ホーム > アルバム > 8.660241 S. アーノルド:歌劇「ポリー」(アルビーノ/マクレオド/グロスマン/ニューマン/アラディア・アンサンブル/マロン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660241
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
サミュエル・アーノルド Samuel Arnold , ヨハン・クリフトフ・ペープシュ Johann Christoph Pepusch
作詞家
ジョン・ゲイ John Gay
アーティスト
アラディア・アンサンブル Aradia Ensemble , ラウラ・アルビーノ Laura Albino , ローレンス・ウィリフォード Lawrence Wiliford , ロラリー・カークパトロック Loralie Kirkpatrick , マシュー・グロスフェルド Matthew Grosfeld , ジリアン・グロスマン Gillian Grossman , マリオン・ニューマン Marion Newman , ジェイソン・ネデッキー Jason Nedecky , エヴ・レイチェル・マクロード Eve Rachel McLeod , アンドリュー・マホン Andrew Mahon , ケヴィン・マロン Kevin Mallon , バド・ローチ Bud Roach

S. アーノルド:歌劇「ポリー」(アルビーノ/マクレオド/グロスマン/ニューマン/アラディア・アンサンブル/マロン)

ARNOLD, S.: Polly (Albino, McLeod, Grossman, Newman, Aradia Ensemble, Mallon)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.660241

全トラック選択/解除

ヨハン・クリフトフ・ペープシュ - Johann Christoph Pepusch (1667-1752) / サミュエル・アーノルド - Samuel Arnold (1740-1802)

**:**
歌劇「ポリー」

Polly

録音: 14-16 July 2008, St. Anne's Church, Toronto, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/386663
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Act I: Air 1: Noel Hills: He that weds (Ducat)
2.

