ホーム > アルバム > 8.579051 C. シューマン/メナジェ:ホルンとピアノのための作品集(ハルスドルフ/白木加絵)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.579051
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
カミロ・シューマン Camillo Schumann , ローラン・メナジェ Laurent Ménager
アーティスト
白木加絵 Kae Shiraki , レオ・ハルスドルフ Leo Halsdorf

C. シューマン/メナジェ:ホルンとピアノのための作品集(ハルスドルフ/白木加絵)

SCHUMANN, C. / MÉNAGER, L.: Horn and Piano Works (Halsdorf, Kae Shiraki)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.579051

全トラック選択/解除

カミロ・シューマン - Camillo Schumann (1872-1946)

**:**
ホルン・ソナタ第2番 ニ長調 Op. posth.

Horn Sonata No. 2 in D Major, Op. posth.

録音: 20-23 August 2018, Conservatory of Music Auditorium, Luxembourg City, Luxembourg
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7511669
**:**
»  I. Andante sostenuto - Allegro con anima
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Menuett: Moderato
3.

-

**:**
»  IV. Allegro molto con brio
4.

-

 
**:**
3つのリサイタル用小品 Op. 82

3 Vortragsstücke (Recital Pieces), Op. 82

録音: 20-23 August 2018, Conservatory of Music Auditorium, Luxembourg City, Luxembourg
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7511745
**:**
»  第1曲 ロマンス
5.

-

No. 1. Romanze

**:**
»  第2曲 間奏曲
6.

-

No. 2. Intermezzo

**:**
»  第3曲 狩りの小品
7.

-

No. 3. Jagdstück

 
**:**
ホルン・ソナタ第1番 ヘ長調 Op. 118

Horn Sonata No. 1 in F Major, Op. 118

録音: 20-23 August 2018, Conservatory of Music Auditorium, Luxembourg City, Luxembourg
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7511746
**:**
»  I. Andante sostenuto - Allegro moderato
8.

-

**:**
»  II. Andante cantabile - un poco adagio - Tempo I
9.

-

**:**
»  III. Allegro con brio
10.

-

ローラン・メナジェ - Laurent Ménager (1835-1902)

**:**
山上で Op. 35 (ホルンとピアノ版)
11.

Sur la montagne, Op. 35 (version for horn and piano)

録音: 20-23 August 2018, Conservatory of Music Auditorium, Luxembourg City, Luxembourg
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7511747
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/10/01
ザクセン出身のカミロ・シューマンは、カール・ライネッケに師事し音楽の基礎を学びました。その後はベルリン音楽大学に進み、クララ・シューマンの異父弟であるヴォルデマール・バルギールとロバート・ラデッケのもとで更なる研鑽を積み、オルガニストとしてデビュー。後に作曲家に転向しました。彼の作品はドイツロマン派の伝統を遵守しながらも、晩年にはシェーンベルクやストラヴィンスキーなどの先進的な作風も取り入れた折衷的な作風を持っていますが、このホルンのための作品は明らかにロマンティックな様式を備えており、時にはまるで古典派作品であるかのような端正な佇まいを見せています。最後に添えられているのは、ルクセンブルクの作曲家メナジェの小品。まさに「山上」の荘厳な景色を思わせる雄大な作品です。ルクセンブルク出身のホルン奏者レオ・ハルスドルフの表現豊かな演奏に加え、ルクセンブルクに拠点を置き活躍するピアニスト白木加絵の絶妙な伴奏も聴きどころです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。