. 113 - 第1曲 Nicht schnell (ヴィオラとピアノ版)
8.

Märchenbilder, Op. 113: I. Nicht schnell (version for viola and piano)

録音: 3-6 April 2017, Vihti Church, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271598

レベッカ・クラーク - Rebecca Clarke (1886-1979)

**:**
ヴィオラ・ソナタ - 第1楽章 インペトゥオーソ
9.

Viola Sonata: I. Impetuoso

録音: 25-27 February 2008, The Great Hall, University of Reading, United Kingdom
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271599

カール・シュターミッツ - Carl Stamitz (1745-1801)

**:**
ヴィオラ協奏曲第1番 ニ長調 - 第2楽章 アンダンテ・モデラート
10.

Viola Concerto No. 1 in D Major: II. Andante moderato

録音: 5-6, 18-19 May 2009, Goucher College, Kraushaar Auditorium, Towson, Maryland, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271600

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
ヴィオラ・ソナタ第1番 ヘ短調 Op. 120 - 第4楽章 ヴィヴァーチェ
11.

Viola Sonata No. 1 in F Minor, Op. 120: IV. Vivace

録音: 27-28 August 2008, Glenn Gould Studio, Canadian Broadcasting Centre, Toronto, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271601

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
バレエ音楽「ロメオとジュリエット」 Op. 64 - 第1幕 序奏(V. ボリソフスキーによるヴィオラとピアノ編)
12.

Romeo and Juliet, Op. 64: Act I: Introduction (arr. V. Borisovsky for viola and piano)

録音: 27-28 February, 30 April 2009, Wyastone Hall, Wyastone Leys, Monmouth, Gwent, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271602

ジョルジェ・エネスク - George Enescu (1881-1955)

**:**
ヴィオラとピアノのための演奏会用小品
13.

Concertstück, "Pièce de concert"

録音: 24-25 July 2008, Potton Hall, Westleton, Saxmundham, Suffolk, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271603

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
協奏交響曲 変ホ長調 K. 364 - 第3楽章 プレスト
14.

Sinfonia Concertante in E-Flat Major, K. 364: III. Presto

録音: 4-8 November 1989, Moyzes Hall, Bratislava
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271604

ウィリアム・ウォルトン - William Walton (1902-1983)

**:**
ヴィオラ協奏曲 - 第2楽章 ヴィーヴォ、コン・モルト・プレチーソ(1962年版)
15.

Viola Concerto: II. Vivo, con molto preciso (1962 version)

録音: 9-11 February 2005, Michael Fowler Centre Auditorium, Wellington, New Zealand
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271605
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/06/01
ヴァイオリンほど華やかではなく、チェロのような存在感はなく、コントラバスのようにジャズなどでも活躍することはなく、とにかく「地味な弦楽器」として扱われてしまうヴィオラ。しかし豊かな表現力と、味わい深い音色を持ち、オーケストラの中でも「中音域を支える立役者」として大切な役割を担っています。古典派以前の時代には、ヴァイオリンやチェロのようには独奏楽器として扱われることはあまりありませんでしたが、20世紀になると自らが優れたヴィオラ奏者だったヒンデミットを筆頭に、「ヴィオラのための作品」は数多く書かれており、現代ではコンサートホールでも中心的役割を果たすことができるようになりました。このアルバムではテレマンからウォルトンまで、多彩な作曲家によるヴィオラ作品を聴くことができます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。