-

**:**
»  Act I: Air 2: Polwart on the Green: Observe the statesman's ways (Trapes)
3.

-

**:**
»  Act I: Air 3: Dr Arnold: She who hath felt a real pain by cupid's dart (Polly)
4.

-

**:**
»  Act I: Air 4: Dr Arnold: Farewell, farewell, farewell, all hope of bliss! (Polly)
5.

-

**:**
»  Act I: Air 5: Dr Arnold: Despair is all folly (Trapes)
6.

-

**:**
»  Act I: Air 6: Old Orpheus Tickl'd: When billows come breaking on the strand (Ducat)
7.

-

**:**
»  Act I: Air 7: Christ-Church Bells: When a woman jealous grows (Ducat, Mrs. Ducat)
8.

-

**:**
»  Act I: Air 8: Cheshire-Rounds: When kings by their huffing (Damaris)
9.

-

**:**
»  Act I: Air 9: Johnny Fa': The crow or daw (Polly)
10.

-

**:**
»  Act I: Air 10: Bury Fair: How can you be so teazing (Ducat, Polly)
11.

-

**:**
»  Act I: Air 11: March in Scipio: Brave boys prepare (Ducat, Mrs. Ducat)
12.

-

**:**
»  Act I: Air 12: Jig-It-O'Foot: Better to doubt all that's doing (Damaris)
13.

-

**:**
»  Act I: Air 13: Dr Arnold: Aboard after misses most husbands will Roam (Mrs Ducat)
14.

-

**:**
»  Act I: Air 14: Tweedside: The stag, when chas'd (Polly)
15.

-

**:**
»  Entr'acte: Dances of the Pirates: I. March
16.

-

**:**
»  Entr'acte: Dances of the Pirates: II. Hornpipe I
17.

-

**:**
»  Entr'acte: Dances of the Pirates: III. Andante
18.

-

**:**
»  Entr'acte: Dances of the Pirates: IV. Hornpipe II
19.

-

**:**
»  Entr'acte: Dances of the Pirates: V. Allegro
20.

-

**:**
»  Act II: Air 1: La Villanella: Why did you spare him (Polly)
21.

-

**:**
»  Act II: Dead March
22.

-

**:**
»  Act II: Air 2: La Cavalliere: Patriots at first declare (Culverin)
23.

-

**:**
»  Act II: Air 3: Minuet: Cheer up my lads (Culverin)
24.

-

**:**
»  Act II: Air 4: Dr Arnold: Shall I not be bold when honour calls (Morano, Jenny)
25.

-

**:**
»  Act II: Air 5: Peggy's Mill: When gold is in hand (Jenny)
26.

-

**:**
»  Act II: Air 6: Dr Arnold: Woman's like the flatt'ring ocean (Vanderbluff)
27.

-

**:**
»  Act II: Air 7: The Boatman: Tho' different passions rage by turns (Morano)
28.

-

**:**
»  Act II: Air 8: Hunt the Squirrel: The world is always jarring (Polly)
29.

-

**:**
»  Act II: Air 9: Dr Arnold: In love and life the present use (Jenny)
30.

-

**:**
»  Act II: Air 10: Dr Arnold: We never blame the forward swain (Jenny, Polly)
31.

-

**:**
»  Act II: Air 11: Dr Arnold: The body of the brave may be taken (Cawwawkee)
32.

-

**:**
»  Act II: Air 12: Excuse Me: Honour calls me (Morano)
33.

-

**:**
»  Act II: Air 13: Ruben: Honour plays (Jenny)
34.

-

**:**
»  Act II: Air 14: The Marlborough: We the sword of valour (Morano)
35.

-

**:**
»  Act III: Air 1: The sportsmen keep hawks (Polly)
36.

-

**:**
»  Act III: Air 2: O Saw Ye My Father: Love with beauty is flying (Cawwawkee)
37.

-

**:**
»  Act III: Air 3: Prince Eugene's March: When the tyger roams (Morano)
38.

-

**:**
»  Act III: Air 4: Kate of Aberdeen: The turtle thus upon the spray (Cawwawkee)
39.

-

**:**
»  Act III: Air 5: Dr Arnold: The soldiers who by trade must dare (Morano)
40.

-

**:**
»  Act III: Air 6: Shall Man, in Arne's Abel: My heart forebodes (Polly)
41.

-

**:**
»  Act III: Dances of the Indians: I. Allegro
42.

-

**:**
»  Act III: Dances of the Indians: II. Andante
43.

-

**:**
»  Act III: Dances of the Indians: III. Allegro
44.

-

**:**
»  Act III: Dances of the Indians: IV. Andante
45.

-

**:**
»  Act III: Dances of the Indians: V. Allegro
46.

-

**:**
»  Act III: Air 7: The Temple: Justice long forbearing (Cawwawkee, Indian Scout, Polly, Chorus)
47.

-

**:**
»  Act III Appendix: What Man Can Virtue or Courage Repose (Ducat)
48.

-

**:**
»  Act III Appendix: I Hate the Foolish Elf (Ducat)
49.

-

**:**
»  Act III Appendix: Victory is Ours (Polly, Cawwawkee)
50.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/06/01
1729年に書かれた風刺劇「ベガーズ・オペラ」は当時のロンドンで大人気を博し、これまでイギリスで隆盛を極めていたイタリアオペラの衰退する原因にもなった作品です。また、以降のイギリスの全ての喜劇(ギルバート&サリヴァンなど)から現代のミュージカルに強い影響を与え、現在でも絶大な人気を誇っています。さて、この「ポリー」です。音楽はとても優雅ですが内容は過激。西インド諸島が舞台となり、マクヒースは海賊になり、トレイプス夫人は奴隷売買業をはじめ、ポリーをだまし金持ちのダカット氏に売り飛ばしてしまいます。彼女は少年に変装して脱出、最後はカリブ首長の息子と結婚します。最初はベガーズ・オペラと同じくペープシュが曲を付けましたが、あまりにも政治的な風刺が強すぎて、当時の首相から上演禁止の圧力がかかりお蔵入りになってしまいました。その50年後にサミュエル・アーノルドがスコアを一新し、ようやく上演されたというものです。何も知らずにこの曲を聴いていると、優雅なバロックの歌劇にも聞こえますが、内容はかなり過激です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。