ホーム > アルバム > 8.660142-43 ウェーバー/マーラー:歌劇「三人のピント」全曲

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660142-43
CD発売時期
2004年10月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
カール・マリア・フォン・ウェーバー Carl Maria von Weber
作詞家
カール・ゴットフリート・テオドール・ヴリンクラー Karl Gottfried Theodor Wrinkler
アーティスト
パオロ・アリヴァベーニ Paolo Arrivabeni , ウェックスフォード・フェスティバル・オペラ合唱団 Wexford Festival Opera Chorus , シニッド・キャンベル Sinead Campbell , スチュワート・ケンプスター Stewart Kempster , アレッサンドロ・スヴァブ Alessandro Svab , バーバラ・ツェヒマイスター Barbara Zechmeister , ベラルーシ国立フィルハーモニー管弦楽団 Belarussian National Philharmonic Orchestra , ロベルト・ホルツァー Robert Holzer , ルボミール・マートル Lubomir Matl , ソフィー・マリレー Sophie Marilley , Peter Furlong , Ales Jenis , Eric Shaw

ウェーバー/マーラー:歌劇「三人のピント」全曲

WEBER / MAHLER: Drei Pintos (Die)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.660142-43

全トラック選択/解除

Disc 1

カール・マリア・フォン・ウェーバー - Carl Maria von Weber (1786-1826)

**:**
歌劇「3人のピント」 J. Anh. 5 (G. マーラーによる補筆完成版)

Die drei Pintos (completed by Gustav Mahler)

録音: 22, 25, 28 & 31 October 2003, Theatre Royal, High Street, Wexford, Ireland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41484
**:**
»  Act I: Ensemble - Leeret die Becher, mutige Zecher!
1.

-

**:**
»  Act I: Rondo a la Polacca - Was ich dann tu', das frag' ich mich
2.

-

**:**
»  Act I: Terzettino - Ei, wer hatte das gedacht!
3.

-

**:**
»  Act I: Romanze vom verliebten Kater Mansor - Leise weht' es, leise wallte
4.

-

**:**
»  Act I: Seguidilla a dos - Wir, die den Musen dienen
5.

-

**:**
»  Act I: Terzett - Also frisch das Werk begonnen!
6.

-

**:**
»  Act I: Finale - Auf das Wohlergeh'n der Gaste!
7.

-

Disc 2

カール・マリア・フォン・ウェーバー - Carl Maria von Weber (1786-1826)

**:**
歌劇「3人のピント」 J. Anh. 5 (G. マーラーによる補筆完成版)

Die drei Pintos (completed by Gustav Mahler)

録音: 22, 25, 28 & 31 October 2003, Theatre Royal, High Street, Wexford, Ireland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/41484
**:**
»  Entr'acte
1.

-

**:**
»  Act II: Introduction und Ensemble - Wisst ihr nicht, was wir hier sollen?
2.

-

**:**
»  Act II: Ariette - Hochste Lust ist treues Lieben
3.

-

**:**
»  Act II: Arie - Ach, wenn das du doch vermochtest!
4.

-

**:**
»  Act II: Duett - Ja, das Wort, ich will es sprechen
5.

-

**:**
»  Act II: Terzett-Finale - Geschwind nur von hinnen!
6.

-

**:**
»  Act III: Lied mit Chor - Schmucket die Halle mit Bluten und Zweigen
7.

-

**:**
»  Act III: Duett - Nun, da sind wir
8.

-

**:**
»  Act III: Terzettino - Madchen, ich leide heisse Liebespein!
9.

-

**:**
»  Act III: Ariette - Ein Madchen verloren, was macht man sich d'raus?
10.

-

**:**
»  Act III: Rondo-Terzett - Ihr, der so edel
11.

-

**:**
»  Act III: Habt ihr es denn schon vernommen?
12.

-

**:**
»  Act III: Mit lieblichen Blumen, mit duftenden Bluten
13.

-

**:**
»  Act III: Finale A - Was wollt Ihr?
14.

-

**:**
»  Act III: Finale B - Heil sei Euch, Don Pantaleone!
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
「3人のピント」は、ウェーバーが「魔弾の射手」の直後に手がけた愉快なオペラ。しかし未完のまま放置されていました。ウェーバーの孫の依頼でこれを完成させたのが、巨人交響曲を作曲している頃のマーラー。ウェーバーの特徴を模しながら苦労して補筆をしていますが、あちこちにマーラー節が顔を覗かせているのも御愛嬌。二人の天才の個性が混ざり合って、極めてユニークな傑作となりました。ドン・パンタレオーネの娘クラリッサは、会ったこともない田舎貴族ピントと結婚の予定。しかしたまたま出くわした若い色男の貴族ガストンが彼を酔いつぶし、ピントになりすましてクラリッサに求婚。ところがクラリッサにはゴメスという恋人がいる。本物のピントも加わって、3人の求婚者にドン・パンタレオーネは困惑。結局クラリッサとゴメスが結ばれてハッピーエンド。珍しいオペラの上演で有名なアイルランドのウェクスフォード・オペラ・フェスティヴァルでのライヴ録音。小劇場ならではの熱気ムンムンの上演をお届けします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。