ホーム > アルバム > 8.579009 アッティラ:交響曲第2番「ガリポリ - 第57連隊」(アフスカル/シェンレル/ビルケント響/テュズュン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.579009
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ジャン・アッティラ Can Atilla
作詞家
ムスタファ・ケマル・アタテュルク Mustafa Kemal Atatürk , ジョン・ル・ゲ・ブレルトン John Le Gay Brereton
アーティスト
アンゲラ・アフスカル Angela Ahıskal , オヌル・シェンレル Onur Şenler , ブラク・テュズュン Burak Tüzün , ビルケント交響楽団 Bilkent Symphony Orchestra

アッティラ:交響曲第2番「ガリポリ - 第57連隊」(アフスカル/シェンレル/ビルケント響/テュズュン)

ATILLA, C.: Symphony No. 2, "Gallipoli - The 57th Regiment" (Ahıskal, Şenler, Bilkent Symphony Orchestra, Tüzün)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.579009

全トラック選択/解除

ジャン・アッティラ - Can Atilla (1969-)

**:**
交響曲第2番 ハ短調 「ガリポリ - 第57連隊」

Symphony No. 2 in C Minor, "Gallipoli - The 57th Regiment"

録音: 27-29 April 2015, Bilkent Concert Hall, Ankara, Turkey
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/5266220
**:**
»  I. Allegro moderato maestoso
1.

-

**:**
»  II. Adagio appassionata
2.

-

**:**
»  III. Marcia funebre: Andante angoscioso
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Andante con moto - Vivace furioso - Adagio
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/12/01
このアルバムのタイトルになっている「ガリポリの戦い」は第一次世界大戦中、イスタンブール占領を目指した連合軍がダーダネルス海峡の西側のガリポリ半島に対して行った上陸作戦を指す言葉。当時弱体化していたオスマン帝国軍の制圧については楽勝と思われていた戦いに対し、オスマン帝国の指揮官ムスタファ・ケマル・アタテュルクの元に結託したオスマン帝国軍の抵抗は固く、連合軍は多大な損害を出して撤退することとなったという史実です。2012年にこの物語が映画化される際、映画音楽を担当したのが、作曲家アッティラでした。アッティラはその後、このスコアを交響曲として再構築し、この戦いで悲劇的な死を遂げた第57連隊とオーストラリアおよびニュージーランド合同の軍事組織アンザックの兵士たち、他、多くの人々へ捧げられています。独奏チェロとソプラノ独唱が効果的に用いられており、終楽章ではベートーヴェンを思わせる平和への讃歌で曲を閉じるという感動的な作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。