ホーム > アルバム > 8.579056 バラダ:カプリチョス第6番、第7番/二重協奏曲(イヴァノフ)

バラダ:カプリチョス第6番、第7番/二重協奏曲(イヴァノフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.579056
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 協奏曲
作曲家
レオナルド・バラダ Leonardo Balada
アーティスト
イヴァン・イヴァノフ Ivan Ivanov , アーバーク・エリュルマズ Erberk Eryılmaz , アニー・ゴードン Annie Gordon , レータ・チン Leta Chin , レベッカ・ブッシュ Rebecca Bush , ヤコブ・ポラチク Jacob Polaczyk , グレータ・ムトルー Greta Mutlu , ジェフリー・ラーソン Geoffrey Larson , サラ・リー Sarah Lee , クリスティーン・ロミンスキ Kristine Rominski

バラダ:カプリチョス第6番、第7番/二重協奏曲(イヴァノフ)

BALADA, L.: Clarinet Works - Caprichos Nos. 6 and 7 / Double Concerto (Ivanov, Rominski, Polaczyk, Eryılmaz, Larson)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.579056

全トラック選択/解除

レオナルド・バラダ - Leonardo Balada (1933-)

**:**
カプリチョス第7番 「ラ・タララの幻想集」

Caprichos No. 7, "Fantasies of La Tarara"

録音: 25 April 2013, Vlahakis Recording Studio, Carnegie Mellon University, Pennsylvania, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7638100
**:**
»  第1曲 オブセシオーネス
1.

-

I. Obsesiones (Obsessions)

**:**
»  第2曲 ソルプレサス
2.

-

II. Sorpresas (Surprises)

**:**
»  第3曲 インティモ
3.

-

III. Íntimo (Intimate)

**:**
»  第4曲 フレネシ
4.

-

IV. Frenesí (Frenzy)

 
**:**
カプリチョス第6番

Caprichos No. 6

録音: 11 April 2013, Vlahakis Recording Studio, Carnegie Mellon University, Pennsylvania, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7638101
**:**
»  第1曲 エノホ
5.

-

I. Enojo (Anger)

**:**
»  第2曲 ラグリマス
6.

-

II. Lágrimas (Tears)

**:**
»  第3曲 アングスティアス
7.

-

III. Angustias (Anguish)

**:**
»  第4曲 エスカロフリオス
8.

-

IV. Escalofríos (Shivers)

 
**:**
オーボエとクラリネットのための二重協奏曲(フルート、クラリネットとピアノ版)
9.

Double Concerto for Oboe and Clarinet (version for flute, clarinet and piano)

録音: 18 April 2013, Vlahakis Recording Studio, Carnegie Mellon University, Pennsylvania, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7638102
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/02/01
バルセロナ出身の作曲家レオナルド・バラダ。彼の創造的なスタイルは「音楽における“ダリのシュールレアリズム”」と名付けられています。彼の代表作のひとつである「カプリチョス」は様々な様式によって書かれた自由奔放な作品集。タイトルはスペインの偉大な画家、ゴヤのエッチング集「ロス・カプリチョス」に由来しており、スペインの民族意識が強く反映されながらも、現代的な要素も併せ持つアヴァンギャルドな作品群です。クラリネット奏者のイヴァン・イヴァノフはバラダのカプリチョスを特別な作品として認識しており、クラリネットが多用された「第6番」と「第7番」を自身で演奏することを試みました。NAXOSにはすでにこの作品の録音があり、(8.579036)聴き比べるのも面白いことでしょう。オーボエ・パートをフルートに置き換えた二重協奏曲では、斬新な響きとメキシコの舞曲が溶け合う、ユニークな音の交錯が楽しめます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。