ホーム > アルバム > 8.579002 カサブランカス:ダーク・バックワード・オブ・タイム/後奏曲/愛の詩/3つのエピグラム(バルセロナ響&カタルーニャ管/コンデ)

カサブランカス:ダーク・バックワード・オブ・タイム/後奏曲/愛の詩/3つのエピグラム(バルセロナ響&カタルーニャ管/コンデ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.579002
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ベネト・カサブランカス Benet Casablancas
作詞家
Miquel Marti i Pol
アーティスト
サルヴァドール・マス・コンデ Salvador Mas-Conde , オフェーリア・サラ Ofelia Sala , バルセロナ交響楽団&カタルーニャ管弦楽団 Barcelona Symphony and Catalonia National Orchestra

カサブランカス:ダーク・バックワード・オブ・タイム/後奏曲/愛の詩/3つのエピグラム(バルセロナ響&カタルーニャ管/コンデ)

CASABLANCAS, B.: Dark Backward of Time (The) / 3 Epigrams / Postlude / Love Poem (Barcelona Symphony and Catalonia National Orchestra, Mas-Conde)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.579002

全トラック選択/解除

ベネト・カサブランカス - Benet Casablancas (1956-)

**:**
ダーク・バックワード・オブ・タイム
1.

The Dark Backward of Time

録音: 25-28 June 2007, Sala Pau Casals, L'Auditori, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/368552
 
**:**
3 Epigrames (Epigrams)

録音: 25-28 June 2007, Sala Pau Casals, L'Auditori, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/432599
**:**
»  No. 1. Allegro - Exultant (Esultante)
2.

-

**:**
»  No. 2. Molto lento - Nocturn (Notturno)
3.

-

**:**
»  No. 3. Finale: Allegro assai - Giocoso
4.

-

 
**:**
Postludi (Postlude)
5.
録音: 25-28 June 2007, Sala Pau Casals, L'Auditori, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/432600
 
**:**
Poema de amor (Love Poem)
6.
録音: 25-28 June 2007, Sala Pau Casals, L'Auditori, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/432601
 
**:**
イントラーダ
7.

Intrada sobre el nom de DALI

録音: 25-28 June 2007, Sala Pau Casals, L'Auditori, Barcelona, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/432602
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/06/01
1956年、バルセロナ生まれの現代作曲家カサブランカスの管弦楽作品集です。ハムレットの7つの情景(8.579004)も衝撃的な音色に満ちていましたが、こちらも負けてはいません。アルバム・タイトル曲の「過ぎ去った暗黒の時」は、バルセロナ交響楽団とカタロニア全国オーケストラ(OBC)によって委嘱された作品です。暗示に満ちた不可解なタイトルですが、この曲もやはりシェークスピアへの賛辞が込められているといいます。ただ、それはとても抽象的であり、どちらかというと先入観にとらわれることなく、音の響きを純粋に楽しむべく作品と言えるでしょう。演奏には大編成のオーケストラを必要としますが、瞬間になっている音は少なめで、透明感溢れる室内楽的な静けささえ感じさせる不思議な肌触りを持っています。他には比較的有名な「3つの警句」を始めとした興味深い作品が収録されています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。