ホーム > アルバム > 8.660183-84 ロッシーニ:歌劇「イタリアのトルコ人」(コンティ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660183-84
CD発売時期
2005年12月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ジョアッキーノ・ロッシーニ Gioachino Rossini
作詞家
フェリーチェ・ロマーニ Felice Romani
アーティスト
マッシミリアーノ・ガリアルド Massimiliano Gagliardo , ピエトロ・ガルネラ Piero Guarnera , ナターレ・デ・カロリス Natale de Carolis , キエーティ・マルッチアーノ劇場合唱団 Chieti Marrucino Opera Chorus , キエーティ・マルッチアーノ劇場管弦楽団 Chieti Marrucino Opera Orchestra , マルツィオ・コンティ Marzio Conti , ダニエーレ・ザンフォルディーノ Daniele Zanfardino , ファビオ・ドラツィオ Fabio D’Orazio , ミルト・パパタナシウ Myrtò Papatanasiu , ダミアーノ・ピンティ Damiana Pinti , ジャンニ・ファブリーニ Gianni Fabbrini , アメデロ・モレッティ Amedeo Moretti

ロッシーニ:歌劇「イタリアのトルコ人」(コンティ)

ROSSINI: Turco in Italia (Il) (The Turk in Italy)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.660183-84

全トラック選択/解除

Disc 1

ジョアッキーノ・ロッシーニ - Gioachino Rossini (1792-1868)

**:**
歌劇「イタリアのトルコ人」

Il Turco in Italia (The Turk in Italy)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/96364
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Act I No. 1: Introduction with Chorus: Nostra patria e il mondo intero (Chorus, Zaida, Albazar, Poeta)
2.

-

**:**
»  Act I No. 1: Recitative: Ah! se di questi Zingari l'arrivo (Poeta)
3.

-

**:**
»  Act I No. 2: Cavatina: Vado in traccia d’una zingara (Geronio, Zaida e Zingare)
4.

-

**:**
»  Act I No. 2: Recitative: Brava! Intesi ogni cosa (Poeta, Zaida, Albazar)
5.

-

**:**
»  Act I No. 3a: Cavatina: Non si da follia maggiore (Fiorilla
6.

-

**:**
»  Act I No. 3b: Chorus, Cavatina and Duet: Voga, voga, a terra, a terra (Chorus, Fiorilla, Selim)
7.

-

**:**
»  Act I No. 3b: Recitative: Della Zingara amante (Poeta, Narciso, Geronio)
8.

-

**:**
»  Act I No. 4: Trio: Un marito scimunito, una moglie capricciosa (Poeta, Geronio, Narciso)
9.

-

**:**
»  Act I No. 4: Recitative: Ola, tosto il caffe
10.

-

**:**
»  Act I No. 5: Quartet: Siete Turchi: non vi credo (Fiorilla, Selim, Geronio, Narciso)
11.

-

**:**
»  Act I No. 5: Recitative: Sono arrivato tardi (Poeta, Geronio, Fiorilla)
12.

-

**:**
»  Act I No. 6: Duet: Per piacere alla signora (Geronio, Fiorilla)
13.

-

**:**
»  Act I No. 6: Recitative: Sono arrivato tardi (Geronio, Fiorilla)
14.

-

**:**
»  Act I No. 7: Finale I: Gran maraviglie (Chorus, Zaida, Selim, Poeta, Narciso, Fiorilla, Geronio)
15.

-

Disc 2

ジョアッキーノ・ロッシーニ - Gioachino Rossini (1792-1868)

**:**
歌劇「イタリアのトルコ人」

Il Turco in Italia (The Turk in Italy)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/96364
**:**
»  Act II No. 7: Recitative: Via...cosa serve? (Poeta, Geronio, Selim)
1.

-

**:**
»  Act II No. 8: Duet: D’un bell’uso di Turchia (Selim, Geronio)
2.

-

**:**
»  Act II No. 8: Recitative: Credea che questa scena (Poeta)
3.

-

**:**
»  Act II No. 9: Chorus and Cavatina: Non v’e piacer perfetto (Chorus, Fiorilla)
4.

-

**:**
»  Act II No. 9: Recitative: Che Turca impertinente (Fiorilla, Zaida, Selim)
5.

-

**:**
»  Act II No. 10: Duet: Credete alle femmine (Selim, Fiorilla)
6.

-

**:**
»  Act II No. 10: Recitative: Fermate! (Poeta, Narciso, Geronio)
7.

-

**:**
»  Act II No. 11: Recitative and Aria: Intesi: ah tutto intesi...Tu seconda il mio disegno (Narciso)
8.

-

**:**
»  Act II No. 11: Recitative: O che fatica (Poeta, Albazar)
9.

-

**:**
»  Act II No. 12: Aria: Ah sarebbe troppo dolce (Albazar)
10.

-

**:**
»  Act II No. 13: Chorus and Recitative: Amor la danza mova (Chorus, Fiorilla, Narciso, Selim, Zaida, Geronio)
11.

-

**:**
»  Act II No. 14: Quintet: Oh guardate che accidente (Geronio, Narciso, Fiorilla, Selim, Zaida)
12.

-

**:**
»  Act II No. 14: Recitative: Benedetta la festa (Albazar, Poeta, Geronio, Fiorilla)
13.

-

**:**
»  Act II No. 15: Recitative and Aria: I vostri cenci vi mando...Squallida veste e bruna (Fiorilla, Chorus)
14.

-

**:**
»  Act II No. 15: Recitative: Si, mi e forza partir (Fiorilla, Poeta, Geronio)
15.

-

**:**
»  Act II No. 16: Finale II: Son la vite sul campo appassita (Tutti)
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
気まぐれな恋に溺れたい女フィオリッラ、彼女と惚れ合うトルコの太守セリム、その二人の様子に怒り心頭のフィオリッラの夫ジェローニオ、周りで面白がる詩人を中心に繰り広げられるドタバタを描いた喜劇「イタリアのトルコ人」。「アルジェのイタリア女」の二番煎じとのレッテルを貼られた初演は大失敗、百数十年間の忘却にさらされますが、かの有名なマリア・カラスによる蘇演が評判となり、実は名曲だったと認められるようになったのです。例えば第1幕のフィナーレなど、立ち上がって拍手するしかない見事なアンサンブルで、ロッシーニの才能に敬服させられます。最新録音、ナクソス価格で聴ける喜びをお届けします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。