ホーム > アルバム > 8.660385 ヴォルフ=フェラーリ:歌劇「スザンナの秘密」/セレナード(ハワース/オデナ/オビエド・フィラルモニア/ハイダー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.660385
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ Ermanno Wolf-Ferrari
作詞家
エンリコ・ゴリシアーニ Enrico Golisciani
アーティスト
アンヘル・オデナ Àngel Òdena , オビエド・フィラルモニア Oviedo Filarmonía , フリードリヒ・ハイダー Friedrich Haider , ジュディス・ハワース Judith Howarth

ヴォルフ=フェラーリ:歌劇「スザンナの秘密」/セレナード(ハワース/オデナ/オビエド・フィラルモニア/ハイダー)

WOLF-FERRARI, E.: Segreto di Susanna, Il / Serenade (J. Howarth, Òdena, Oviedo Filarmonía, Haider)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.660385

全トラック選択/解除

エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ - Ermanno Wolf-Ferrari (1876-1948)

**:**
歌劇「スザンナの秘密」

Il Segreto di Susanna

録音: 12-14 May 2006, Auditorio Principe Félipe, Oviedo, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/6948114
**:**
»  Ouvertüre
1.

-

**:**
»  Mantiglia grigia… cappellino rosa (Gil, Susanna)
2.

-

**:**
»  Ben lo conosco l'odor molesto (Gil)
3.

-

**:**
»  Evitiam che un domestico (Gil)
4.

-

**:**
»  Guardala! Con quell'aria ingenua e franca (Gil, Susanna)
5.

-

**:**
»  Dal suo gesticolare - Duettino: Il dolce idillio (Susanna, Gil)
6.

-

**:**
»  Ah! l'odore fatal sin nella veste! (Gil, Susanna)
7.

-

**:**
»  Ah! Scellerata! (Gil, Susanna)
8.

-

**:**
»  Intermezzo - Coglierla debbo… (Gil, Susanna)
9.

-

**:**
»  Arietta: Via, Così non mi lasciate (Susanna, Gil)
10.

-

**:**
»  Bravo Sante, chiudiam tutte le porte (Susanna)
11.

-

**:**
»  Chi è là? - Son io Susanna (Susanna, Gil)
12.

-

**:**
»  Aria: Oh gioia la nube leggera (Susanna)
13.

-

**:**
»  Ti colgo questa volta! (Gil, Susanna)
14.

-

 
**:**
セレナード 変ホ長調

Serenade in E-Flat Major

録音: February and September 2010, Auditorio Principe Félipe, Oviedo, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7030086
**:**
»  I. Allegro
15.

-

**:**
»  II. Andante
16.

-

**:**
»  III. Scherzo: Presto
17.

-

**:**
»  IV. Finale: Presto
18.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/03/01
外出を禁止したはずの妻スザンナの姿を、外で見かけたような気がしたジル伯爵。しかし家には彼女がいたため安心しましたが、なぜかそこにはタバコの薫りが・・・。「もしかしてスザンナに恋人がいるのでは」と疑心暗鬼にかられる伯爵、「あなたのいない間に少しくらい楽しんでもよいでしょう?」と答えるスザンナ、2人は大げんかを始めてしまいますが…。ヴォルフ=フェラーリと言えば、あの美しい「マドンナの宝石」間奏曲が良く知られていますが、その他の作品を聴く機会はあまりありません。しかし、最近彼の作品の演奏機会が増え、オペラ作曲家としてだけではない彼の多彩な表情をみることができるようになってきました。この「スザンナの秘密」は一幕ものの軽いオペラ。登場人物は2人のみのコンパクトな作品で、ミュンヘンで大指揮者フェリックス・モットルが初演し大成功を収めています。ちなみに「スザンナの秘密」とは、アルバムジャケットを見れば一目瞭然ですね。アルバムの余白には初期の作品「セレナード」を収録。こちらも上品な響きを持つ美しい作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。