ホーム > アルバム > 8.660222-23 ドニゼッティ:歌劇「ロベルト・デヴリュー」(ベルガモ音楽祭管/マルチェルロ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660222-23
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ガエターノ・ドニゼッティ Gaetano Donizetti
作詞家
サルヴァドーレ・カッマラーノ Salvadore Cammarano
アーティスト
ルイジ・アルバーニ Luigi Albani , アンドリュー・シュレーダー Andrew Schroeder , ディミトラ・テオドッシュウ Dimitra Theodossiou , トマゾ・ノレッリ Tommaso Norelli , マシミリアノ・ピサピア Massimiliano Pisapia , フェデリカ・ブラガリア Federica Bragaglia , ベルガモ音楽祭合唱団 Bergamo Musica Festival Chorus , ベルガモ音楽祭管弦楽団 Bergamo Musica Festival Orchestra , マルチェッロ・ロタ Marcello Rota , Giorgio Valerio

ドニゼッティ:歌劇「ロベルト・デヴリュー」(ベルガモ音楽祭管/マルチェルロ)

DONIZETTI, G.: Roberto Devereux [Opera] (Bergamo Musica Festival, 2006)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.660222-23

全トラック選択/解除

Disc 1

ガエターノ・ドニゼッティ - Gaetano Donizetti (1797-1848)

**:**
歌劇「ロベルト・デヴリュー」

Roberto Devereux

録音: September 2006, Teatro Donizetti, Bergamo, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/220985
**:**
»  Act I: Geme! Pallor funereo (Chorus, Sara)
1.

-

**:**
»  Act I: All'afflitto e dolce il pianto (Sara, Un Paggio)
2.

-

**:**
»  Act I: Duchessa… alle fervide preci (Elisabetta, Sara)
3.

-

**:**
»  Act I: L'amor suo mi fe' beata (Elisabetta)
4.

-

**:**
»  Act I: Nunzio son del Parlamento (Cecil, Sara, Elisabetta, Un Paggio, Gualtiero, Chorus)
5.

-

**:**
»  Act I: Donna reale a' piedi tuoi (Roberto, Elisabetta)
6.

-

**:**
»  Act I: Un tenero core (Elisabetta, Roberto)
7.

-

**:**
»  Act I: Un lampo orribile (Elisabetta, Roberto)
8.

-

**:**
»  Act I: Roberto… Che? Fra le tue braccia! (Nottingham, Roberto)
9.

-

**:**
»  Act I: Forse in quel cor sensibile (Nottingham)
10.

-

**:**
»  Act I: Duca, vieni a conferenza (Cecil, Nottingham, Roberto, Chorus)
11.

-

**:**
»  Act I: Tutto e silenzio (Sara, Roberto)
12.

-

**:**
»  Act I: Ah parmi sognar (Roberto, Sara)
13.

-

**:**
»  Act I: E quando fuggirai (Sara, Roberto)
14.

-

Disc 2

ガエターノ・ドニゼッティ - Gaetano Donizetti (1797-1848)

**:**
歌劇「ロベルト・デヴリュー」

Roberto Devereux

録音: September 2006, Teatro Donizetti, Bergamo, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/220985
**:**
»  Act II: L'ore trascorrono (Chorus)
1.

-

**:**
»  Act II: Ebben? - Del reo le sorti (Elisabetta, Cecil, Gualtiero)
2.

-

**:**
»  Act II: Non venni mai si mesto (Nottingham, Elisabetta)
3.

-

**:**
»  Act II: Ecco l'indegno… Appressati (Elisabetta, Nottingham, Roberto)
4.

-

**:**
»  Act II: Scellerato!… malvagio (Nottingham, Roberto, Elisabetta, Chorus)
5.

-

**:**
»  Act III: Ne riede ancora il mio consorte (Sara, Un Familiare, Nottingham)
6.

-

**:**
»  Act III: Non sai che un nume vindice (Nottingham, Sara)
7.

-

**:**
»  Act III: All'ambascia ond'io mi struggo (Sara, Nottingham)
8.

-

**:**
»  Act III: Ed ancor la tremenda porta (Roberto)
9.

-

**:**
»  Act III: Come uno spirto angelico (Roberto)
10.

-

**:**
»  Act III: Odo un suon per l'aria cieca (Roberto, Chorus)
11.

-

**:**
»  Act III: E Sara in questi orribili momenti (Elisabetta, Chorus)
12.

-

**:**
»  Act III: Vivi ingrato a lei d'accanto (Elisabetta)
13.

-

**:**
»  Act III: Che m'apporti? (Elisabetta, Cecil, Sara, Nottingham, Chorus)
14.

-

**:**
»  Act III: Quel sangue versato al cielo s'innalza (Elisabetta, Chorus)
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
女王三部作の一つであるこの作品は、タイトルこそ若き伯爵の名を使っていますが、真の主役はやはりエリザベッタ(エリザベス女王)でしょう。生涯独身を貫いたとはいえ、やはりそこは生身の女。愛しい男の一人や二人はいても当たり前。名ソプラノ、テオドッシュが切々と歌う幕切れのアリアはその大切な人を処刑せざるを得なかった悲しみと後悔が満ち溢れ、聴き手の涙を誘うのです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。