ホーム > アルバム > 8.660305 グレトリー:歌劇「ル・マニフィーク」(ゴンザレス=トロ/カレオ/クルル/トンプソン/ウィリアムズ/スカルラータ/オペラ・ラファイエット管/ブラウン)

グレトリー:歌劇「ル・マニフィーク」(ゴンザレス=トロ/カレオ/クルル/トンプソン/ウィリアムズ/スカルラータ/オペラ・ラファイエット管/ブラウン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660305
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
アンドレ=エルネスト=モデスト・グレトリ André-Ernest-Modeste Grétry
作詞家
ミシェル=ジャン・スデーヌ Michel-Jean Sedaine
アーティスト
ダグラス・ウィリアムズ Douglas Williams , オペラ・ラファイエット管弦楽団 Opera Lafayette Orchestra , エリザベス・カレオ Elizabeth Calleo , マーガレット・クルル Marguerite Krull , エミリアーノ・ゴンザレス・トロ Emiliano Gonzalez Toro , ランドール・スカルラータ Randall Scarlata , カリム・スレイマン Karim Sulayman , ジェフリー・トンプソン Jeffrey Thompson , ライアン・ブラウン Ryan Brown

グレトリー:歌劇「ル・マニフィーク」(ゴンザレス=トロ/カレオ/クルル/トンプソン/ウィリアムズ/スカルラータ/オペラ・ラファイエット管/ブラウン)

GRETRY, A.-E.-M.: Magnifique (Le) [Opera] (Gonzalez Toro, Calleo, Krull, Thompson, Sulayman, Williams, Scarlata, Opera Lafayette Orchestra, Brown)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.660305

全トラック選択/解除

アンドレ=エルネスト=モデスト・グレトリ - André-Ernest-Modeste Grétry (1741-1813)

**:**
歌劇「ル・マニフィーク」

Le magnifique

録音: 6-8 February 2011, Dekelboum Hall, Clarice Smith Center for the Performing Arts, University of Maryland, College Park, Maryland, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2250282
**:**
»  Ouverture
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Marche: Andante
2.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Tempo giusto
3.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Marche
4.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Duo: C'est lui (Alix, Clementine)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Ariette: Pourquoi donc ce Magnifique (Clementine)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 4: Duo: Ma chere enfant (Aldobrandin, Clementine)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 6: Ariette: Ah, c'est un superbe cheval (Fabio)
8.

-

**:**
»  Act I Scene 7: Trio: Vous m'etonnez, vous badinez (Aldobrandin, Le Magnifique, Fabio)
9.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Ariette: Ah! Si jamais je cours les mers (Laurence)
10.

-

**:**
»  Act II Scene 6: Duo: Je ne sais pourquoi je pleure (Clementine, Alix)
11.

-

**:**
»  Act II Scene 10: Ariette: Quelle contrainte! (Clementine)
12.

-

**:**
»  Act II Scene 11: Trio: Clementine, mettez-vous la (Aldobrandin, Le Magnifique, Fabio)
13.

-

**:**
»  Act II: Entracte (la fanfare des Courses)
14.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Ariette: Ah! Que je me sens coupable! (Clementine)
15.

-

**:**
»  Act III Scene 4: Duo: Te voila donc (Alix, Laurence)
16.

-

**:**
»  Act III Scene 6: Ariette: O ciel! Quel air de courroux! (Alix)
17.

-

**:**
»  Act III Scene 8: Ariette: Jour heureux! (Clementine)
18.

-

**:**
»  Act III Scene 13: Finale: Ne me bats pas (Fabio, Laurence, Horace, Aldobrandin, Le Magnifique, Clementine, Alix)
19.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/11/01
18世紀におけるオペラ・コミック座の最大の作曲家であったアンドレ・エルネスト・モデスト・グレトリ(1741-1813)。彼はベルギー、リエージュの貧しい音楽家の家に生まれ、苦労の末にイタリアへ留学し、ローマ・アリベルティ劇場のために作曲された幕間劇が評価され、ようやく自身の進むべき道を決定した人です。その後パリに渡り、そこでの成功を足掛かりに50作ほどのオペラを作曲しました。後半生は歴史的事件などを題材にすることが多かったのですが、この「ル・マニフィーク」は彼の代表作である「ゼミールとアゾール」の2年後に書かれたもので、J.M.スデーヌの台本による軽く楽しい喜劇となっています。フランス人気質を万遍なく表出したと言われる彼の作品は、もっと聴かれてもよいのではないでしょうか。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。