ホーム > アルバム > 8.660282-83 パチーニ:歌劇「ドン・ジョヴァンニ・テノーリオ、または石の客」(コルテッラッツィ/ショヴェ/ザフェイリアドウ/フェッラーリ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660282-83
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ジョヴァンニ・パチーニ Giovanni Pacini
作詞家
ガエターノ・バルビエーリ Gaetano Barbieri
アーティスト
ウーゴ・グアリアルド Ugo Guagliardo , クルージュ・トランシルヴァニア・フィルハーモニア合唱団 Transylvania State Philharmonic Choir , レオナルド・コルテッラッツィ Leonardo Cortellazzi , ジノヴィア=マリア・ザフェイリアドウ Zinovia-Maria Zafeiriadou , ジェラルディーヌ・ショヴェ Geraldine Chauvet , ジョルジョ・トゥルッコ Giorgio Trucco , 南西ドイツ・プフォルツハイム室内管弦楽団 South West German Chamber Orchestra, Pforzheim , ダニエレ・フェラーリ Daniele Ferrari , ジュリオ・マストロトターロ Giulio Mastrototaro

パチーニ:歌劇「ドン・ジョヴァンニ・テノーリオ、または石の客」(コルテッラッツィ/ショヴェ/ザフェイリアドウ/フェッラーリ)

PACINI, G.: Convitato di pietra (Il) [Opera] (Cortellazzi, Chauvet, Zafeiriadou, Ferrari)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.660282-83

全トラック選択/解除

Disc 1

ジョヴァンニ・パチーニ - Giovanni Pacini (1796-1867)

**:**
歌劇「ドン・ジョヴァンニ・テノーリオ、または石の客」

Don Giovanni Tenorio, o Il convitato di pietra

録音: 1, 2, 4 July 2008, Kurtheater, Bad Wildbad, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/781289
**:**
»  Prologo: Non lo capisco (Rosa, Francesco and Claudia Pacini)
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Introduzione: La gran bestia e il mio padrone (Ficcanaso, Donn'Anna, Don Giovanni, Commendatore)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Sei morto? Ben ti sta (Don Giovanni, Ficcanaso, Donn'Anna, Duca Ottavio)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Aria con pertichini: Care sponde, che pietose (Donn'Anna, Duca Ottavio)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Si tratta di un affare importante (Ficcanaso, Don Giovanni)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Coro e sortita: Bella cosa per una ragazza (Chorus, Zerlina, Masetto)
6.

-

**:**
»  Act I Scenes 5 and 6: Da bravi! Cari amici (Don Giovanni, Zerlina, Masetto, Ficcanaso)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Duetto: La man tu mi darai (Don Giovanni, Zerlina)
8.

-

**:**
»  Act I Scenes 7 to 9: Son vani i pianti (Duca Ottavio, Don Giovanni, Donn'Anna, Zerlina, Masetto, Ficcanaso)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 9: Aria con pertichini: Di tutte le sue belle (Ficcanaso, Zerlina)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 10: Ohime! Masetto mio… (Zerlina, Masetto, Don Giovanni)
11.

-

**:**
»  Act I Scene 10: Finale: Esso vien, io qui celato (Tutti)
12.

-

Disc 2

ジョヴァンニ・パチーニ - Giovanni Pacini (1796-1867)

**:**
歌劇「ドン・ジョヴァンニ・テノーリオ、または石の客」

Don Giovanni Tenorio, o Il convitato di pietra

録音: 1, 2, 4 July 2008, Kurtheater, Bad Wildbad, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/781289
**:**
»  Act II Scene 1: Ficcanaso?… Vo' andar vi dico (Don Giovanni, Ficcanaso)
1.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Romanza: Luna, conforto al cor de' naviganti (Don Giovanni)
2.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Ah, per pieta (Zerlina, Don Giovanni, Ficcanaso)
3.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Quintetto: Senza il caro sposo amato (Zerlina, Ficcanaso, Duca Ottavio, Donna Anna, Masetto)
4.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Masetto… Masetto mio (Zerlina, Masetto)
5.

-

**:**
»  Act II Scene 4: Duetto: Mio dolce pensiero (Zerlina, Masetto)
6.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Ah! Ah! Ah! Che bella notte! (Don Giovanni, Ficcanaso, Commendatore)
7.

-

**:**
»  Act II Scene 5: Duetto: Signor Commendatore… (Ficcanaso, Don Giovanni, Commendatore)
8.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Signori, signore (Zerlina)
9.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Aria: Sento brillarmi il core (Zerlina)
10.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Finale: Preparata e gia la cena (Don Giovanni, Ficcanaso, Commendatore, Chorus)
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/02/01
色男、ドン・ファンを題材にしたオペラはモーツァルト以外にもいくつかあります。例えば他の作家の台本を使ったガッツァニーガの「ドン・ジョヴァンニ」であったり、ダルゴムイシスキーも「石の客」と言う作品を書いています。さて、このパチーニ(1796-1867)の名前は、音楽辞書に掲載されてはいるのですが、この「石の客」については触れられていません。このオペラは作曲家の家族のために書かれたプライヴェートな作品で、今までに公式な公演すらされたことがないからです。モーツァルトと同じ物語に基づきますが、ドン・ジョヴァンニはバリトンでなくテノールですし、ドンナ・エルヴィラは登場しません。いくつかのアリアは、パチーニの他の作品(家族のお気に入り)を用いて構成されています。しかし、聴き進むにつれ、やはりドラマに胸が踊ることは間違いないでしょう。今回、部分的に保存されていた台本とパチーニのスコアを研究し、どうにか上演までにこぎつけたという力作です。違いを味わいながら、この素晴らしい蘇演をお楽しみいただきたいものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。