ホーム > アルバム > 8.660193-94 バラダ:歌劇「コロンブスの死」(ギャリソン/ジェンキンス/カーネギー・メロン/ページ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660193-94
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
レオナルド・バラダ Leonardo Balada
作詞家
レオナルド・バラダ Leonardo Balada
アーティスト
デイヴィッド・オーカールンド David Okerlund , カーネギー・メロン・フィルハーモニー管弦楽団 Carnegie Mellon Philharmonic Orchestra , カーネギー・メロン・レパートリー合唱団 Carnegie Mellon Repertory Chorus , ジョン・ギャリソン Jon Garrison , ジュディス・ジェンキンス Judith Jenkins , ケイティ・シャクルトン=ウィリアムズ Katy Shackleton-Williams , ブレント・ステイター Brent Stater , ピッツバーグ・メンデルスゾーン合唱団 Mendelssohn Choir of Pittsburgh , レイモンド・ブラックウェル Raymond Blackwell , ロバート・ページ Robert Page , アルトゥーロ・マルティン Arturo Martin , カトリーヌ・ミュラー Katherine Mueller , ディミトリー・ラツィヒ Dimitrie Lazich , ミルティン・ラツィヒ Milutin Lazich

バラダ:歌劇「コロンブスの死」(ギャリソン/ジェンキンス/カーネギー・メロン/ページ)

BALADA, L.: Muerte de Colon (La) (Death of Columbus) [Opera] (J. Garrison, J. Jenkins, Carnegie Mellon Philharmonic and Repertory Chorus, R. Page)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.660193-94

全トラック選択/解除

Disc 1

レオナルド・バラダ - Leonardo Balada (1933-)

**:**
コロンブスの死

Death of Columbus

録音: 16-19 January 2005, Carnegie Music Hall, Pittsburg Pennsylvania, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/349008
**:**
»  第1幕 第1場 バルセロナ - コロンブスの回帰
1.

-

Act I Scene 1, "Barcelona - Retorno de Colon" (Barcelona - Return of Columbus): Ave verum corpus natum de Maria Virgine (Monks, Citizens, Queen Isabella, King Ferdinand, Columbus, Fernando)

**:**
»  第1幕 第2場 死の床 1
2.

-

Act I Scene 2, "Lecho de Muerte 1" (Death-Bed 1): Mis ojos cansados (Columbus, Mysterious Character, Monks)

**:**
»  第1幕 第2場a インディアンの歌
3.

-

Act I Scene 3a, "En un poblado indio" (In an Indian Village): Song: Uuuuaaa, uuuoaaa, daaaee, uooaaa (Indian Voice)

**:**
»  第1幕 第2場b 略奪されたインディアンの村にて
4.

-

Act I Scene 3b, "En un poblado indio-pillaje" (In an Indian Village-Pillage): Yeee, yeje, yajo, eee (Indian, Voices of Spaniards)

**:**
»  第1幕 第4場 死の床 2
5.

-

Act I Scene 4, "Lecho de muerte 2" (Death-Bed 2): Bien seria aquello el Paraiso, libres las gentes (Columbus, Mysterious Character, Monks)

**:**
»  第1幕 第5場 ボーバディーリャ
6.

-

Act I Scene 5: Bobadilla: Ese, Colon, ese extranjero esta llevado de la mano (Margarit, Juan Aguado, Friar Boil, Bobadilla, Queen Isabella, King Ferdinand)

**:**
»  第1幕 第6場 光景
7.

-

Act I Scene 6, "Mirad" (Look): Doliente mi cuerpo, con sangre mi alma (Columbus)

**:**
»  第1幕 第7場 エルサレム
8.

-

Act I Scene 7, "Jerusalen" (Jerusalem): Ja, ja, ja! (Courtiers, Columbus, Queen Isabella)

**:**
»  第1幕 第8場 コロンブス
9.

-

Act I Scene 8, "Los Colones" (The Columbuses): Los Colones, los hijos, los hermanos (Hernando, Diego (son), Diego (brother), Bartholomew)

Disc 2

レオナルド・バラダ - Leonardo Balada (1933-)

**:**
コロンブスの死

Death of Columbus

録音: 16-19 January 2005, Carnegie Music Hall, Pittsburg Pennsylvania, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/349008
**:**
»  第2幕 第1場 インディアンの村にて
1.

-

Act II Scene 1, "En un poblado indio" (In an Indian villaga): Dance: Ay! (Voices)

**:**
»  第2幕 第2場 死の床 3
2.

-

Act II Scene 2, "Lecho de muerte 3" (Death-Bed 3): Aaje, aaja, aajo … (Indians, Mysterious Character, Columbus, Monks)

**:**
»  第2幕 第3場 愛するひとよ
3.

-

Act II Scene 3, "Amadisimas" (Beloved Ones!): Cristobal … (Beatrice, Queen Isabella, Columbus)

**:**
»  第2幕 第4場 死の床 4
4.

-

Act II Scene 4, "Lecho de muerte 4" (Death-Bed 4): Mal supisteis llevar de la mano (Mysterious Character, Columbus, Monks)

**:**
»  第2幕 第5場 英雄たち
5.

-

Act II Scene 5, "Los Heroes" (The Heroes): Colon! Yo, Vespucio! (Vespucci, Magellan, Columbus, Mysterious Character, Monks, Bolivar, Zapata)

**:**
»  第2幕 第6場 黙示
6.

-

Act II Scene 6, "Apocalipsis" (Apocalypse): Ellos son los verdaderos heroes (Mysterious Character, Monks, Columbus, Voices, Apocalyptic, Apocalyptic Characters 2, 3, 4, Beatrice, Isabella)

**:**
»  第2幕 第7場 私をゆるしてくれ
7.

-

Act II Scene 7, "Perdonadme" (Forgive Me): Ave verum corpus, natum de Maria Virgine (Monks, Columbus)

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
バラダの問題作「クリストーバル・コロン」(8.660237?38)の続編である「コロンブスの死」の登場です。前作では若干バラダ色が抑えられていましたが、こちらでは冒頭から不気味さ全開。聴き手を時を超えた超現実的な世界へと誘ってくれるのです。コロンブスが西インド諸島へ到着したところで終わった前作ですが、こちらはバルセロナに帰還したコロンブスの到着を讃える場面から始まります。しかし少しずつ物語には狂気と幻想が入りこみ、主人公の精神は錯乱していきます(ここら辺の表現はまさにバラダの面目躍如と言ったところでしょう)。僧による彼のための祈り、時折聞こえてくるインディアンや密林の鳥の声、これらも渾然一体となりますます音楽も混迷の一途を辿るのです。現在一層オペラに力を入れていると語るバラダですが、2009年もマドリードで新作「Faust-bal」が初演されるなど世界的に注目されていることは間違いありません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。