ホーム > アルバム > 8.660280-81 シュトラウスII:喜歌劇「理性の女神」(グロイス/クンプミュラー/エクヴィルツ/コルテス/フォーディンガー/スロヴァキア・シンフォニエッタ/ポラック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660280-81
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペレッタ, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヨハン・シュトラウスII世 Johann Strauss II , オスカー・フェトラス Oscar Fetrás
作詞家
アルフレート・マリア・ヴィルナー Alfred Maria Willner , ベルンハルト・ブッフビンダー Bernhard Buchbinder
編曲者
ルートヴィヒ・バビンスキ Ludwig Babinski , クリスティアン・ポラック Christian Pollack , Edward Peak
アーティスト
ヴォルフガンク・ヴァイト Wolfgang Veith , ヨハネス・ヴィルトナー Johannes Wildner , マンフレート・エクヴィルツ Manfred Equiluz , ヴェロニカ・グロイス Veronika Groiss , エヴァ=マリア・クンプミュラー Eva-Maria Kumpfmuller , スロヴァキア・シンフォニエッタ Slovak Sinfonietta, Žilina , スロヴァキア国立コシツェ・フィルハーモニー管弦楽団 Slovak State Philharmonic Orchestra, Košice , スロヴァキア放送交響楽団 Slovak Radio Symphony Orchestra , ミハエル・ディトリッヒ Michael Dittrich , フランツ・フォーディンガー Franz Fodinger , クリスティアン・ポラック Christian Pollack , イザヴェラァ・マァーツァッハ Isabella Ma-Zach , アンドレアス・ミッテルマイアー Andreas Mittermeier , ニコラス・ルグー Nicolas Legoux , Kirlianit Cortes , Vienna Private University Conservatory Students

シュトラウスII:喜歌劇「理性の女神」(グロイス/クンプミュラー/エクヴィルツ/コルテス/フォーディンガー/スロヴァキア・シンフォニエッタ/ポラック)

STRAUSS II, J.: Gottin der Vernunft (Die) (Groiss, Ma-Zach, Kumpfmuller, Equiluz, Cortes, Fodinger, Slovak Sinfonietta, Zilina, Pollack)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.660280-81

全トラック選択/解除

Disc 1

ヨハン・シュトラウスII世 - Johann Strauss II (1825-1899)

**:**
喜歌劇「理性の女神」

Die Gottin der Vernunft

録音: 2-4 December 2009, Fatra House of Arts, Zilina, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/945712
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Act I: Introduction: Bitte sehr, Herr Offizier (Women's Chorus)
2.

-

**:**
»  Act I: Soeben hab ich inspiziert die Mannschaft (Furieux)
3.

-

**:**
»  Act I: Chorus: Kommt her, kommt her! Frohe Klange, Militar! (Women, Officers) - Den Sabel an der Seite, das Herz am rechten Fleck (Captain Robert, Chorus)
4.

-

**:**
»  Act I: In meinem Schloss behaglich sass ich (Bonhomme)
5.

-

**:**
»  Act I: Terzettino: Wir sind die Jakobiner! (Chalais, Balais, Calais)
6.

-

**:**
»  Act I: Ein Lied? Ein Lied? (Countess)
7.

-

**:**
»  Act I: Explanation: Robespierre, der lose Schacker (Jacquelin)
8.

-

**:**
»  Act I: Finale: O glaube uns, charmantes Kind (All) - Als Direktrice ward ich ernannt soeben vom Konvent (Ernestine)
9.

-

**:**
»  Act II: Duet: Wo bin ich? Ach, ist es ein Traum? (Captain Robert, Countess)
10.

-

**:**
»  Act II: Solo Waltz: Schöne wilde Jugendzeit (Bonhomme)
11.

-

**:**
»  Act II: Argument: Sie sind in meinem Garten (Ernestine, Countess)
12.

-

**:**
»  Act II: Allegiance: Bitte sehr, Herr Offizier (Countess, Captain Robert, All)
13.

-

**:**
»  Act II: Duet: Als ich noch war Grisette (Jacquelin, Ernestine)
14.

-

**:**
»  Act II: Finale: Nun denn - ich bin's - ich leugne nicht! (All)
15.

-

Disc 2

ヨハン・シュトラウスII世 - Johann Strauss II (1825-1899)

**:**
喜歌劇「理性の女神」

Die Gottin der Vernunft

録音: 2-4 December 2009, Fatra House of Arts, Zilina, Slovakia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/945712
**:**
»  Act II: Entr'acte
1.

-

**:**
»  Act III: Introduction and Solo Waltz: Hoch, dreimal hoch des Hauses Herr! (Countess)
2.

-

**:**
»  Act III: Song: Uber Felder, uber Hecken, en carriere halbtodt gehetzt (Ernestine)
3.

-

**:**
»  Act III: Duet: Sind jung die Gatten noch an Jahren (Susette, Furieux)
4.

-

**:**
»  Act III: Quartet: Vorwarts, greifet zu, nur immer frisch gewagt! (Countess, Ernestine, Bonhomme, Captain Robert)
5.

-

**:**
»  Act III: Finale: Der Schöpfung Meisterstuck ist der Husar (All)
6.

-

 
**:**
Heut' ist heut', Walzer, Op. 471 (arr. L. Babinski for orchestra)
7.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1081079
 
**:**
フランス風ポルカ「まあ、つべこべ言わずに」 Op. 472 (E. ピークによる管弦楽編)
8.

Nur nicht mucken, Polka francaise, Op. 472 (arr. E. Peak for orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1081080
 
**:**
我らの旗が翻るところ Op. 473

Wo uns're Fahne weht, Op. 473

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1081081
**:**
»  Wo uns're Fahne weht, Marsch, Op. 473
9.

-

 
**:**
Da nicken die Giebel, Op. 474 (arr. C. Pollack for orchestra)
10.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1081082
 
**:**
ギャロップ「新しい門出」 Op. 475 (E. ピークによる管弦楽編)
11.

Frisch gewagt, Galopp, Op. 475 (arr. C. Pollack for orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1081083
 
**:**
カドリーユ「理性の女神」 Op. 476 (C. ポラック管弦楽編)
12.

Die Gottin der Vernunft, Quadrille, Op. 476 (arr. C. Pollack for orchestra)

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1081084

オスカー・フェトラス - Oscar Fetrás (1854-1931)

**:**
J. シュトラウス II - ディヴェルティメント「理性の女神」 Op. 160
13.

J. Strauss II - Die Gottin der Vernunft, Divertissement, Op. 160, "Reiche Madchen"

この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1081085
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/06/01
晩年のシュトラウス(1825-1899)が手掛けた最後のオペレッタ「理性の女神」は、完成に至るまで様々な紆余曲折を経たようです。フランス革命の時代、ドイツの国境近くの町で起こった物語。上流階級、道徳、そして軍隊。シュトラウスの軽妙な音楽は、これらの重いテーマとは相反するものなのかもしれません。そんなわけで、台本作家とは意見が食い違い、そもそもシュトラウス自身が台本を好きになれなかったこともあり、もともと創作意欲が落ちていた作曲家にとって、恐らくいやいや完成に漕ぎつけたのではないでしょうか。もちろん聴衆も批評家も、腫れものにさわるようにこの作品を扱い、序曲など一部の音楽の素晴らしさだけは認めたものの、全体を忘れ去ることで、「評価」としたのです。そんな隠れた作品を、シュトラウス名指揮者ポラックが華麗に蘇らせました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。