ホーム > アルバム > 8.669031 サレルニ:トニー・カルーソーのファイナル・ブロードキャスト

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.669031
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
パウル・サレルニ Paul Salerni
作詞家
ダナ・ジョイア Dana Gioia
アーティスト
ヤン・オパラッハ Jan Opalach , アリソン・タペイ Alison Tupay , ヴィッキー・ドニー Vicki Doney , ヴァル・ハウク Val Hawk , パク・ジュンホ Jung-Ho Pak , ジャクリーン・ファミラン Jacquelyn Familant , キース・ファレス Keith Phares , エリック・フェネル Eric Fennell , フェーベ・フェネル Phoebe Fennell , ヘンリー・フォーゲル Henry Fogel , モノカシー室内管弦楽団 Monocacy Chamber Orchestra , パトリシア・ライズリー Patricia Risley , ディセラ・ラルスドッティル Disella Larusdottir , ナンシー・リード Nancy Reed , ローリー・リプキス Rory Lipkis

サレルニ:トニー・カルーソーのファイナル・ブロードキャスト

SALERNI, P.: Tony Caruso's Final Broadcast (E. Fennell, P. Fennell, Risley, Tupay, Monocacy Chamber Orchestra, Jung-Ho Pak)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.669031

全トラック選択/解除

パウル・サレルニ - Paul Salerni (1951-)

**:**
トニー・カルーソーのファイナル・ブロードキャスト

Tony Caruso's Final Broadcast

録音: 11 April 2009 / 3, 7 June 2009, Star City Recording, Bethlehem, Pennsylvania, USA / Red Rock Recording, Saylorsbury, Pennsylvania, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/403676
**:**
»  Scene 1: The Studio (Intern, Engineer)
1.

-

**:**
»  Scene 2: The New Management (The Marketing Trio, Engineer, Announcer)
2.

-

**:**
»  Scene 3: The Second Caruso (Intern, Engineer, Tony Caruso, Announcer)
3.

-

**:**
»  Scene 4: Parochial School Flashback (Nun, Priest, Young Tony)
4.

-

**:**
»  Scene 5: Tony's Mother (Tony, Tony's Mother)
5.

-

**:**
»  Scene 6: The Past Is Over (The Marketing Trio, Tony)
6.

-

**:**
»  Scene 7: Maria Callas (Tony, Maria Callas)
7.

-

**:**
»  Scene 8: Eleven O'Clock (Intern, Engineer, Nun, Priest)
8.

-

**:**
»  Scene 9: Spiritual (Nun, Priest, Intern, Engineer, The Marketing Trio)
9.

-

**:**
»  Scene 10: The Final Duet (Announcer, Tony, The Dark Woman)
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/12/01
アメリカの人気作家、デイナ・ジョイアの台本による、サレルニの「オペラ愛好家」のためのオペラです。次の日からは、イージー・リスニング専門のスタジオになることが予定されているクラシック音楽専門のラジオ放送局が舞台。27年間に渡って、番組を切り盛りしてきたアントニオ・カルーソーは落胆し、他のスタッフは彼を慰めています。彼はテノール歌手でもあり、昔「第2のカルーソー」として嘱望されたほど、オペラを愛していました。そんな彼が泣く泣く最後の放送をしていた時に現れたのは3人の亡霊。一人は彼の母、もう一人は何とマリア・カラス。そして謎の女。さあ、トニー・カルーソーの最後の番組をお楽しみください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。