ホーム > アルバム > 8.660337 ラヴェル:歌劇「スペインの時」/ドゥルシネア姫に思いを寄せるドン・キホーテ(ロンバルド/ドゥルエ/アントゥーン/ル・ルー/フランス国立リヨン管/スラットキン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660337
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 声楽曲
作曲家
モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
作詞家
フラン・ノアン Franc-Nohain, , ポール・モラン Paul Morand
アーティスト
フレデリック・アントゥーン Frederic Antoun , ニコラ・クルジャル Nicolas Courjal , レナード・スラットキン Leonard Slatkin , イサベル・ドゥルエ Isabelle Druet , マルク・バラール Marc Barrard , フランス国立リヨン管弦楽団 Lyon National Orchestra , フランソワ・ル・ルー François Le Roux , リュカ・ロンバルド Luca Lombardo

ラヴェル:歌劇「スペインの時」/ドゥルシネア姫に思いを寄せるドン・キホーテ(ロンバルド/ドゥルエ/アントゥーン/ル・ルー/フランス国立リヨン管/スラットキン)

RAVEL, M.: Heure espagnole (L') [Opera] / Don Quichotte à Dulcinée (Lombardo, Druet, Antoun, Le Roux, Lyon National Orchestra, Slatkin)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.660337

全トラック選択/解除

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
歌劇「スペインの時」

L'heure espagnole

録音: 22-26 January 2013, Auditorium Maurice-Ravel, Lyon, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4524255
**:**
»  Introduction
1.

-

**:**
»  Scene 1: Senor Torquemada, horloger de Tolede? (Ramiro, Torquemada)
2.

-

**:**
»  Scene 2: Totor! (Concepcion, Torquemada, Ramiro)
3.

-

**:**
»  Scene 3: Il reste, voila bien ma chance! (Concepcion, Ramiro, Gonzalve)
4.

-

**:**
»  Scene 4: Il etait temps, voici Gonzalve! (Concepcion, Gonzalve)
5.

-

**:**
»  Scene 5: C'est fait, l'horloge est a sa place (Ramiro, Concepcion, Gonzalve)
6.

-

**:**
»  Scene 6: Maintenant pas de temps a perdre! (Concepcion, Gonzalve)
7.

-

**:**
»  Scene 7: Salut a la belle horlogere! (Inigo, Concepcion)
8.

-

**:**
»  Scene 8: Voila!… Et maintenant a l'autre!… (Ramiro, Concepcion, Inigo)
9.

-

**:**
»  Scene 9: Evidemment, elle me congedie (Inigo)
10.

-

**:**
»  Scene 10: Voila ce que j'appelle une femme charmante (Ramiro)
11.

-

**:**
»  Scene 11: Monsieur, ah! Monsieur! (Concepcion, Ramiro)
12.

-

**:**
»  Scene 12: Enfin, il part! (Inigo, Concepcion)
13.

-

**:**
»  Scene 13: Voila l'objet! Que faut-il que j'en fasse? (Ramiro, Concepcion, Inigo)
14.

-

**:**
»  Scene 14: Ah! vous, n'est-ce pas, preste! (Concepcion, Gonzalve)
15.

-

**:**
»  Scene 15: En depit de cette inhumaine (Gonzalve)
16.

-

**:**
»  Scene 16: Voila ce que j'appelle une femme charmante (Ramiro, Concepcion)
17.

-

**:**
»  Scene 17: Oh! la pitoyable aventure! (Concepcion, Gonzalve)
18.

-

**:**
»  Scene 18: Voila!… Et maintenant, Senora, je suis pret (Ramiro, Concepcion)
19.

-

**:**
»  Scene 19: Mon oeil anxieux interroge (Inigo, Gonzalve)
20.

-

**:**
»  Scene 20: Il n'est, pour l'horloger, de joie egale (Torquemada, Inigo, Gonzalve)
21.

-

**:**
»  Scene 21: Pardieu, demenageur, vous venez a propos! (Inigo, Torquemada, Ramiro, Concepcion, Gonzalve)
22.

-

 
**:**
ドゥルシネア姫に思いを寄せるドン・キホーテ

Don Quichotte à Dulcinée (version for voice and orchestra)

録音: 18-20 September 2013, Auditorium Maurice-Ravel, Lyon, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4738170
**:**
»  No. 1. Chanson romanesque
23.

-

**:**
»  No. 2. Chanson epique
24.

-

**:**
»  No. 3. Chanson a boire
25.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/01/01
18世紀のトレドの町で繁盛しているトルケマダの時計店。ラバ弾きのラミーロが時計を修理してもらうためにやってきます。そこに現れたのはトルケマダの女房コンセプシオン。「はやく町の時計台の調整に行きなさいよ」とがなりたてますが、実は彼女は早く亭主を追っ払って、その間に愛人を招きいれて××を楽しもうとしているのです。亭主もジャマ、客のラミーロもジャマ。彼女はラミーロには「そこの時計を持って2階に上がって」と頼みます。誰もいなくなった店に現れたのは愛人ゴンザルヴェ。若干の気持ちの食い違いでコンセプシオンがやきもきしていると、そこにラミーロが戻ってきます。おや、またもう一人の愛人イニーゴがやってきました。しかしコンセプシオンはラミーロにすっかり目移りしています…さてどうなることやら。この「スペインの時計」は、同じく短いオペラ「子供と魔法」と一緒に論じられることが多い作品です。とは言え、こちらの作品は少しだけ"大人向け"。ちょっと色っぽくてキワドイ内容になっていますのでご注意くださいね。「ドン・キホーテ」はラヴェル(1875‐1937)の最後の作品。映画の劇中歌として作曲されましたが、他の作曲家との競作であり、結局こちらは採用されることなく、最終的には演奏会用の歌曲集として発表されたものです。ヴェテラン、ルルーの素晴らしい歌唱でお聴きください。 【歌劇「子供と魔法」…8.660336】

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。