ホーム > アルバム > 8.579086 レグレンツィ:聖母マリアのリタニとアンティフォナ Op. 7 (ノーヴァ・アルス・カンタンディ/ヴァロッティ/アッチャイ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.579086
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ジョヴァンニ・バッティスタ・レグレンツィ Giovanni Legrenzi
作詞家
聖書 Bible , 不詳 Anonymous , ヘルマヌス・コントラクトゥス Hermann of Reichenau,
アーティスト
ジョヴァンニ・アッチャイ Giovanni Acciai , イヴァーナ・ヴァロッティ Ivana Valotti , アレッサンドロ・カルミニャーニ Alessandro Carmignani , ノーヴァ・アルス・カンタンディ Nova Ars Cantandi

レグレンツィ:聖母マリアのリタニとアンティフォナ Op. 7 (ノーヴァ・アルス・カンタンディ/ヴァロッティ/アッチャイ)

LEGRENZI, G.: Compiete con le lettanie et antifone della Beata Vergine a 5, Op. 7 (Nova Ars Cantandi, Valotti, Acciai)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.579086

全トラック選択/解除

**:**
聖母マリアのリタニとアンティフォナ Op. 7

Compiete con le lettanie et antifone della Beata Vergine a 5, Op. 7

録音: 23-25 April 2018, Palatine Basilica of Santa Barbara, Mantua, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/8035915
**:**
»  Iube, domne, benedicere
1.

-

**:**
»  Confiteor Deo omnipotenti
2.

-

**:**
»  Psalmus 85 (84): Converte nos, Deus
3.

-

**:**
»  Psalmus 4: Cum invocarem
4.

-

**:**
»  Psalmus 31 (30): In te, Domine, speravi
5.

-

**:**
»  Psalmus 91 (90): Qui habitat in adjutorio Altissimi
6.

-

**:**
»  Psalmus 134 (133): Ecce nunc, benedicite Dominum
7.

-

**:**
»  Hymnus: Te lucis ante terminum
8.

-

**:**
»  Responsorium brevis: In manus tuas, Domine
9.

-

**:**
»  Canticum Simeonis: Nunc dimittis servum tuum, Domine
10.

-

**:**
»  Litaniae Beatae Mariae Virginis
11.

-

**:**
»  Antiphona mariana: Alma Redemptoris mater
12.

-

**:**
»  Antiphona mariana: Ave, Regina caelorum
13.

-

**:**
»  Antiphona mariana: Regina caeli laetare
14.

-

**:**
»  Antiphona mariana: Salve, Regina
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2020/09/01
17世紀ヴェネツィアで活躍した作曲家ジョヴァンニ・レグレンツィ。北イタリアの後期バロック音楽の発展に寄与しました。1681年にヴェネツィアの聖マルコ大寺院の副楽長に就任、1685年には楽長に昇進し、アルビノーニやロッティなど数多くの弟子を育てた功績だけではなく、バッハとヘンデルが対位法を学ぶ際、彼の旋律を主題にしたことでも知られています。オペラや器楽曲など多彩な作品を遺しましたが、この「聖母マリアのリタニとアンティフォナ」は活動の初期である1662年の作品で、モンテヴェルディの伝統を受け継ぎながらも、当時としては劇的な性格と野心的な作風を持つ、まばゆいばかりの美しさを見せています。1998年に設立されたノーヴァ・アルス・カンタンディは、ルネサンスとバロック期の未知のレパートリーを探求する声楽アンサンブル。これまでにレーオやブルーンスを始めとした希少な作品を録音し、その素晴らしさを聴き手に届けています。指揮者アッチャイは、現在ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院の音楽学科の名誉教授を務める音楽学者としても活躍するヴェテランです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。