ホーム > アルバム > 8.579125 デュラン・カルデナス/フレイレ/ゲバラ/カルデナス/ジーマン:20世紀アンデス地方のフルートとピアノのための作品集(ヴェラスコ/ゾマー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.579125
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
レオナルド・カルデナス Leonardo Cárdenas , ヘラルド・ゲバラ Gerardo Guevara , サミュエル・ジーマン Samuel Zyman , シクスト・マリア・デュラン・カルデナス Sixto María Durán Cárdenas , ヤシント・フレイレ Jacinto Freire
アーティスト
ダニエル・ヴェラスコ Daniel Velasco , エレン・ソマー Ellen Sommer

デュラン・カルデナス/フレイレ/ゲバラ/カルデナス/ジーマン:20世紀アンデス地方のフルートとピアノのための作品集(ヴェラスコ/ゾマー)

Music for Flute and Piano (20th Century Andean) - CÁRDENAS, L. / DURÁN CÁRDENAS, S.M. / FREIRE, J. / GUEVARA, G. (Flauta Andina) (Velasco, E. Sommer)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.579125

全トラック選択/解除

シクスト・マリア・デュラン・カルデナス - Sixto María Durán Cárdenas (1875-1947)

**:**
インカの伝説(フルートとピアノ版)
1.

Leyenda incásica (version for flute and piano)

録音: 8-11 December 2020, Swarthout Recital Hall, University of Kansas, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9180397

ヤシント・フレイレ - Jacinto Freire (1950-)

**:**
フルートとピアノのための組曲

Suite for Flute and Piano

録音: 8-11 December 2020, Swarthout Recital Hall, University of Kansas, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9180398
**:**
»  第1曲 ミ・ポンチョ(トナーダ)
2.

-

I. Mi Poncho (Tonada)

**:**
»  第2曲 エル・パホナル(ユンボ・レント)
3.

-

II. El Pajonal (Yumbo lento)

**:**
»  第3曲 エル・コンドル(サンフアニート)
4.

-

III. El Cóndor (Sanjuanito)

ヘラルド・ゲバラ - Gerardo Guevara (1930-)

**:**
対話
5.

Diálogos

録音: 8-11 December 2020, Swarthout Recital Hall, University of Kansas, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9180399

レオナルド・カルデナス - Leonardo Cárdenas (1968-)

**:**
世界と時間の中心で

En el Centro del Mundo y el Tiempo

録音: 8-11 December 2020, Swarthout Recital Hall, University of Kansas, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9180400
**:**
»  I. Yaraví y tristeza en azul
6.

-

**:**
»  II. Albazo y vuelo en verano
7.

-

**:**
»  III. Pasillo en tiempo de esperanza y lluvia
8.

-

**:**
»  IV. Yumbo telúrico
9.

-

サミュエル・ジーマン - Samuel Zyman (1956-)

**:**
フルート・ソナタ

Flute Sonata No. 1

録音: 8-11 December 2020, Swarthout Recital Hall, University of Kansas, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9180401
**:**
»  I. Allegro assai
10.

-

**:**
»  II. Lento e molto espressivo
11.

-

**:**
»  III. Presto
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2022/08/01
アンデス地方、エクアドルの近現代作曲家による作品を中心に収録した、南米の音楽が持つ豊かな色彩感とリズムが満載のアルバム。デュラン・カルデナスの「インカの伝説」は名曲"コンドルは飛んでいく"を思わせる冒頭の幅広い旋律が印象的。また軽快な後半部はドップラーの"ハンガリー幻想曲"も想起させます。ハシント・フレイレの『組曲』はエクアドルの舞曲がテーマ。異なる楽想による3つの曲が紹介されています。同じくエクアドルの作曲家ヘラルド・ゲバラはパリのエコール・ノルマル音楽院でナディア・ブーランジェに作曲、ソルボンヌ大学で音楽学を学んだ人。この「Dialogos 対話」はエクアドルの民族的要素と現代的なテクニックを組み合わせた作品。フルートの超絶技巧が聴きどころです。レオナルド・カルデナスの「En el Centro del Mundo y el Tiempo 世界と時間の中心で」はアンデスの風景からインスパイアされた曲。こちらも伝統的なエクアドルの旋律が随所に用いられています。最後に置かれたメキシコの作曲家サミュエル・ジーマンの「フルート・ソナタ第1番」は、1996年、シカゴで開催された全米フルート協会の大会において、ベネズエラのフルート奏者マルコ・グラナドスが演奏して評判になり、以来フルート奏者のレパートリーとなった曲です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。