ホーム > アルバム > 8.660357-58 ヴェルディ:歌劇「オテロ」(R.D. スミス/アニェレッティ/カターナ/オルフェオン・ドノスティアラ/オビエド・フィラルモニア/ハイダー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660357-58
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ジュゼッペ・ヴェルディ Giuseppe Verdi
作詞家
アリゴ・ボーイト Arrigo Boito
アーティスト
ラファエラ・アニェレッティ Raffaella Angeletti , ビセンス・エステーベ Vicenç Esteve , オビエド・フィラルモニア Oviedo Filarmonía , オルフェオン・ドノスティアラ Orfeon Donostiarra , セバスティアン・カターナ Sebastian Catana , エンリケ・サンチェス Enrique Sanchez , ロバート・ディーン・スミス Robert Dean Smith , ルイス・ダマソ Luis Damaso , ミヒャエル・ドリース Michael Dries , フリードリヒ・ハイダー Friedrich Haider , クリスチャン・モイスニク Kristjan Moisnik , ロス・ペケ・デル・レオン・デ・オーロ Los Peques del Leon de Oro , Marife Nogales

ヴェルディ:歌劇「オテロ」(R.D. スミス/アニェレッティ/カターナ/オルフェオン・ドノスティアラ/オビエド・フィラルモニア/ハイダー)

VERDI, G.: Otello [Opera] (R.D. Smith, Angeletti, Catana, Orfeón Donostiarra, Oviedo Filarmonía, Haider)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.660357-58

全トラック選択/解除

Disc 1

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
歌劇「オテロ」

Otello

録音: 22 August - 8 September 2007 and 18-26 August 2009, Auditorio Principe Felipe, Oviedo, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3811965
**:**
»  Act I: Una vela! (Chorus, Montano, Cassio, Jago, Roderigo)
1.

-

**:**
»  Act I: Esultate! (Otello, Chorus, Jago, Roderigo)
2.

-

**:**
»  Act I: Fuoco di gioia! (Chorus)
3.

-

**:**
»  Act I: Roderigo, beviam! (Jago, Cassio, Chorus, Roderigo)
4.

-

**:**
»  Act I: Inaffia l'ugola! (Jago, Cassio, Chorus, Roderigo)
5.

-

**:**
»  Act I: Capitano, v'attende (Montano, Cassio, Jago, Roderigo, Chorus)
6.

-

**:**
»  Act I: Ola! Che avvien? (Otello, Jago, Cassio, Montano)
7.

-

**:**
»  Act I: Gia nella notte densa (Otello, Desdemona)
8.

-

**:**
»  Act I: Quando narravi l'esule tua vita (Desdemona, Otello)
9.

-

**:**
»  Act I: Venga la morte! (Otello, Desdemona)
10.

-

**:**
»  Act II: Non ti cruciar (Jago, Cassio)
11.

-

**:**
»  Act II: Vanne… Credo in un Dio crudel (Jago)
12.

-

**:**
»  Act II: Eccola… Cassio… a te… (Jago)
13.

-

**:**
»  Act II: Cio m'accora (Jago, Otello)
14.

-

**:**
»  Act II: Dove guardi splendono… Non parlo ancor di prova (Chorus, Jago, Desdemona, Otello)
15.

-

**:**
»  Act II: D'un uom che geme (Desdemona, Otello, Jago, Emilia)
16.

-

**:**
»  Act II: Desdemona rea! (Otello, Jago)
17.

-

**:**
»  Act II: Ora per sempre addio (Otello, Jago)
18.

-

**:**
»  Act II: Era la notte (Jago, Otello)
19.

-

**:**
»  Act II: Si, pel ciel (Otello, Jago)
20.

-

Disc 2

ジュゼッペ・ヴェルディ - Giuseppe Verdi (1813-1901)

**:**
歌劇「オテロ」

Otello

録音: 22 August - 8 September 2007 and 18-26 August 2009, Auditorio Principe Felipe, Oviedo, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3811965
**:**
»  Act III: Introduction
1.

-

**:**
»  Act III: La vedetta del porto (Herald, Otello, Jago)
2.

-

**:**
»  Act III: Dio ti giocondi, o sposo (Desdemona, Otello)
3.

-

**:**
»  Act III: Dio! Mi potevi scagliar (Otello, Jago)
4.

-

**:**
»  Act III: Vieni, l'aula e deserta (Jago, Cassio, Otello)
5.

-

**:**
»  Act III: Questa e una ragna (Jago, Cassio, Otello)
6.

-

**:**
»  Act III: Viva il Leon di San Marco! (Chorus, Lodovico, Otello, Desdemona, Emilia, Jago, Roderigo)
7.

-

**:**
»  Act III: A terra! … si … nel livido fango (Desdemona, Emilia, Cassio, Roderigo, Lodovico, Chorus, Iago, Otello)
8.

-

**:**
»  Act IV: Introduction
9.

-

**:**
»  Act IV: Era più calmo? (Emilia, Desdemona)
10.

-

**:**
»  Act IV: Mia madre aveva una povera ancella (Desdemona, Emilia)
11.

-

**:**
»  Act IV: Ave Maria (Desdemona)
12.

-

**:**
»  Act IV: Chi e la? Otello? (Desdemona, Otello)
13.

-

**:**
»  Act IV: Calma come la tomba (Otello, Emilia, Desdemona, Cassio, Jago, Lodovico, Montano)
14.

-

**:**
»  Act IV: Niun mi tema (Otello, Cassio, Lodovico, Montano)
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/10/01
1871年12月、歌劇「アイーダ」が大成功を収めた後のヴェルディ(1813-1901)は、ある意味「燃え尽き症候群」に陥ってしまったのか、名作「レクイエム」を完成させた他は、何も生み出すことができずにいました。しかし彼の才能を信頼していたリコルディ社の総帥ジューリオは、彼に新作を書かせるべく、秘密裏に作戦を立てて、台本作家ボーイトをはじめとした各関係者に声をかけました。もちろんヴェルディにはそれを悟られないように。しかしながら、まずボーイトがシェークスピアの「オセロ」に基づいた台本を完成させるも、まだまだヴェルディはオペラの作曲に取り掛かることはなく、結局、紆余曲折を経て(その間にライヴァルであったワーグナーも死去し、ヴェルディの心は折れてしまいます)、この歌劇「オテロ」が完成したのは1886年12月のことでした。出来上がったこの作品は、長い間のブランクなど全く感じさせないほどの充実したものであり、各々の登場人物の心情風景が巧みに描写された完璧な作品です。指揮者のハイダーは、最初はエディタ・グルベローヴァの伴奏者として現れ、そのうちリヒャルト・シュトラウスの研究家として名を上げ、このオビエド・フィラルモニアとも良き関係を築き、2007年には来日して素晴らしい演奏を聞かせています。オテロ役のロバート・ディーン・スミスをはじめとした歌手陣も見事です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。