ホーム > アルバム > 8.660227-28 J. シュトラウスII:歌劇「ニネッタ侯爵夫人」(アベリ/エリアソン/ストックホルム・シュトラウス管/チャーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660227-28
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ
作曲家
ヨハン・シュトラウスII世 Johann Strauss II
作詞家
ヒューゴ・ウィットマン Hugo Wittmann , ユリウス・バウアー Julius Bauer
アーティスト
ミカエル・アクセルソン Michael Axelsson , オーラ・エリアソン Goran Eliasson , オラ・エリアソン Ola Eliasson , トゥア・オーベリ Tua Aberg , ヘンリッカ・グレンダール Henriikka Grondahl , ストックホルム・シュトラウス管弦楽団 Stockholm Strauss Orchestra , イェスパー・タウベ Jesper Taube , ヴァレリア・チャーニ Valéria Csányi , ニネッタ合唱団 Ninetta Chorus , エリン・ロンボ Elin Rombo , Anders Blom , Samuel Jarrick , Kristina Martling , Fredrik Strid , Katarina Wedin-Nilsson

J. シュトラウスII:歌劇「ニネッタ侯爵夫人」(アベリ/エリアソン/ストックホルム・シュトラウス管/チャーニ)

STRAUSS II, J.: Furstin Ninetta [Operetta] (Aberg, Eliasson, Stockholm Strauss Orchestra, Csanyi)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.660227-28

全トラック選択/解除

Disc 1

ヨハン・シュトラウスII世 - Johann Strauss II (1825-1899)

**:**
歌劇「ニネッタ侯爵夫人」

Furstin Ninetta

録音: 7 October 2007, Berwaldhallen, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/264615
**:**
»  Act I: Prelude
1.

-

**:**
»  Act I: Introduction: Ah, venite belle donne (Chorus, Emilio, Baron, Adelheid)
2.

-

**:**
»  Act I: Ade, nun fahre dahin (Ferdinand)
3.

-

**:**
»  Act I: Duet: Und sage, was von allen diesen Farben (Ferdinand, Adelheid)
4.

-

**:**
»  Act I: Ein Frauenzimmer bin ich zwar (Ninetta)
5.

-

**:**
»  Act I: Ensemble and Duet: Herr Wirth, Herr Wirth, ein Rachtquartier (Chorus, Emilio, Anastasia, Prosper)
6.

-

**:**
»  Act I: Couplet: Pascholl, noch heute wird gepackt (Cassim)
7.

-

**:**
»  Act I: Finale: Endlich, endlich schlagt die Stunde (All)
8.

-

**:**
»  Act II: Entr'acte
9.

-

**:**
»  Act II: Der Kunstler auch ein Traumer ist (Ferdinand, Chorus)
10.

-

**:**
»  Act II: Quintet: Wie reizend, wie pikant! (Ninetta, Ferdinand, Baron, Rubke, Lord Plato)
11.

-

Disc 2

ヨハン・シュトラウスII世 - Johann Strauss II (1825-1899)

**:**
歌劇「ニネッタ侯爵夫人」

Furstin Ninetta

録音: 7 October 2007, Berwaldhallen, Stockholm, Sweden
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/264615
**:**
»  Act II: Duet: Schlaf ein, mein liebes Medium (Cassim, Ninetta)
1.

-

**:**
»  Act II: Chanson: Als ich ein Backfisch war noch zart und klein (Ninetta, Chorus)
2.

-

**:**
»  Act II: Couplet: Ein Gretchen mit lachelndem Munde (Cassim)
3.

-

**:**
»  Act II: Finale: Der Blick des Jettatoren (All)
4.

-

**:**
»  Act III: Introduction and Tarantella: Suss melodisch fortgezogen (Chorus)
5.

-

**:**
»  Act III: Waltz: Einst traumte mir (Cassim)
6.

-

**:**
»  Act III: Pizzicato Polka
7.

-

**:**
»  Act III: Quintet: Der Irrthum darf nicht langer wahren (Adelheid, Anastasia, Ferdinand, Prosper, Baron)
8.

-

**:**
»  Act III: Finale: Ja, dieses Handchen werd' ich beschutzen (Ninetta, Anastasia, Ferdinand, Prosper, Baron, Lord Plato)
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
物語はソレントの海岸沿いの素敵なホテルで始まります。筋立ては、シュトラウスおなじみの「ちょっとした誤解」と「行き違い」。若き恋人同士であるアデルハイドとフェルディナンドと離れた席に座った男爵メルスブルク。そこへイタリア皇太子の未亡人であるニネッタ(ロシア人、若者カリーノとして男装している)が到着します。彼女の凛々しさにそこにいた全ての女性が見とれてしまいます。また2人の客が到着します・・・。さてさて、波乱の予感です。フレッシュな歌手たちによる瑞々しい演奏はこの珍しい歌劇を存分に楽しませてくれることでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。