ホーム > アルバム > 8.660928 バルトーク:歌劇「青ひげ公の城」(ボーンマス響/オルソップ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660928
CD発売時期
2007年11月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ベーラ・バルトーク Béla Bartók
作詞家
ベーラ・バラーシュ Bela Balázs
アーティスト
マリン・オルソップ Marin Alsop , グスタフ・バラーチェク Gustav Belacek , ボーンマス交響楽団 Bournemouth Symphony Orchestra , アンドレア・メラース Andrea Melath

バルトーク:歌劇「青ひげ公の城」(ボーンマス響/オルソップ)

BARTOK, B.: Bluebeard's Castle [Opera] (Alsop)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.660928

全トラック選択/解除

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
歌劇「青ひげ公の城」 BB 62

A Kekszakallu herceg vara (Bluebeard's Castle), BB 62

録音: 17-18 May 2007, The Concert Hall, Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/184418
**:**
»  Megerkeztunk (We have arrived) (Bluebeard, Judith)
1.

-

**:**
»  Ez a Kekszekallu vara! (This is Bluebeard's castle!) (Judith, Bluebeard)
2.

-

**:**
»  Nagy csukott ajtokat latok (I see large closed doors) (Judith, Bluebeard)
3.

-

**:**
»  Jaj! (1. Ajto) (Oh! (Door 1)) (Judith, Bluebeard)
4.

-

**:**
»  Mit latsz? (2. Ajto) (What do you see? (Door 2)) (Bluebeard, Judith)
5.

-

**:**
»  O be sok kincs! (3. Ajto) (Oh, how much treasure! (Door 3)) (Judith, Bluebeard)
6.

-

**:**
»  Oh! Viragok! (4. Ajto) (Oh, flowers! (Door 4)) (Judith, Bluebeard)
7.

-

**:**
»  Nezd, hogy derul mar a varam (5. Ajto) (See how my castle brightens (Door 5)) (Bluebeard, Judith)
8.

-

**:**
»  Csendes feher tavat latok (6. Ajto) (I see a silent white lake (Door 6)) (Judith, Bluebeard)
9.

-

**:**
»  Az utolsot nem nyitom ki (I won't open the last one) (Bluebeard, Judith)
10.

-

**:**
»  Tudom, tudom, Kekszakallu (I know, I know, Bluebeard) (Judith, Bluebeard)
11.

-

**:**
»  Lasd a regi asszonyokat (7. Ajto) (Look at the women of the past (Door 7)) (Bluebeard, Judith)
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2009/12/24
ボーンマス交響楽団、2007年のシーズンの最後を飾ったのがこの「青髭」の演奏会でした。そしてその模様はタイムズ紙で大絶賛。熱にうかされたようなオーケストラの夢幻の響き、2人の歌手による官能的な声の対話、室内楽の繊細さと爆発的な大音量を併せ持つ精緻な管弦楽。バルトークの書いた20世紀最大の名作をオルソップが理想的な形で音にしたのです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。