ホーム > アルバム > 8.660454-55 ファッチョ:歌劇「ハムレット」(チェルノフ/ダン/スグーラ/カイザー/プラハ・フィルハーモニー合唱団/ウィーン響/カリニャーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
8.660454-55
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
フランコ・ファッチョ Franco Faccio
作詞家
アリゴ・ボーイト Arrigo Boito
アーティスト
ウィーン交響楽団 Vienna Symphony Orchestra , ジョナサン・ウィネル Jonathan Winell , ザビーネ・ヴィンター Sabine Winter , バルトス・ウルバノヴィチ Bartosz Urbanowicz , シャミリア・カイザー Dshamilja Kaiser , パオロ・カリニャーニ Paolo Carignani , パウル・シュヴァイネスター Paul Schweinester , セバスティアン・スーレ Sébastien Soules , クラウディオ・スグーラ Claudio Sgura , イウリア・マリア・ダン Iulia Maria Dan , パヴェル・チェルノフ Pavel Černoch , エドゥアルド・ツァンガ Eduard Tsanga , 平野和 Yasushi Hirano , ジャンルカ・ブラット Gianluca Buratto , プラハ・フィルハーモニー合唱団 Prague Philharmonic Chorus

ファッチョ:歌劇「ハムレット」(チェルノフ/ダン/スグーラ/カイザー/プラハ・フィルハーモニー合唱団/ウィーン響/カリニャーニ)

FACCIO, F.: Amleto (Hamlet) [Opera] (Černoch, J.M. Dan, Sgura, Kaiser, Prague Philharmonic Chorus, Vienna Symphony, Carignani)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.660454-55

全トラック選択/解除

Disc 1

フランコ・ファッチョ - Franco Faccio (1840-1891)

**:**
歌劇「ハムレット」

Amleto (Hamlet)

録音: 18, 20, 25 and 28 June 2016, Festspielhaus Bregenz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271615
**:**
»  Act I Part I: Introduzione - Ballabile: Viva il Re! (Laerte, Polonio, Courtesans, Ladies, Officials, Amleto, Gertrude, Claudio)
1.

-

**:**
»  Act I Part I: Sortita d'Ofelia: Principe Amleto! (Ofelia, Amleto)
2.

-

**:**
»  Act I Part I: Scena: È pertinace invero un tal corruccio - Brindisi: Requie ai defunti (Claudio, Courtesans, Gertrude, Amleto, Ofelia, Laerte, Ladies)
3.

-

**:**
»  Act I Part I: Racconto e Orgia: Prence - Signor (Marcello, Orazio, Amleto, Laerte, Polonio, Chorus, Courtesans)
4.

-

**:**
»  Act I Part I: Invito alla Danza: Signor, questa notte (Orazio, Amleto, Claudio, Laerte, Marcello)
5.

-

**:**
»  Act I Part I: Orgia: Su la danza si scateni (Courtesans, Officials)
6.

-

**:**
»  Act I Part II: Preludio - Invocazione: Soffia la brezza acuta (Amleto, Orazio, Marcello)
7.

-

**:**
»  Act I Part II: Racconto e Finale: Tu dêi saper (Ghost, Amleto, Orazio, Marcello)
8.

-

**:**
»  Act II Part I: Egli ha mania di gironzar soventi (Polonio, Claudio, Gertrude)
9.

-

**:**
»  Act II Part I: Monologo d'Amleto: Essere o non essere (Amleto)
10.

-

**:**
»  Act II Part I: Duetto: Chi vien? La Giovinetta Ofelia (Amleto, Ofelia, Polonio)
11.

-

**:**
»  Act II Part II: Gran Marcia Danese: Viva il Re! (Chorus)
12.

-

**:**
»  Act II Part II: Recitativo: E son presti i cantor? (Amleto, Polonio, Gertrude, Ofelia, Gonzaga, Giovanna, Orazio)
13.

-

**:**
»  Act II Part II: Finale: Regina nel core (Claudio, Gertrude, Amleto, Orazio, Ofelia, Spectators, Luciano, Polonio)
14.

-

Disc 2

フランコ・ファッチョ - Franco Faccio (1840-1891)

**:**
歌劇「ハムレット」

Amleto (Hamlet)

録音: 18, 20, 25 and 28 June 2016, Festspielhaus Bregenz, Austria
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/7271615
**:**
»  Act III Part I: Scena: O nera colpa! - Preghiera: O Padre nostro (Claudio, Amleto)
1.

-

**:**
»  Act III Part I: Gran Scena: Qui l'attendete - Terzetto: Figliuol, dal cieco furiar rimanti (Polonio, Gertrude, Amleto, Ghost)
2.

-

**:**
»  Act III Part I: Scena: Ah! Che alfine all'empio scherno - Aria: Io rea, che il padre (Gertrude)
3.

-

**:**
»  Act III Part II: Preludio - Scena: Morte al Re! - Pazzia di Ofelia: La bara involta (Chorus, Claudio, Laerte, Ofelia)
4.

-

**:**
»  Act IV Part I: Oggi a me, domani a te - Marcia Funebre (Gravedigger, Amleto, Orazio)
5.

-

**:**
»  Act IV Part I: Elegia: Serena, ridente, ripiena d'amore (Gertrude, Priest, People, Gravedigger, Claudio, Laerte, Amleto, Orazio)
6.

-

**:**
»  Act IV Part II: Illustri cortigiani e cavalieri (Herald, Chorus, Claudio, Laerte, Amleto, Orazio)
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2019/06/01
1881年、ミラノ・スカラ座でボーイトの台本を用いたヴェルディのオペラ《オテッロ》が初演された際、指揮を執ったのはボーイトの親友であるフランコ・ファッチョでした。彼は当時様々な理由で停滞していたヴェルディの創作意欲に火を付け、ボーイトとヴェルディの間を取り持つことで《オテッロ》の完成における立役者となったことでも知られています。ファッチョ自身も優れた作曲家であり、この《アムレット》も同じくボーイトの台本に拠って書かれた歌劇。どちらもシェークスピアの戯曲を原作としているあたりに、ボーイトの挑戦的な試み…“新しいドラマ性の追求”が感じられます。この歌劇、1865年の初演時は成功を収めましたが、1871年の再演時、主役を歌ったテノールが病気のために思うように声を出せず上演は失敗。その後は歌劇自体が忘れられてしまいましたが、最近になって再評価され、上演も増えつつあります。2016年ブレゲンツ音楽祭でのライヴ収録。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。