ホーム > アルバム > 8.579078 フランセ/ピアソラ/ミヨー/ヴィラ=ロボス/デリヴェラ:サクソフォンとピアノのために作品集(リゴー/レープ=グリル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.579078
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
エイトール・ヴィラ=ロボス Heitor Villa-Lobos , パキート・デリヴェラ Paquito D'Rivera , アストル・ピアソラ Astor Piazzolla , ジャン・フランセ Jean Françaix , モーリス・ホイットニー Maurice C. Whitney , ダリウス・ミヨー Darius Milhaud
編曲者
マルコ・リソ Marco Rizo
アーティスト
シャーンドル・リゴー Sándor Rigó , クリスティナ・レープ=グリル Christina Leeb-Grill

フランセ/ピアソラ/ミヨー/ヴィラ=ロボス/デリヴェラ:サクソフォンとピアノのために作品集(リゴー/レープ=グリル)

D'RIVERA, P. / FRANÇAIX, J. / MILHAUD, D. / PIAZZOLLA, A. / VILLA-LOBOS, H.: Works for Saxophone and Piano (Latin American Dances) (Rigó, Leeb-Grill)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.579078

全トラック選択/解除

ジャン・フランセ - Jean Françaix (1912-1997)

**:**
5つの異国風舞曲

5 Danses Exotiques

録音: 25-27 September 2020, Hungaroton-Fotex Studio Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8425783
**:**
»  第1曲 パンビッシェ
1.

-

No. 1. Pambiche

**:**
»  第2曲 バイヨン
2.

-

No. 2. Baiao

**:**
»  第3曲 マンボ
3.

-

No. 3. Mambo

**:**
»  第4曲 サンバ・レント
4.

-

No. 4. Samba lenta

**:**
»  第5曲 メレンゲ
5.

-

No. 5. Merengue

アストル・ピアソラ - Astor Piazzolla (1921-1992)

**:**
タンゴ-エチュード集 (アルト・サクソフォンとピアノ版)

Tango-Études (version for alto saxophone and piano)

録音: 25-27 September 2020, Hungaroton-Fotex Studio Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8862188
**:**
»  第1番 デシーデ
6.

-

No. 1. Décidé

**:**
»  第2曲 テンポ・タンゴ・ペザンテ、アンクセー・エト・ルバート
7.

-

No. 2. Tempo Tango pesante. Anxieux et rubato

**:**
»  第3曲 モルト・マルカート・エ・エネルジコ
8.

-

No. 3. Molto marcato e energico

ダリウス・ミヨー - Darius Milhaud (1892-1974)

**:**
スカラムーシュ Op. 165b

Scaramouche, Op. 165c (version for alto saxophone and piano)

録音: 25-27 September 2020, Hungaroton-Fotex Studio Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8862189
**:**
»  第1曲 ヴィフ
9.

-

I. Vif

**:**
»  第2曲 モデレ
10.

-

II. Modéré

**:**
»  第3曲 ブラジレイラ
11.

-

III. Brazileira

モーリス・ホイットニー - Maurice C. Whitney (1909-1984)

**:**
ルンバ
12.

Rumba

録音: 25-27 September 2020, Hungaroton-Fotex Studio Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8862190

エイトール・ヴィラ=ロボス - Heitor Villa-Lobos (1887-1959)

**:**
ファンタジア Op. 630 (サクソフォンとピアノ編)

Fantasia, Op. 630 (version for saxophone and piano)

録音: 25-27 September 2020, Hungaroton-Fotex Studio Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8862191
**:**
»  第1曲 アニメ
13.

-

I. Animé

**:**
»  第2曲 レント
14.

-

II. Lent

**:**
»  第3曲 トレ・アニメ
15.

-

III. Très animé

アストル・ピアソラ - Astor Piazzolla (1921-1992)

**:**
タンゴ-エチュード集 (アルト・サクソフォンとピアノ版)

Tango-Études (version for alto saxophone and piano)

録音: 25-27 September 2020, Hungaroton-Fotex Studio Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8862192
**:**
»  第5番 4分音符=120
16.

-

No. 5. quarter note = 120

**:**
»  第4曲 レント・メディタティーヴォ
17.

-

No. 4. Lento meditativo

**:**
»  第6曲 不安な気持ちで
18.

-

No. 6. Avec anxiété

パキート・デリヴェラ - Paquito D'Rivera (1948-)

**:**
舞踏への勧誘(ソプラノ・サクソフォンとピアノ版)
19.

Invitación al Danzón (version for soprano saxophone and piano)

録音: 25-27 September 2020, Hungaroton-Fotex Studio Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8862193
 
**:**
ベネズエラのワルツ(M. リツォによるアルト・サクソフォンとピアノ編)
20.

Vals venezolano (arr. M. Rizo for alto saxophone and piano)

録音: 25-27 September 2020, Hungaroton-Fotex Studio Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8862194
 
**:**
コントラダンス(M. リソによるアルト・サクソフォンとピアノ編)
21.

Contradanza (arr. M. Rizo for alto saxophone and piano)

録音: 25-27 September 2020, Hungaroton-Fotex Studio Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8862195
 
**:**
カイエンの花(ソプラノ・サクソフォンとピアノ版)
22.

La Fleur de Cayenne (version for soprano saxophone and piano)

録音: 25-27 September 2020, Hungaroton-Fotex Studio Budapest, Hungary
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8862196
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2021/08/01
ブダペスト出身のサックス奏者シャンドール・リゴーとオーストリア出身のピアニスト、クリスティナ・レープ=グリルが奏でるデュオ・アルバム。コンセプトはジャン・フランセの小品「musique pour faire plaisir=愉しみの音楽」から採られており、ミヨーの「スカラムーシュ」からピアソラの「タンゴ=エチュード」まで楽しく心躍る小品が選ばれています。どの曲も洗練されたラテンのリズムに支えられていながら、作曲家によって個性はさまざま。多彩な作品を楽しむことができます。キューバ出身、ラテン・ジャズとクラシックでグラミー賞を受賞した作曲家、パキート・デリヴェラの4作は世界初録音。「Invitacion al Danzon 舞踏への勧誘」は、原曲こそクラリネット・トリオのために書かれた作品ですが、この録音のためにリゴーによるインプロヴィゼーションの場が設けられているなどの新たに編曲が施されています。他にはキューバのギタリスト、アントニオ・ラウロとピアニスト、エルネスト・レクオーナへのオマージュとして書かれた「ベネズエラのワルツ」や「コントラダンス」、速いテンポとさまざまなリズムが交錯する「カイエンの花」など、ジャズ風な趣きを持つ曲を楽しめます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。